【横浜DeNAベイスターズ】2番筒香の新打線!

スポンサーリンク

一昨日から後半戦がスタートしたプロ野球。横浜DeNAベイスターズは広島カープと対戦。

後半戦から打線の並びを変えたベイスターズ。

かなり面白い打線というかびっくりな打線!

今後、いつまで続けるのかは分かりませんが、機能するとかなり破壊力のある打線なので注目です。


 横浜DeNAの新打線

2番に筒香

1番の注目というかびっくりポイントが2番に筒香嘉智選手を起用しているところですね!

前半戦も2番に宮崎敏郎選手を起用していたことありますけど、筒香選手は球界を代表するバッター

大リーグでは2番に強打者を起用するのが流行りだそうですが、流石に筒香選手の2番はびっくりでした。


4番としては少し物足りない部分があるのと、出塁率が高いのが2番起用の理由の1つみたいです。

いつまでも2番に起用することはないと思いますが、ソト選手・ロペス選手・宮崎選手がいるからこそ打順を代えることができたのだと思います。


もう1つの目玉

この新打線のもう1つの目玉が5番に佐野恵太選手を起用したところですね。

得点圏打率が高いことが5番起用の理由だそうですが、随分思い切ったことするなと感じました。


超重力打線完成

機動力やバントなどの細かい部分は殆ど捨てたと言ってもいい打線。

ですが、相手投手から見ると、全く気が抜けないと思います。

下位打線すら気を抜けない。


例えば初回。

1番バッターを打ち取っても、2番から4番までホームランを打てるバッターが続きます。

他のチームだと、1.2番・特に2番にはそこまで長打を警戒しなくてもいいですよね。

チームによっては3番までホームランを警戒しなくてもいい打線なのですが、横浜の新打線は2番から長打を要警戒。

絶えず失点するリスクを伴いながら投げるのは、相当プレッシャーもかかると思うし、スタミナも必要なのではないでしょうか?


また、2番に筒香選手がいることで8番バッターにも今まで以上に気を使わないといけなくなります。

8番バッターを出塁させてしまうと、筒香選手まで回ってしまいます。

筒香選手の後ろもソト選手とロペス選手が続くため、際どいところを突いてフォアボールにするのも危険。甘く入ればホームラン。

ホントに恐怖の打線ですね。


機能した時の怖さ

昨日と一昨日の試合では、この打線が機能して得点を奪ったシーンがありました。

一昨日は、満塁で筒香選手が押し出しの四球を選び、ソト選手が2点タイムリー。

昨日は、1番の神里和毅選手が出塁して筒香選手とソト選手が連続の四球。

その後、ロペス選手と佐野選手の連続タイムリーで4点取って逆転。


この2試合、大事なところで筒香選手が四球を選んでいます。

筒香選手の選球眼もあると思いますが、相手バッテリーがプレッシャーを感じた部分も大きかったのではないでしょうか?


ホームランを打てるバッターが2番から続くことの恐ろしさが分かると同時に、メジャーリーグで2番に強打者を起用する意図も何となく分かりました。


いつまで続ける?

上手く機能し続ければ再び変える必要もないと思いますが、5番バッターをどうするかが鍵になるのではないでしょうか?

佐野選手はスタメン出場し続けた経験もないので、疲れなどで調子が落ちてきたら筒香選手をクリーンナップに戻すかもしれないですね。


宮崎選手の代わりに6番を打てるバッターがいれば、宮崎選手を5番に上げて2番筒香選手は継続するかもしれません。


シーズン当初、巨人が2番に坂本勇人選手を起用していましたが、それ以上に驚いた2番筒香選手。

新打線がこの先も機能するのかどうか注目ですね。

(補足)

本日の試合、佐野選手が外れて宮崎選手が5番に入っています。6番は伊藤光選手で、筒香選手は2番継続です。


カラフルボックス


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました