【70歳まで雇用義務化】企業に努力義務決定

スポンサーリンク

近年言われている人生100年時代

正直言って100歳まで生きるとは考えられないのですが、確かに最近100歳を超える人も珍しくなくなったように思います。

きんは100歳!ぎんも100歳!

のCMが懐かしいですね(あれって東海ローカルのCM?)若い方はきんさんぎんさんってご存知なのでしょうか?


100年も生きる時代になれば、60歳で退職して老後は貯金+年金で暮らせるなんてことにはならないですよね…

70歳まで働くのも想像できない(したくない)ですが、そのうちに75歳までということになる日も遠くはないかもしれません。

でも、この話題って単純に労働人口云々って話ではないような気がします。


70歳まで雇用義務化が企業の努力義務に!


雇用義務はいつから

2019年から話が出ていた70歳まで雇用義務化。

最初から義務化になるのか、まずは努力義務にするのかどちらになるかということでしたが、努力義務となったようです。

2021年4月から努力義務化がスタートです。

企業側からすると、いきなり70歳まで雇用するとなったら大変ですからね。

あくまでも努力義務となったわけですが、来年度の早い段階で70歳までの雇用制度を考えるって相当大変だと思いますよ。

そもそも、65歳までの雇用延長ですら最近始まったばかりなのに…


決定の背景

なぜ70歳まで働くことができるような制度にするのでしょうか?理由は色々ありますが、

・年金制度の崩壊

・健康寿命が伸びて老後の資金が増えた

・医療費の負担増

・税収増

思いつく限りはこんなところですね。


2番目の理由、健康寿命が伸びたことが一番の原因かと思います。

それまでは長く生きても80歳前後だった寿命が、医療の発達によりどんどん伸びてしまい、今や人生100年時代に突入することになりました。

昨年、老後は2000万円必要という試算が発表されて話題になりましたが、これまでのように60歳で定年退職して65歳から年金を貰って生活するのでは老後の資金が足り無くなってしまう状況に…


それでも、60歳以下の人口の方がはるかに多ければ問題なかったのかもしれませんが、少子化の影響で人口ピラミッドはかなり歪な形になっています。

下の世代が上の世代を支える年金制度が破綻してしまう状況となり、今のままでは65歳(金額は減るが前倒しも可能)から年金が支給できなくなる自体になっています。

ちなみに、今の若い人は将来年金が貰えないと言う方がいらっしゃいますが、全く貰えないということはないと思います。

支給年齢が上がることや、現状の金額より低い金額になる可能性はあると考えられていて(支給年齢は間違いなく上がる)、この事を『貰えない』と表現しているのだと思います。


税収増や医療費負担増の狙いもありますね。

何せ毎年のように国債発行して国の借金を増やしてますから、少しでも税収を増やして支出を抑えたいのが本音です。

外国人労働者を増やしたい(移民問題)理由の1つも、税収増ですよね。


若い世代には更なる問題が

60歳で退職するはずだった労働者を最大で70歳まで雇用することになる。

ということは、若い世代に回るはずだった人件費が回ってこなくなるということです。

例えば、年収600万円の人が60歳で定年退職するのと、年収400万円で再雇用となるのでは全然違いますよね!

60歳の人が10人いたとして、浮くはずの人件費が6000万円から2000万円に減ってしまうわけです。


企業トータルの人件費は変わらないと仮定しても、若手社員が頑張ったところで給料の上がり幅は少なくなってしまいます。

これでは、若手社員のモチベーションUPにも影響が出てしまうかもしれません。

そうかと言って、60歳で再雇用のお給料が一気に半分とかになってしまったら、今度は再雇用側から不当に低すぎるという不満が出てしまいますよね。

現在、65歳まで再雇用している会社も多いと思いますが、現実に再雇用者への雇用形態については問題になっている企業もあるのではないでしょうか?


企業にとって重荷になる可能性も

雇用年齢が上がっていくことは、労働力が確保できるという良いことばかりではないんですよね。

労働力が確保できたとしても、行動力や行動量・変化に対応する力というのは若い人の方が優れている場合が多いです。

一方で、再雇用を希望した社員は雇用しなければいけません。

昨今の経済事情や健康度合いから見ても、再雇用を希望する社員はどんどん増えていくと予想されます。


絶えず変化していくこの時代に、失礼ながら変化への対応力が遅い方が多いであろう60歳以上の社員を70歳まで雇用し続けることは、もしかすると企業にとって重荷になってしまう可能性はあると思います。

一番良いのは、海外の方が日本で働きたいとか日本の企業に勤めたいと感じるような会社を作っていくことではないかと考えます。

移民というよりは日本に移住する方が増えて、若い労働力が増えることで高齢者を支えていく社会になるといいかな?と思います。


素敵な思い出を。グルメサービスNO.1【Retty】


※ランキングに参加しています、バナーをクリックしていただけると励みになります※

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました