【子どもの野球離れ】加速している理由を考える

スポンサーリンク

『2020年は野球界にとって重要な一年になる』ということが書かれたネットニュースを見ました。

野球離れが加速しているというようなタイトルの記事(東洋経済オンライン)でした。

サッカーが人気スポーツになって以降、ずっと叫ばれている

子どもの野球離れ

でもこれ、野球離れっていうよりは野球以外のスポーツにスポットが当たるようになっただけの話だと思います。

ですので、野球人口が減っているのは当たり前の話なんですよね。


昨年はラグビーワールドカップが開かれて、今後ラグビーも人気スポーツになっていくかもしれません。

バスケットボールや卓球なども人気が出てきそうですし、選択肢が広がっているからと言って指を加えて見ているわけにもいかないですよね。

今回は、野球離れがこれ以上加速しないようにするにはどうしたらいいのかを考えてみたいと思います。


野球離れをストップせよ!


野球人口は10年前の3分の2以下

記事によると、小学生や中学生の野球人口は10年前の3分の2以下に減っているそうです。

もちろん少子化の影響がありますので、元々多かった野球人口が減ってくるのは当たり前のことなんですよね。

問題は、競技人口における野球の割合が減ってしまうことを防ぐにはどうすればいいのかということです。


個人的には、草野球チームなどを含めれば野球人口が減っているとは全く思いません。

ですが、野球をやる子どもが減っているということは将来的に草野球をする人も減ってくる可能性が高いので、10年とか20年後には野球の人気が今よりも落ちてしまう可能性はあると思います。


トレーニング理論などの発展により、プロ野球選手のレベルは昔に比べると上がっていると思います。

プロ野球選手の年俸も、昔に比べれば高くなっています。

それでも定期的に叫ばれている野球離れ。一体どうしてでしょうか?


手軽に野球ができなくなっている

よく言われることで、

サッカーはボールが1つあればできるけど、野球はバットやグローブなどの道具が必要だし、サッカーのように2人いればできるようなスポーツでもない

というものがあります。

これはちょっと違うかな?と思っています。

野球だって、ゴムの野球ボールさえあれば手をバットの代わりにしてプレーすることができます。

それと、野球も2人いればできます。僕は小学生時代、2人で野球して遊んでいました(片方が投げて、もう片方が打つ)ボールを拾いに行くのが面倒だけど…


それよりも、公園で野球ができなくなったことが1番大きな理由なのではないでしょうか?


公園で禁止されている3大スポーツと言えば、野球・サッカー・ゴルフの3つです。

ですが、実はサッカー利用可能な芝生広場や公園はちょいちょいあるんですよね。

僕は、エンジョイサッカーサークルで月に数回ボールを蹴っているのですが、公園の芝生広場でやってます。その公園は、スパイクを履かなければサッカー利用もOKなんです。

また、シニア世代に大人気のスポーツ・パターゴルフは、公園で週に2回程度開催されています。

ゴルフ場をラウンドするようなゴルフではありませんが、公園でゴルフも行っているんです。


ところが、野球の利用OKという公園や芝生広場は最近見たことがありません。

親子でキャッチボールする程度なら大丈夫ですが、グローブとバットを持ってきて野球するとなるとダメ。

みんなで集まって野球をしようと思ったら、グランドを借りるか野球利用禁止と書かれていない公園でコソッとやるしかありません。


野球ができるような広場を確保して子どもが野球で遊べる環境を作らないと、野球を身近に感じなくなると思います。

その結果、野球ではないスポーツを選ぶ子が予想以上に増えてしまっているのではないかと思います。


エンジョイ野球クラブがない

野球をやろうと思うと、本格的な野球クラブしかないんですよね。

スポーツ少年団ですら、練習が長いしコーチや監督は熱心に指導する人が多いし…

もっと楽しく野球をやりたい

と思った時に、受け皿になるような野球クラブって殆どないと思います。


サッカーと比較して申し訳ないんですが、サッカーには遊び程度のスクールから本格的に練習や試合をする街クラブまでレベルに応じたチームやクラブがたくさんあります。(あまりにたくさんありすぎて、供給過多になっているという問題はありますが)

対して、野球の場合は、本格的にやるか野球をやらないかの2択になっているような気がします。

例えば、小学生や中学生の場合

本格的にやる子=小学生からクラブチーム

エンジョイ程度でいい子=スポーツ少年団や部活

とはっきり分けてしまってもいいのではないでしょうか?現状も何となく分かれているとは思いますが、はっきりはしてないかなと…


また、草野球のリーグ戦はかなりしっかりと組織されていることが多いので、各地域の草野球リーグの事務局が草野球の学生リーグのようなものを作るとかできないでしょうか?

野球をやる場所もなければエンジョイ志向の組織もないでは、野球をやりたくてもできない子が増えていってしまいます。


もっと身近に野球を

繰り返し言いますが、身近に野球を感じることがなければプレー人口減少を抑えることはできません。

サッカーJリーグやバスケットボールのBリーグ・最近ではバレーボールのVリーグも、リーグに加盟していたり、トップリーグを目指すようなクラブチームが各都道府県に1つ以上はあります。

子ども達は、トップリーグでプレーする選手やトップリーグを目指してプレーする選手に憧れを抱きます。


ですが、野球にはそのような組織やクラブはありません。クラブチームという点では完全に遅れをとっている感がある野球界。

であれば、せめて若年層のプレー人口減少を防ぐ手立てを考えないと、いつの日か野球が国内でマイナーなスポーツになる日がやってくるかもしれないですね。


【最短翌日配送】スポーツデポの公式オンラインストア


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります※

にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました