【阪神タイガース】藤浪晋太郎が今シーズン初登板

スポンサーリンク

プロ野球・阪神タイガースの藤浪晋太郎投手。

鮮烈なデビューを飾り、阪神のエース候補だった投手ですが、ここ数年は制球難に苦しんでいます。


米大リーグで活躍中の大谷翔平選手と同期にあたる藤浪投手。

世代を代表する2人の選手は完全に明暗が分かれてしまっている状況です。


そんな藤浪投手が、昨日の中日戦で今シーズン1軍初登板。

ファンが復活を期待し続ける右腕の復活はなったのでしょうか?

阪神タイガース・藤浪の初登板


5回途中8四死球

初登板の結果は、

4イニングと1/3 失点1

球数 102球 被安打 4 奪三振 3 四死球 8


被安打と失点だけを見ればまずまずのような気がしますが…

4回途中で100球を超える球数は明らかに多すぎます。これだけ球数が多いと守っている時間も長いので、攻撃の流れも止まってしまいます。


球数が多い一番の要因が四死球が多いことですね。

4イニング8四死球ということは、単純に1イニングで2個与えていることになります。

フォアボールやデッドボールは、守っている野手が一切動きません。

1人相撲などと揶揄されますが、その通りで、ピッチャーが1人で苦しんでいる状況です。


ヒットは4本・失点も1点の状況でも交代になったのは、多すぎる四死球が原因だと思います。


2つのデッドボール

藤浪投手が苦しんでいるのは、単純にコントロールが悪いだけではないんですよね。

コントロールが悪いだけの投手であれば、ファンも首脳陣も既に期待していないと思います。


藤浪投手が長期に渡って苦しみ続けている原因、それは

デッドボールが多すぎる

ということです。


昨日の試合も、中日の木下拓哉選手に2打席連続のデッドボール。

次のバッターだったロメロ選手は腰が引けた状態でバッタボックスに立っていました


過去には危険球で退場したこともありますし、今やデッドボールを出すたびに球場全体の雰囲気が変な空気になってしまいます。

その空気が更なるデッドボールを生んでいるような気もするのですが、こればっかりは藤浪投手が自分自身で乗り越えるしかないです。


イップスって何?

藤浪投手についてよく言われているのが、

イップスなのではないか?

という指摘です。

イップスとは、

精神的な原因などによりスポーツ動作に支障をきたし、突然自分の思い通りのプレーや意識ができなくなる症状

のことを言うのだそうで、元々はゴルフの分野で用いられ始めたそうですが、現在ではスポーツ全般で使われる言葉になったそうです。

※Wikipediaより引用


藤浪投手の場合、デッドボールを与えてはいけないという思いから投球がすっぽ抜けたり思ったところにコントロール出来なくなり、デッドボールを与えてしまう。

このようなメカニズムがイップスだということなのでしょう。


確かに、最初の頃はそうだったかもしれません。

でも今は違うような気がします。


藤浪=デッドボールというイメージが先行してしまい、投げるとわかっただけで回りが必要以上に騒いだり、時には相手チームも藤浪用オーダーを組んだり。

すっぽ抜ける度に、異様な空気になったり…


そう言った周りの空気に押しつぶされてしまっているように思います。

また、復活を心待ちにしている阪神ファンの暖かい目や拍手なども、藤浪投手のはプレッシャーになっているのかもしれませんね。


復活できるのか?

僕は、復活できるとは思いますが、阪神に在籍しているうちは先発での復活は厳しいんではないかという意見です。

良くも悪くも注目されてしまう阪神タイガースでは、期待も批判もプレッシャーがとにかく大きいです。


FAで巨人に入団するも期待された成績が残せない選手と同じようなことが、藤浪投手にも起こっているように思います。

マスコミもそこまで追いかけてこないような球団に移籍することで、プレッシャーから解放されれば先発での復活も可能なのではないでしょうか。


ですが、阪神としても、ここまで面倒を見てきた以上は阪神の選手として復活してほしいと思っているのではないかと想像します。


阪神で復活するとすれば、

アドレナリンがたくさん出るシチュエーションでの起用

なのではないかと思っています。具体的に言えば、

セットアッパーでの復活

…というのも、デッドボール与えてしまうのは上位打線より下位打線の方が多いようなイメージなんですよね。


先発だと力入れるところと抜くところが必要で、力を抜いて抑えようとしたところで上手く抜けずにデッドボールになっているような気がします。


だったら、毎回最初から最後まで力を入れて投げる可能性が一番高いセットアッパーというポジションならどうでしょう?


考え方がもの凄く単純かもしれませんが、セットアッパーを任せるのが何となく一番復活の可能性が高い気がします。


昨日の登板を受けて再び2軍に降格になるそうですが、いつの日か完全復活することを心待ちにしています。


法人向けのETC専用カード


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました