【J1第23節】湘南ベルマーレvsサガン鳥栖

スポンサーリンク

曺貴裁監督のパワハラ問題で揺れている湘南ベルマーレ。

結論が出るまでは、高橋健二コーチが代わりに指揮をとることになりました。

周りの雑音を気にせず勝ち点3を獲得することができるのでしょうか?


前節、劇的な逆転勝利で勝ち点3を獲得したサガン鳥栖。

連勝して、降格圏から脱出したいところです。


J1第23節 湘南ベルマーレvsサガン鳥栖


試合結果

湘南ベルマーレ 23 サガン鳥栖

【得点】

25分:イサック クエンカ(鳥栖)

41分:イサック クエンカ(鳥栖)

43分:松田 天馬(湘南)

57分:古林 将太(湘南)

90分+5分:金井 貢史(鳥栖)


試合概要

引退まで残り2試合のサガン鳥栖・フェルナンド トーレス選手はベンチ外。

イエローカードが3枚累積していたこともあり、次節の引退試合を累積警告で不出場にならない為の措置かと思いました。


さて、試合は立ち上がりからサガン鳥栖ペース。

湘南ベルマーレは受け身になってしまい、最終ラインに人はいるものの、中々ボールが奪えません。


サガン鳥栖は開始早々にアクシデント。

6分に原川力選手が負傷退場して、福田晃斗選手がピッチに入ります。

その後も、サガン鳥栖はFWの金崎夢生選手が上手く裏をとったりしながら、特に湘南の左サイドを崩して何度かチャンスを作ります。

25分、サガン鳥栖は右サイドからエリア内の金崎選手へパスが通ります。

タメを作ってから走ってきた選手に落として、クロスをクエンカ選手が合わせて先制します。


その後も、重心が後ろにかかってしまい前に出ることができない湘南。

41分には、先制点と似たような形を作られて2失点。

失点直後に円陣を組み、何かが吹っ切れたのか直後に松田選手が1点を返します。

前半アディショナルタイムにはFKから坂圭祐選手がヘディングシュートを放ちますがポストに当たり、前半は1-2で折り返します。


後半に入ると流れは完全に湘南ベルマーレに。

57分にはCKからこぼれ球を古林選手が押し込んで同点。

その後も湘南ペースは続き、68分にはクリスラン選手を投入して逆転を狙います。

負けられない鳥栖も、小野裕二選手や豊田陽平選手を投入し、流れを押し戻そうとします。


81分、クリスラン選手が負傷退場すると、湘南の流れが少しずつ止まりはじめます。

後半終了間際の2度のチャンスを決めきれない湘南。

すると、鳥栖はアディショナルタイムにチャンスが到来し、金井選手が決勝ゴール。

サガン鳥栖が連勝して、降格圏脱出へまた1歩近づきました。


試合概要

湘南ベルマーレはこの1週間色々あったこともあり(現在進行形)、立ち上がりから受け身になってしまっていたように感じました。

走ることが信条の湘南の選手達の足が動いてなかったので、びっくりしました。


サガン鳥栖は、湘南対策をしっかりやってきたように見えました。

特に2トップ、金井選手と金森健志選手が湘南の最終ラインの裏をさかんに付いていました。

これによって、湘南の最終ラインが下げさせされてしまったのもありますが、ボランチの2人も下がってしまった為、繋ぎ役の松岡大起選手が全くのフリーな状態に。

松岡選手からのパス供給に対する対策が出来ずに、いいようにやられていました。


また、これは試合を通じてなんですが、湘南は左サイドの関係性が特に守備面で悪かったですね。

最後まで鳥栖に左サイドをやられていたんですけど、そこの修正ができませんでした。

この辺りの修正能力が監督とコーチの差なのかなと感じました。

選手達がゲームの中で自分達で修正できればいいのでしょうけど、若い湘南の選手達にそれを求めるのは酷だと思います。

湘南ベルマーレには若い選手が多くて、ピッチ上のリーダーがいない。その分監督にかかる負担が大きいのがよくわかると感じました。


湘南はよく走ると言われていますが、サガン鳥栖も走るチームカラーなんですよね。

この試合の鳥栖の選手達は本当によく走っていたと思います。

2点目を奪ってから、後半の中盤までは相手ペースでしたけど、それでも走り続けたことで最終盤に決勝点のチャンスが生まれたのだと思います。


クエンカ選手は動きがとても秀逸でした。

左サイドにいたかと思えば、チャンスではスルスルっと中央に入ってくる。

相手からすると、捕まえづらい選手だと思います。

決定力もありますし、残留争いのキープレヤーになるのではないかと思います。

あとは、疲れてきた後半30分過ぎに豊田選手が入ると流れが変わりそうでいいですね。


豊田選手は、泥臭いプレーを厭わずにやってくれます。

ベテランがこういうプレーをする事でチームの士気も上がりますし、豊田選手自身も決定力の高い選手ですから得点の可能性も上がります。


後半に得点が多いというサガン鳥栖。

豊田選手の使われ方を見ていると、後半に得点が多いのも納得しますね。


意地は見せた湘南ベルマーレですが、勝てない試合が続くと再び残留争いに巻き込まれてしまいます。

次の試合がとても重要になりますね。

サガン鳥栖は、この勢いで一気に残留争いから脱出したい次節になりますね。


次節の対戦相手

湘南ベルマーレ:ベガルタ仙台

サガン鳥栖:ヴィッセル神戸


エックスサーバー


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました