【ラグビーワールドカップ開幕戦!】日本vsロシア

スポンサーリンク

昨日から始まった

ラグビーワールドカップ


開会式をテレビで見ていていよいよ始まるんだなと、関係者でもないのに感慨にふけってしまいました。

2002年のサッカーワールドカップ当時、大学生だった僕はあの手この手でチケットを買おうと頑張りましたが結局買えず…

東京オリンピックのチケット申し込みも外れ、今回のワールドカップのチケットは買うこともせず…


でも、テレビ見てると一生に一回はオリンピックやワールドカップを生で観戦したいと思いました。

次に日本で行われるワールドカップがあれば、競技が何であれ是非生で見に行ってみたいと思います。

開会式後に行われた開幕戦・日本vsロシアの試合を見た感想と、ラグビーの見どころを僕なりに紹介していければと思います。


ラグビーワールドカップ開幕戦:日本vsロシア


試合結果

日本 3010 ロシア

【トライ】

6分:キリル・ゴロスニツキー(ロシア)

12分:松島幸太朗(日本)

38分:松島幸太朗(日本)

47分:ピーター・ラブスカフニ(日本)

69分:松島幸太朗(日本)


試合の感想

自国開催の開幕戦。絶対に負けられない戦いということもあって、選手達にはもの凄いプレッシャーがかかっていたと想像します。

キックオフ直後にキャッチミスをしてしまったことで、余計に硬くなってしまったのかなと思いました。

立ち上がりにロシアに簡単にトライを奪われてどうなることかと思いましたが、すぐにトライを奪えたのが良かったですね!

前半は特に相手のキックしたボールをキャッチミス連発で、中々ペースを掴むことができずに重苦しい雰囲気が漂っていました。


事前の報道では、東京スタジアム(味の素スタジアム)の照明がかなり明るいとのことで、照明の光が目に入ってミスに繋がった部分もあるのかなと思います。

後半は相手のキックをキャッチミスすることが全くなかったので、多少なりとも照明は影響があったのでしょう。


前半のうちに逆転し、後半の頭にもトライしたことで、一気に日本ペースになるかと思ったんですけどね。

ここから15分くらいは耐える時間で本当に苦しかったですね。


後半は選手交替が見事に嵌って、具智元選手と中島イシレリ選手がロシアの攻撃をしっかりとタックルして凌ぎ、田中史朗選手のアイデアあるキックから追加点で勝負アリ!

日本代表が見事に開幕戦に勝利しました!

ところで、ラグビーってあんなにボールを蹴り合うスポーツだったかな?


ラグビーのここが面白い(オフェンス編)

攻撃で面白いと感じるのが

スピードとステップワークで相手を交わしていくシーン

巨漢なラグビー選手ですが、特にウイングのポジションにいる選手はスピードがあります。

日本代表だと、松島幸太朗選手とレメキ選手がウイングの選手です。

ただ走るだけでは捕まってしまうので、ステップワークでフェイントかけながらスピードで相手選手を置き去りにするシーンを見るとアドレナリン出まくりますよ!


タックルを受けても怯まず突進するシーン

昨日の試合では、ナンバーエイトというポジションにいる姫野和樹選手が凄かった!

相手のタックルを受けても簡単に倒れずにとにかく一歩でも前に進もうとするシーンを見ると鳥肌立ちます!


スクラムで押すシーン

海外に比べるとパワーで劣る日本代表では中々見られないかもしれませんが、スクラムを組んで相手とパワー勝負!

ゴリゴリ押していくシーンも興奮MAX!


他にも色々あるとは思いますが、この3つが分かりやすいと思います。


ラグビーのここが面白い(ディフェンス編)

ラグビーは、攻撃だけではなくて守備面もめちゃくちゃ鳥肌たちます。


ゴール前ギリギリで相手の攻撃を食い止め続けるシーン

ゴールラインまであと数メートルというピンチになっても体を張ってタックル!

トライさせまいと、相手の攻撃を食い止め続けるシーンはハラハラの連続。

昨日の試合だと、50分過ぎから10分から15分間・日本がロシアの攻撃を防ぎ続けました。

この間、ロシアにトライを奪われることはありませんでした。


相手の突進を低いタックルでバシッと止めるシーン

相手がキックする瞬間に飛び込んでキックをブロックするシーン

この2つは説明不要かと思います。


男達がガシガシ体をぶつけ合う80分間。

是非この機会に興奮連続の80分間を味わいましょう!


【ソフトバンク光】


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました