【GSOMIA延長破棄】韓国政府が一線を超えてしまった?

スポンサーリンク

韓国の政府は、反日という姿勢を取らないと政権運営が難しいという話はよく聞くのですが、ここまでしないと維持できないの?という感想ですね。


8月23日、韓国政府が日本との包括的軍事同盟の延長を破棄すると発表しました。

GSOMIA(ジーソミア)と呼ばれているこの軍事同盟は毎年更新されている同盟です。

もちろん、破棄してはいけないなどというルールはないので、今回のように韓国政府が破棄をすればこの同盟は無くなってしまいます。


今回、韓国政府がなぜ破棄に踏み切ったかというと

日本の輸出管理強化に対する報復措置

先日の、フッ化水素などの韓国への輸出管理を強化(と言っても、優遇をやめただけです)したことに対して日本のことが信用できなくなったとのことです。



言ってることの意味がさっぱりわからないんですが…

優遇されなくなったら信用ができないとか、経済的措置に対して軍事的措置で対抗するとか、本当に韓国側の考えていることの意味がわかりません。


GSOMIAは日韓の間の同盟とはいえ、日米韓で同盟を組んでいることを忘れてはいけないと思うんですよね。

今回の措置に対しては、アメリカも韓国の対応を非難しています(当然なんですが)

韓国側は日本の対応に対する報復であって悪いのは日本という態度のようですが、破棄を決めたのは韓国政府の意志ですから、日本が悪いとか関係ないんですよね。

日本のせいにしてもいいですけど、全ての決定は韓国政府が自分自身で行なっていることですので、何か事が起こっても韓国は自分自身で乗り切らなければいけません。


恐らくはアメリカに仲裁に入ってもらって、日韓の関係を元通りに戻してもらおうという目論見だったと思いますが、1つの国家ですから甘えることはできないのではないかと思います。

アメリカも、その辺りのことは見越した上で発言しているように思います。


文在寅大統領は南北統一が目標とのことで、今回の措置により韓国が中国・ロシア・北朝鮮と手を組むようになるのでは?という懸念もあるようですが、流石にそれは韓国国民も黙っていないのではないでしょうか?

今回の破棄決定で、日本にも全く影響がないわけではありません。

ですが韓国が孤立化してしまう可能性の方が高い決定だと思います。


お名前.com


にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました