【まだまだ人気】ランニングブームはいつまで続く?

スポンサーリンク

気まま新聞のスポーツ欄では、現在主に(というか殆ど)野球かサッカーの話をしています。

今回は少し趣向を変えて、僕自身が思っているスポーツ感についてお話ししたいと思います。


ランニングは今も大人気

ランニングブームになった理由

特に中高年を中心に現在も大人気のスポーツがランニングですね。

東京マラソンが初めて開催されたのが2007年。これがキッカケで一気にランニングがブームになっていったと記憶しています。


ランニングはなぜここまで人気になったのでしょうか?

僕が考える理由は、

・1人でできる

・いつでも、どこでもできる

・お金がかからない

この辺りではないかと思います。


走ることはシンドいですが、1人で自分のペースでできますし、道路さえあれば走れますから球技のように場所を選ばない。

体育館やグランドの予約も必要ない。

運動着とシューズ以外にかかるお金もない。


経済的にも優しく、誰かに遠慮する必要もないので気軽に始められるのがいいですね。

僕も健康目的でランニングをしているのですが、ランナーさん達と話していると少し違和感を感じることがあります。


楽しさよりも達成感?

ランナーさんと話していると、走っている理由の1番に

達成感

と答える方が多いんですよね。


苦しい練習をして、マラソン大会で目標を達成した時に凄く達成感が得られる。だから、苦しい練習も頑張ろうと思う

ということらしいです。


僕、この感覚に凄い違和感を感じるんですよね。

達成感を感じることが悪いことだとは思いません。

ですが、スポーツをするのに達成感が最初にくるってどうなんでしょう?


スポーツの根幹にあるのは、楽しいって感覚だと思うんですよね。

また、スポーツに限らず、趣味を持つことは好きって感覚が最初にあると思っています。

だから、ランナーさん達が好きとか楽しいって言葉よりも、達成感とか目標とか苦しい練習って言葉が先に出てくるのは何か違うかな?と思ってしまいます。


ランニングマップ

ブームに伴い、全国で市民マラソン大会が沢山開催されるようになりました

経済効果もあるそうで、街おこしの一環としてマラソン大会を企画している自治体も多いですね。


ところで、市町村のHPにウォーキングマップなるものはあるのにランニングマップがないのはなぜでしょうか?

公共施設や道の駅などでも、サイクリングマップは見るんですけどね。

ランニングマップって殆ど見たことないです。


大会の時はどうしても記録を意識してしまうので、最初から最後までゆっくりと景色を楽しみながら走るランナーさんは割と少ないと思うんです。

ランニングスポットと言えば、公園の周回コースだったりが多いです。


市町村がランニングマップを作って道中にある美味しいお店や絶景スポットなどをHPで紹介することで、普段からランナーさんが訪れるようになり、本当の意味での街おこしになっていくのではないかと思います。

大会の日だけ盛り上がっても、それは街おこしとは言えないのではないでしょうか?


生涯スポーツになれるか

ランニングが生涯スポーツになり得るのかというと、現時点では難しいと思います。

サブ4という言葉に代表されていると思いますが、今のランニングは結果を出すことにフォーカスしすぎているような気がします。


もう少し、記録以外の部分でランニングの楽しさを伝えないと一時のブームで終わってしまうのではないでしょうか?


ホテルが選べてフライトもJAL!格安国内旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました