【ジュビロ磐田】鈴木秀人監督が1ヶ月で退任!

スポンサーリンク

かつては鹿島アントラーズと2強時代もあったジュビロ磐田。

通称N-BOXといわれるシステムを採用して、強力な攻撃陣と安定した守備でJリーグの一時代を築きました。

そんなジュビロ磐田ですが、近年は低迷しています。

J2落ちも経験し、1度はJ1で6位という好成績を上げますが昨年はプレーオフで何とか残留。

そして今シーズンは22節終了時で最下位。

名波浩監督が辞任した後に監督に就任した鈴木秀人監督も退任する事態になりました。


わずか1ヶ月で再び監督交代のジュビロ


名波氏の後任がいなかった?

1ヶ月前に辞任した前任の名波浩氏。

実は昨シーズン終了後にも辞任する意向があったという話を聞いたことがあります。

フロントがお願いする形で今シーズンも指揮を執ったわけですが、怪我人の影響もあって今シーズンも低迷しました。


不思議だと思ったのは、名波氏が辞任した時に後任は未定だったんですよね。

確かに解任ではなく辞任でしたので、後任が既に決まっている状況で辞めたわけではないのでしょう。

しかし、チームの成績が一向に上向いて来ない状況で、後任監督探しをしていなかったフロントは疑問なんですよね。

急遽探す時間もなかったので、名波氏の元でヘッドコーチをしていた鈴木秀人氏が監督になったわけです。


暫定的ではなくて、正式に監督就任になったんですよね。

監督が解任や辞任になり、ヘッドコーチが監督になるパターンはたまにありますが、何でそれで上手くいくと思っちゃうんでしょうか。


またも後任が決まってない

今回辞任した鈴木秀人氏の後任も今のところ決まってないようで、当面は小林稔ヘッドコーチが指揮をとるそうです。

一部では外国人監督にするだのと言われていますが、後任の目処は立ってるんでしょうか?


名波氏にしろ鈴木氏にしろ、どうも逃げられてる感が強いんですよね。

あまりネットワークを持っていないような気がしますし、ブラジルからドゥンガ氏を連れてくる程の資金力はないでしょうし…

誰が監督やるんでしょうか?


レジェンドの力に縋るクラブ

Jリーグのクラブって、チームがピンチになった時に何でレジェンドの力で何とかしたがるんでしょうか?

しかも、監督経験が無いとか少ないレジェンドを据えるパターンが多いんですよね。


例えば、ガンバ大阪は1度目のピンチは松波正信氏が、2度目のピンチは現監督の宮本恒靖氏が監督に就任。

宮本監督は何とかやり繰りしていますが、松波氏はちょっと可哀想だなと感じていました。

名古屋グランパスも、チーム変革しようと小倉隆史氏を監督兼GMにしましたがJ2に降格。


名波氏も、元々はジュビロがJ1に復帰できるか否かというタイミングで担ぎ出されましたよね。

今回辞任した鈴木氏も磐田一筋のレジェンドだし…


レジェンドを監督にすることで、レジェンドに恥を書かせてはいけない的な雰囲気になり、それがチーム力の向上に繋がるとか考えてるんでしょうか?

そんなことはまず起こらないと思いますし、恥かかせたくないのであれば、フロントが積極的に補強してあげればいいんですよね。


降格圏脱出なるか

名波氏も鈴木氏も戦術という面では、観ていてもどうしたいのかよくわかりませんでした。

時間は少ないですが、新監督が戦術を選手達に落とし込むことができる人であれば(まぁ、それが監督の仕事なんですけど)まだ降格圏脱出の望みはあります。


残留を争う3クラブ、松本山雅・サガン鳥栖・ヴィッセル神戸の全てが調子悪そうですし、16位になれば何とか自動降格は免れます。

残り12試合、今回の退任が吉とでるのか凶とでるのか。


WiMAX/WiMAX 2+/LTE!!ライフスタイルにあわせて選べる高速通信。


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました