【大型連勝後に大型連敗】中日は再浮上できるのか?

スポンサーリンク

8連勝の後の8連敗。

一時は2位まで順位が上がった中日ドラゴンズですが、あっという間に5位に逆戻り。

昨日連敗を8で止めましたが、再浮上なるんでしょうか?


連敗と言えば、巨人も昨日連敗を4でストップ。

今シーズンのセ・リーグは大型連敗するチームが多い中で4つで止めたのは流石首位を走ってるチームですね。

さて、中日の話に戻りましょうか。


中日再浮上の可能性は?


痛かった高橋周平の離脱

中日が大型連敗してしまった1番の要因は、高橋周平選手の怪我による離脱。

最短でも8月の終わりまでは復帰ができない状況で露呈したのが、

内野手の層の薄さ


高橋選手が外野の選手だったら充分に穴埋めできたと思うのですが、内野手・しかもサードの選手だったのが本当に痛かったですね。

同じ内野手でもセカンドの選手だったら、まだ何とかなったかもしれません。


6番がいない現状

高橋選手離脱後の5番バッターは阿部寿樹選手で埋めています。

阿部選手も勝負強い打者ですから、攻撃面で5番・高橋の穴は埋まっているんですよね。


ところが、これまで6番を打っていた阿部選手が5番に上がったことで6番を打てるバッターがいなくなってしまいました。

クリーンナップの後の6番バッターは重要な打順なんですが、今の中日打線は6番から下位打線が始まっています。

現状は京田陽太選手が6番を打っていますが、7番か8番を打つバッターに6番は厳しいですね。


6番を打てるバッターは、今の1軍にいることはいるんです。

藤井淳志選手や井領雅貴選手、遠藤一星選手辺りは6番を打つことができる選手達です。

しかし、全員外野手なんですよね

遠藤選手は内野経験もありますが、サードの経験はないので…

6番バッターを早く見つけないと、今後も苦しい戦いは続くのかな?と思います。


パターン1

では、具体的に誰を6番にするのか?

1つ目は、現在サードでスタメンの堂上直倫選手を6番に起用するパターン。


守備は高橋選手以上ですが、バッティングに問題ありな堂上選手。

打率.200前後の選手ですが、5番や3番で起用されたこともあります。

我慢して6番で使ってみるのもありかもしれません。


パターン2

2軍から誰かを上げてくる。

候補としては、

石川駿選手

福田永将選手

の2人。


現実的な案のように見えますが、この2人が6番を打てるかと言うと…

7番だったら有りだと思いますが、6番は荷が重いかな。

福田選手は2軍でも打率が低いみたいですし、石川選手も2軍では打てるけど1軍のピッチャーだと打てないイメージです。


今の中日内野陣の中では打てる部類に入るかもしれないですが、1軍の6番バッターとしてはかなり厳しいと思います。


パターン3

打順を代える

これが一番現実的な解決方法かと思います。

個人的には、

6番 大島洋平選手

を推します。


1番から5番までは特に問題ないので打線をあまり動かしたくないですが、緊急処置的に動かさざるを得ないと思います。

平田良介選手は、昨年から1番で大ブレークしてるので動かしたくない。

クリーンナップは動かせない。

よって、動かせるなら2番の大島選手かなと。


代わりの2番は、亀澤恭平選手がいいと思います。

2番に堂上選手でもいいのですが、堂上選手は足がないので…

亀澤選手は1軍の試合でサードを守った経験もありますし、6番亀澤は厳しいですが、2番亀澤なら有りだと思いますよ。


本当は京田選手が2番にいるのが理想ですが、バッティングスタイル的に下位打線に置かざるを得ないですね。


この先粘れるか

中継ぎ投手陣は整備されつつありますし、先発陣もある程度試合を作ってくれることが多い現状だと思います。

6番バッター問題を解決できれば、踏ん張って再びAクラス入りに近づいていけるのではないでしょうか。


無料カウンセリング受付中/ライザップ


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました