【バスケットボール日本代表】強豪・アルゼンチンに健闘

スポンサーリンク

ラグビーのワールドカップ開催まで1ヶ月を切りました。

自国開催の割にはイマイチ盛り上がりに欠けているような気もしますが、実は今月末から別の競技のワールドカップが開催されることをご存知の方はどれくらいいるのでしょうか?

FIBA バスケットボールワールドカップ 2019

8月31日から中国で開催されるバスケットボールのワールドカップに日本代表が出場します。


昨日、埼玉スーパーアリーナで世界ランキング5位のアルゼンチンと強化試合が行われました。

戦前の予想に反して日本代表はアルゼンチンに食い下がり、ワールドカップに向けて期待の持てる試合になりましたね。


日本代表vsアルゼンチン代表


試合結果

日本 93108 アルゼンチン

バスケットボールの試合は1クオーター10分の4クオーター制で行われます。

クオーター別に見ると、第2クオーターでは日本の30得点に対してアルゼンチンの26得点と日本がアルゼンチンを上回っています。

それ以外のクオーターを見ても、最終クオーターを除いてはアルゼンチンとほぼ互角の展開だったことが伺えます。

もちろん、テストマッチですのでアルゼンチンも最初から最後まで本気だったわけではないと思います。


それでも、第3クオーター終了時点で6点差だったことやアルゼンチンから93点取れたことは素晴らしいと思います。

テストマッチとはいえあと1歩もところまで強豪を追い詰めたわけですが、最終クオーターに力の差を見せつけられた感がありましたね。


ただし、特に痛感したのが

勝負どころのディフェンス力の差

最終クオーター、日本代表は殆ど3ポイントシュートが打てなかった(入らなかったというよりも打てなかった) んですよね。

2点は取られてもいいけど3点は与えない

という考え方でしっかりと日本の3ポイントを打たせないようにしていたのが見事でした。


反対に、日本はアルゼンチンに3ポイントシュートを打たせてしまうシーンがいくつもあって、最終クオーターにこの試合最大のクオーターで9点の差がついてしまった結果に繋がっているように思います。


日本の得点自体も最終クオーターは16点に抑えられてしまって、惜しい試合であると同時に世界との差を痛感する試合でもあったかなと感じました。


日本代表第3の男

バスケットボール男子といえば、ご存知の方も多いと思います

八村塁選手

日本人として初めてNBAのドラフト1巡目指名を受けた選手です。

この試合でも23得点を挙げた八村選手。

試合後に、アルゼンチンは決めるべきところ決めていたが日本は決めるべき時に決められなくて経験の差を感じたというコメントを残しています。

試合開始早々にダンクシュートを放つなど存在感が凄いですね。


もう1人のNBAプレイヤーが

渡邊雄太選手

合宿の途中で足を痛めるアクシデントがありましたが、プレー時間は少ないものの完全復活すれば大きな武器になります。


この2人に加えて、日本国籍に帰化したニック・ファジーカス選手が攻撃の中心になるのかなと思います(余談ですが、所属の川崎ブレイブサンダーズでプレーしている時よりも、ファジーカス選手の動きが機敏に見えたのは気のせいでしょうか)


そして、昨日の試合で八村選手と同じくらい目立っていたと思う日本人選手が

馬場雄大選手

チーム2位の17得点を挙げた馬場選手ですが、第2クオーターの最後にはバスケットカウントで3点プレーを、流れがアルゼンチンに傾いてしまった最終クオーターでも一瞬の隙を突いてダンクを決めるなど凄かったですね。

2人のNBAプレイヤーには相手も警戒すると思うので、馬場選手の活躍が本番でも重要になってくるかもしれませんね。


怪我の為に富樫勇樹選手がいないのが本当に残念ですが、その分は馬場選手に暴れてもらいましょう。個人的には比江島慎選手の3ポイントにも期待したいです!


今後の日程

今後は8月24日にドイツ代表と、25日にはチュニジア代表とテストマッチを行い、いよいよワールドカップ本番を迎えます。

ワールドカップ 1次ラウンド グループE

9月1日 vs トルコ代表

9月3日 vs チェコ代表

9月5日 vs アメリカ代表

全ての国が格上になりますが、特に第3戦でアメリカ代表と戦うことが決まっています。

ワールドカップの舞台でバスケットボールの本場・アメリカ代表にどのような試合を見せてくてるのか?ワクワクしますね。


北海道旅行ならJALで行く格安旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました