【中日ドラゴンズ】オリックスと大型トレード

スポンサーリンク

6月30日の話になりますが、プロ野球中日ドラゴンズとオリックス・バファローズの間でトレードが成立しました。

2対2プラス金銭トレードということで、両チーム合わせて5名の選手が動きます。


大型トレードという見出しになってましたが、大型トレードというのは

大物同士のトレードなのか?

複数の選手同士のトレードのことなのか?

少し疑問に思いました。


調べてみたところ、規模の大きいトレードのことを大型トレードというみたいです。

…と、言うわけで5人も動けば大型トレード!

どのようなトレードなのか見ていきましょう。


中日・オリックス間のトレード


誰と誰がトレードしたのか?

【中日ドラゴンズ】

松井雅人捕手

松井佑介外野手

スティーブン・モヤ外野手

【オリックス・バファローズ】

松葉貴大投手

武田健吾外野手

※モヤは金銭でのトレード


オリックス側の思惑は何?

今回のトレードは、恐らくオリックス側から持ちかけられたものではないかと予測しています。


現在のレギュラー捕手は若月選手が務めていますが、若月選手と正捕手争いができる捕手の獲得が急務でした。

中日の松井雅選手は一軍経験が豊富ですが、今シーズンは加藤選手の台頭もあって第2・第3捕手という位置付け。

年俸も推定2000万と、中日捕手陣の中では出場機会が多い割には評価が低く、狙い目だったと思います。


もう1つ、オリックスは外国人も欲しかったのではないかと。

メネセス選手がドーピング違反で契約解除となり、外国人補強もできればしたい状況。

中日のモヤ選手は、外国人枠の関係で一軍では殆ど試合にでることができない状況でした。

しかし、昨年も一軍で出場した際に活躍し、今年も二軍で絶好調!

日本の野球に慣れていますし、守備はダメですがパリーグならDHがあります。


海外から外国人連れてくるよりは計算できると考えたのだと思います。

報道では、モヤ選手は中日の親心で放出的に言われていますが、オリックスは最初からこの2人が欲しかったのだと思います。



中日側の思惑は何?

中日側からすると、加藤選手が台頭した上にドラフト4位ルーキーの石橋選手も評価が高い。

FAで獲得した大野奨選手がいるし、松井雅選手の放出は特に痛手はないと思います。


オリックスがどうしても捕手が欲しい状況だったと推測されますので、オリックスはある程度出欠覚悟のトレード。

そこで目を付けたのが左投げの松葉投手。


中日は左投手がそれ程多くない上に、小笠原投手と笠原投手の2人が怪我で離脱中。

先発の左投手が大野雄投手とロメロ投手2人しかいない状況で、先発ができる左投手は欲しいです。

先発だけでなく、ロングリリーフなどの中継ぎでも使えると判断したのではないかと思います。


モヤ選手に関しては確かに親心的な部分もあると思いますが、守備をしなければいけないセ・リーグでは使いづらい選手だったと思います。

モヤ選手の守備力向上を待つよりは、金銭獲得した方が良いとの判断ではないかと。


武田選手獲得に関しては、中日側からの打診だと思います。

中日は右打ちの外野手が少なく、近藤選手や伊藤康選手よりも経験値が多くて守備に定評があり、且つ右打ちの武田選手を欲しがったと予測します。

また、25歳の武田を獲得したことで、今年のドラフトでは外野手を獲得する必要もなくなったかと。

その分、ウィークポイントの中継ぎ投手が獲得できるのではないかと思います。


意外と、武田選手と松井佑選手の交換を飲んでくれなければこのトレードはしないと強気に出たかもしれないですね。

わざわざ若い外野手出して、ベテランの外野手を獲得すると言うのはちょっと疑問なので…


どちらが成果を見込めそうなのか?

どちらかと言うと、オリックスの方が成果を見込めそうな気がします。


松井雅選手は交流戦でパ・リーグ相手にマスク被ってるので、パ・リーグのバッター情報が全くないことはないです。

すぐにでも一軍で使えるのではないでしょうか?

何気に足も速いし。


その上でモヤ選手が打ってくれたら、オリックスは万々歳!


一方の中日は、今すぐ松葉投手や武田選手が一軍で必要かと言われたらそうでもないです。

与田監督は、2人のモチベーションを上げるために割とすぐにお試しで使いそうですが…


松葉投手は夏場に向けて怪我人が出た時に、武田選手も外野のレギュラーが怪我をした時に使える状態かどうかがポイントかと思います。

FAの影響なのかトレードが少なくなりましたけど、もっと活発にトレードして欲しいですね。


今シーズンの成績

松井雅人 20試合 打率 .217 打点 2

松井佑介 16試合 打率 .219 打点 2

モヤ  7試合 打率. 227 本塁打 1 打点 3

松葉貴大  5試合 0勝4敗 防御率5.56

武田健吾  6試合 打率.125

※ NPBのHPにて検索


WiMAX/WiMAX 2+/LTE!!ライフスタイルにあわせて選べる高速通信。


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました