【サウスポー禁止】中日ドラゴンズ・応援歌問題

スポンサーリンク


プロ野球・中日ドラゴンズのチャンステーマ「サウスポー」を巡った騒動がずっと続いています。


球団側の意図と応援団側の理解の不一致的な側面もあるように感じますが、シーズンも折り返しに差し掛かった今頃言う?と思いました。

中日球団、一体どうしてしまったのでしょうか?

サウスポー自粛問題


事の経緯

中日ドラゴンズの与田剛監督からの要請により、応援団側がチャンステーマ「サウスポー」での応援を自粛するとしたもの。

なぜ騒動に?

与田監督は、サウスポーの歌詞の「お前」の部分を選手名にしてほしいと要請したようです。

応援団側は「これまでお前で歌ってきた歌詞をいきなり変えられない」と判断。

結果、応援団はサウスポーを自粛。


自粛したことにより、球団側が自粛させたという認識が広がってメディアやワイドショーなどで取り上げられてしまいました。

かれこれ数日間、この騒動は続いています。


言葉狩りなの?

ワイドショーなどの取り上げ方をみると、中日側の「お前」という言葉尻だけを取り上げた言葉狩りという認識のようですね。

与田監督の言葉通りの要請だとすれば、言葉狩りでも何でもないんですけど…


多分、与田監督は深い意味で言ってるわけじゃないと思うんですよね。

単純に、選手名で呼んでくれれば選手も喜ぶと思うっていう発想なのでは?

それに対して、世間から「お前」という言葉は云々とか色々と批判を受けてしまっていて…

立場のある人って何か色々と大変だなぁ…と個人的には感じています。


初期報道が、不適切な表現って見出しや書かれ方だったことも騒動の発端になった原因のような気がしますね。



1番の問題点

この騒動、1番の問題点は

割とどうでもいいことを問題視してしまった

ことだと思うんですよね。


お前が打たなきゃ誰が打つって、甲子園で高校生の応援団が普通に歌ってます。

中日応援団がサウスポーを使う前から、ずっと「お前」なんです。


選手側からすると、応援してもらってるのは伝わるだろうし、「かっ飛ばせ〜◯◯」で自分の名前も連呼してもらってます。

ですので、選手側からすると

お前か名前かなんて割とどうでもいい

のではないでしょうか?


ワイドショーに取り上げられてしまったのも、どうでも良い事を問題視してしまったことがネタになると思われてしまった感があります。


更に言うと、疑問視したのが球団の社長や広報担当とかではなく、現場の監督だったというのが問題というか残念と言うか…

そんな事より考えることあるでしょ!

と突っ込みたくなりますね…


騒動後の中日の成績

この騒動が影響したのかはわかりませんが、中日ドラゴンズは一昨日までの巨人との3連戦を同一カード3連敗。

自力優勝の可能性も消滅してしまいました。


ここ数年、ずっと Bクラスが続いているドラゴンズ。

自力優勝の可能性が消滅しても、Aクラス入りの可能性はあります。

Aクラスに入ればクライマックスシリーズに進出できます。


騒動の早期収束の為には勝つことが1番!

オールスター前の残り5試合、全力で勝ちにいってほしいですね。

謝罪する必要もないと思いますので、とにかく結果を出せるように全力で取り組んでほしいです。


格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました