【U-23アジア選手権】カタールvs日本

スポンサーリンク

グループリーグ2連敗で敗退が決定していた日本代表。

シリア戦後に選手のみでのミーティングが行われるなど、最終戦に向けて気合いを入れ直したみたいでしたが…

最後の最後までちぐはぐさが目立ちました。

海外組がいないから??オリンピック本戦出場が決まっているから??

言い訳のような理由が聞かれてきますが、はっきり言って単純に弱いだけだと思います…

オリンピックまであと半年。半年あれば変わることも可能だと思いますが、今回メンバーに選ばれた選手達メンタル面が気になりますね。

どうせ海外組とオーバエイジ枠優先なんでしょ

かつて、ジーコ監督時代の時代に海外組偏重とも取れるようなメンバー構成によって日本代表が分裂しかけたことがあったと記憶していますが、森保監督になってからも同じような現象が起きていないかと少し心配しています。(U-23もフル代表も)


U-23アジア選手権 カタールvs日本


試合結果

カタール 1-1 日本

【得点者】

72分:小川航基(日本)

78分:アブドゥラー・アルアフラク(カタール)


相変わらず目立つ弱さ

前半終了間際に田中碧選が退場したわけですが、それまでにチャンスは何度かありましたよね。

その時に1点でも獲っていれば勝てた試合だったと思います。

後半に10人で1点を獲れたのは素晴らしいですが、日本がすごかったというよりはカタールがあまりにも弱過ぎただけだと感じました。

1人多くても、全く仕掛けることができませんでしたから…


4-4-1になって日本の守備ブロックがしっかりしていたのもあるかもしれませんが、カタールはバックパスばかりで全くチャレンジしてこなかったので助かりました。

唯一チャレンジしていたのが交代で入った20番の選手だけ。

ところが、日本のディフェンス陣もカタールの20番の選手には手を焼いていました。同点となるPKも20番の選手の突破が要因でした。


決定機に決めることができず、相手の唯一のキープレーヤーを止めることもできず…

簡単なパスミスは多いし、クロスをあげても中の選手と呼吸が合わないし、試合が止まるたびに選手同士で話し合っていましたが、本当にお互いが要求しているのかどうかもわからない…


3試合を通して、弱さばかりが目立って本当に残念でした。


使わなかった選手は何のために呼んだのか?

今大会、一度も出場がなかったフィールドプレーヤーは2人。菅大輝選手と遠藤渓太選手です。

コンディションが余程悪かったのか使うタイミングがなかったのかはわかりませんが、投入するタイミングはあったと思うんですよ。


昨日の試合で言えば、最後の選手交代の場面です。

サイドの相馬勇紀選手に変わってボランチの松本泰志選手が入ったわけですが、例えばあの場面で遠藤選手をなぜ入れなかったのでしょうか?

齊藤未月選手をサイドに回してカタールの左サイドを封じたい狙いがあるのはよくわかります。

でも、それが勝つための采配なのでしょうか?


あの場面、例えばオリンピック本戦で勝った方が決勝トーナメント進出という状況のシュミレーションとしては最適な場面だったと思います。

そうでなくても、未勝利で終わるのか最後に1勝して終わるのかは大きく違うと思うのですが、随分と消極的な采配だと感じました。

残り時間も少なかったとは言え、日本が選択したのは『引き分けでゲームを終える』でした。

カタールの攻撃に怖さは感じませんでしたけどね…


3試合とも同じような時間帯に同じような交代をしているだけで、こんなにも消極的は采配で本番は大丈夫かな?と感じました。


VARを使っても最終判断は主審

この試合、不可解な判定が2回あったと思います。

・田中碧選手の退場シーン

・カタールがPKを獲得したシーン

田中選手の退場のシーンは、恐らくVARルームから交信があって、その上で主審が映像を見たのでしょう。

助言があったということは、にVARルームの審判もファールではないかと思ったということですよね。

確かにスパイクの裏は見えていましたが、田中選手がボールを奪った後にカタールの選手が突っ込んできた形です。

あれで危険なプレーによるレッドカードはないですよね。せめてイエローカードかなと…(ファールを取られること自体が不可解ですが)

審判的には、足の裏を先に見せていたことがレッドカードの対象になるということなのでしょうが、あれで退場になってしまったらどうディフェンスすればいいのでしょうか?


PKのシーンもファールではないと個人的には思いますが、前半の田中選手にレッドカードを出しているので、あのプレーもファールだという説明には納得がいきます。ある意味主審はブレていない。。。

但し、繰り返しになりますがファールを取るようなプレーではないと思うので、ジャッジの傾向としては試合を通してブレていなかったけれど、ファールの基準自体がおかしいと感じました。

選手もベンチも、もっと抗議してもよかったのでは?ちょっと大人し過ぎたと思いますよ。


1番残念だったのは気持ちの面で負けていたことです。

この大会を通してチームとしての課題とか個人の課題が見つかる以前の問題だったような気がして、オリンピック前の大事な公式戦を無駄にしてしまった感が強い3試合になりました。


子供たちの「心に体力を。」リベルタサッカースクール


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります※

にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました