【白鵬&貴ノ富士】相撲が話題になった1日

スポンサーリンク

大相撲が場所中以外に話題になることは珍しいです。

話題になると言えば横綱が休場するとか稽古不足で横審が苦言的な話題くらいしかなかったのですが…


昨日は、ネットニュースを相撲の話題が駆け巡るというかなり珍しい日でした。

しかも、話題は2つもありましたね。


本場所以外で相撲が話題になる時は、大体ネガティブなことなんですが…


今回も例によってネガティブな話題のようで…

片方はそうでもないのですが、もう片方はまたか!という感じですね。


相撲が話題になった1日


横綱白鵬が日本国籍取得

まずはネガティブではない話題。


横綱・白鵬関が日本国籍を取得しました!


白鵬関は、ここ何年かは賛否両論ありますが(年々否の方が大きくなっていく)優勝回数は圧倒的に多く、単純な強さだけで言えば歴代の横綱でも上位に入ることは間違いないと思います。


あとは、横綱としての品格が問われるところ。

品格に関しては相撲協会や横審からも苦言を呈されています。


日本国籍を取得したことで、白鵬関は引退後に親方として相撲部屋を開くことが可能になりました。


本人も部屋を持ちたいと言ってますし、恐らくは親方となって部屋を持つ可能性が高いと思われますが、品格が疑問視されている元力士の部屋に入門する弟子がどれくらいいるのかは疑問ですね。

モンゴル国籍の力士が多数を占めるモンゴル部屋になりそうな気がします。


もしモンゴル部屋になってしまうと、モンゴルvs日本という構図がよりはっきりしてしまうように思うんですよね。


悪い事ではないのかもしれませんが、協会は相撲は国技と常々言っているわけですから、国技という観点から考えるとどうなのかな?と思ってしまいます。


貴ノ富士がまた暴行

もう1つはネガティブな話題。


十両の貴ノ富士関が付け人も序二段力士に暴行を振るったとのこと。

先月31日の稽古後に事が起こったそうで、被害者力士が部屋にいないことがわかり、師匠の千賀ノ浦親方が不在力士に連絡をとったところ暴力が発覚したとのことでした。


はっきり言いますけど、過去にもこのようなことは相撲界には頻繁にあったと思うし、今もバレてない案件は沢山あると思います。

言い方は悪いですが、今回の件はたまたまバレてしまったように思うんですよね。

バレた以上はアウト!(バレてなくてもアウトですけど)


僕は、相撲界のかわいがりというものは今後もなくなることはないと思っています。

部活動の行き過ぎた指導がなくならないのと一緒です。


これまで、業界では当たり前になっていた習慣を根絶するのに、数年では全然足りない。何十年とかかってようやくなくなっていくのではないでしょうか?


相撲協会や力士達がこの問題をどれくらい真剣に捉えているかは分かりませんが、特に幹部級の親方達は真剣味がないように感じています。


このような問題が発覚し続けると、相撲部屋に入門する子の数も減ってくると思うし(ただでさえ少子化だし)気がつけば外国籍力士だらけという状況を生み出しかねません。


相撲界が今後も続いていくためにも、本当に真剣に考えなければいけない問題だと思います。

貴ノ富士関は秋場所を謹慎休場するようですが、暴行は2度目ですし、重い処分が降るのではないかと思います。


5年後、10年後を考えて

今はまだ、大相撲人気は思っているよりは衰えてはいないと思います。


しかし、主に相撲を見ている世代は恐らくは高齢者です。

今の高齢者達が段々と減っていくと、相撲人気もどんどん無くなっていくと思います。

支援者であるタニマチと言われる人達も減っていくでしょう。


公益財団法人であるうちは、お金も心配はないかもしれません。ですが、肝心の興行が盛り上がらなければ、大相撲を続けていくことはできません。


日本国籍を取得した白鵬関には相撲の未来のためにも頑張って欲しいと思いますし、今の協会の方達には、もっと危機感を持ってもらいたいと思います。


ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリッド通信!さらにキャッシュバック34,000円


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました