【少年革命家】ゆたぼんはなぜ批判されるのか?

スポンサーリンク

今年の春頃話題になりました。

小学生YouTuber ゆたぼん

自らを少年革命家と名乗り、行きたい時に学校に行くというスタンス。

親子でメディアに取り上げられたりなど、最近再び話題になっています。

このゆたぼんに対して、世間からは批判が殺到しています。

この子の生き方を肯定している人もいますが、批判が圧倒的に多いですね。

ここまで批判される理由をあらためて考えてみました。


ゆたぼんはなぜ批判されるのか?


YouTuberをしていることはOK

小学生でYouTuberやってることに関しては特に問題ないと思うんですよね。

小学生YouTuberがそこまで珍しいわけではないです。

強いて言うなら、顔出ししているので、街中歩いていて後ろ指さされないか心配というか…

子どもの写真をSNSにあげる事のリスクに似ているかと思います。

余計なお世話ですけど…


学校に行かない理由に批判殺到

世間から批判を受けてる理由が、学校に行かない理由なんですよね。

この子の場合、学校に行きたくても行けないのではなく、自らの意思で行かないと決めていること。

そして、その原因が

宿題をやらないことを先生に注意されたから

ということ。


まぁ何というか、批判されて当然というか…

注意された程度のことで、

注意された意味がわかんないから学校いかない

という思考はどうなんだ?って話です。


子どもなのでそのような思考になってしまうのは仕方ないですけど、だったら親がキチンとしなさいよって話です。

ところが、親も子どもの好きにさせている。

それの何が悪いのか?という感じなんですよね。

個人的に、育児には子どもの人格形成という役割があると思っています。

ゆたぼんの親は、その役割を放棄しているように感じます。

親も批判されているのは、恐らくは真摯に子育てしているように見えないことなんじゃないかと思います。


単純にもったいない

YouTuberは学校に行きながらでもできるんですよね。

もっと言えば何歳になってもできます。

でも、小学生は人生で1回だけ。

小学校に通えるのは人生でたった1回だけなんです!

例えその時はつまんなかったとしても、意味が分かんなかったとしても、行かないって選択肢は勿体ないと思います。


小学校に通った+YouTuberと、ただのYouTuberでは、単純に考えて経験値も違うと思います。

・小学校に通っていたけど、こういうところがつまんないってずっと思っていた

→僕ならこのように改善するのに

・小学校はつまんないから行ってなかった

→学校行く意味あるの?


みなさんはどちらの話が聞きたいですか?

前者の方が興味深くないですか?

YouTuberとして生きていくとしても、何か損してるような気がしてしまいます。


やりたいことだけで生きていく

多分、この話題の根幹にあるのが、

やりたいことだけで生きていく

という生き方への是非だと思います。


ゆたぼんを肯定している人や受け入れている人は、実際にやりたいことだけで生きている人なんでしょう。

批判している人は、理不尽に耐えながら生きている人だと思います。


やりたいことで生きていく的な本が最近多いですよね。

これからは、やりたいことだけを追求していく社会になるのだとか何とか…

おっしゃる通りで、パソコン1台で稼げる時代ですし、やりたいことだけで生きていける人は今後増えていくと思います。

それでも、社会全体で0.0◯%が数%に増える程度の話なのではないでしょうか?

やりたいことだけやって自由に生きていけるのは、大多数の理不尽に耐えながら頑張っている人のお陰だと思います。


お名前.com


にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました