【Uー23アジア選手権】日本vsサウジアラビア

スポンサーリンク

東京オリンピックのアジア予選も兼ねているU-23アジア選手権。

日本は既に開催国枠での出場が決まっていますが、オリンピック出場権をかけた他の国々と戦うことは貴重な経験になります。

オリンピックでメダルを目指す以上、アジアでは負けられない日本代表。

他国は、この選手権で3位以内に入らないと本戦には出場できません。

…ということは、単純に考えて日本代表は3位以内に入らなければメダルはおろか、本来であれば本戦にも出場できないということになります。

メダル云々抜きにしても、日本サッカー界としてアジアでは負けられないはずなのですが…

初戦から厳しい結果になりました。


U-23アジア選手権 日本vs サウジアラビア


試合結果

日本 12 サウジアラビア

【得点者】

48分:ヨハン・アルクライフ(サウジ)

56分:食野亮太郎(日本)

87分:アブドゥルラフマン・ガリーブ(サウジ)


ターンオーバーのための温存に疑問

試合経過は割愛させていただいて…

決勝点に繋がるバックパスのミス。あの時間帯で一番やってはいけないミスでしたね…

残念ながら、経験値が不足してるのかなと感じました。


経験値といえば、森保一監督の経験値はどうなんでしょう?

これまでアジアカップやコパ・アメリカ、東アジアE-1選手権などのカップ戦を戦ってきたわけですが、グループリーグではいつもターンオーバーで選手を大幅に入れ替える方法をとっています。

今大会はタイで開催されていて、真夏の日本を仮想するのにとても良い経験ができるはずです。

オリンピック本大会は18人のメンバーで過密日程を戦うのですが、絶好のシチュエーションであるはずの今回もターンオーバーで試合毎に大幅入れ替えするつもりなのでしょうか?


今回招集された選手達はシーズンオフだった選手達です。

1年間戦ってきた疲れが抜けていない選手も多いと思われますのでコンディション的にはベストではないでしょう。

だからと言って、90分戦わせるかベンチで1試合休ませるかの2択というのはいかがなものでしょうか?

この試合も、途中交代は終盤にリードされるまで1人だけ。


森保監督は『ピッチにいるメンバーで逆転できるように感じていた』というようなことを話していますが、本戦でも選手交代はしないのかな?この試合の後半は日本ペースで試合が進んでいるようには見えませんでしたが…

監督自身が、采配で流れを変えるとか、采配で流れが相手にいってしまったという経験をしなくて本当に大丈夫ですか?

選手を信じるだけで、本当にオリンピックでメダルが取れるのでしょうか?


FW陣がシュートゼロなのはFWのせいじゃない

この試合1トップに入ったのが小川航基選手。途中交代で入った上田絢世選手と合わせても2人が放ったシュートはゼロでした。

本人達はFWとして不甲斐ないと思っているかもしれませんが、能力不足でも何でもないです。

そもそも、この試合の進め方の中でFWがシュートを打とうと思ったら、裏に抜け出したタイミングでピンポイントのパスが最終ラインから供給されるか、サイドからピンポイントクロスが来ない限りはシュートは打てなかったと思います。


食野選手と旗手怜央選手の2シャドーにボールが集まり、中央を崩してくようなスタイルの攻撃が多くて、あれだと相手を引きつけるとかワンツーの壁役くらいしか役割はありませんよね。

サイドからのクロスも、FWが欲しいタイミングではなくて両サイドの選手が何となく放り込んでるだけに見えました。


得点を獲るのはシャドーの選手の役割なのかな…

全盛期の青山敏弘選手と全盛期の佐藤寿人選手でもいない限りは、あのやり方でFWがゴールを決めるのはかなり厳しいと思いました。

ザッケローニ監督時代の前田遼一選手を思い出しちゃいました。FWだけど得点を獲ることが1番の役割ではないって感じ…


3バックも気になるが、ボランチも気になる

みなさんが散々仰っている3バックシステムについては、監督代行が指揮を取っていた時も試していますし、4バックも併用しながらやっていけばいいのかなと個人的には思います。

フル代表が4バックで五輪代表が3バック、同じ監督なのにシステムが違うのはいかがなものかと言う意見もありますね。

その通りなんですけど、システム的な問題以上に1番は戦術的な落とし込みがないことではないかと思います。

攻撃も守備も戦術の落とし込みがしっかりとされれば、システムはそこまで大きな問題ではないような気がします。

監督がいつまでたっても選手個人のテストやってるんで…


この試合、3バックの左右2人もイマイチだったように思いますが、もっと気になったのはボランチの2人です。

田中碧選手と田中駿汰選手の2人でコンビを組んでいて、2人ともパスセンスに秀でたものがあるのがよくわかりました。

ただ、守備面が気になったかな…ボランチなので攻撃面のみでは…

積極的にボールにアプローチにいった結果奪えれば問題ないのですが、そこで奪えないと相手に簡単にプレーさせすぎているように見えました。

2シャドーが守備面では殆どフィルターになっていなかったので酷な部分もありましたが、サウジアラビアの選手達がバイタルエリアで結構余裕を持ってボール保持できていたように感じます。

2人ともタイプが似ているように感じましたので、守備力の高いタイプの選手と組ませたらいいかもしれないですね。


中2日で迎えるシリア戦。

この試合の結果次第ではグループリーグ敗退の危機です。グループリーグ敗退=本来なら五輪出場権獲得ならずとなるわけで、言い訳が許されない次戦以降になることは間違いありませんね。


発行部数九州NO.1西日本新聞社(1週間試し購読申込プロモーション)


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります※

にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました