【読売ジャイアンツ】5年ぶりのリーグ優勝!

スポンサーリンク

後半戦に失速し始めて、一時期危ない展開だったんですけどね。

…というか、マジックが減っても横浜とゲーム差が縮まったりして少し危なかったんですが、

読売ジャイアンツが5年振りのリーグ優勝!

おめでとうございます!

前半戦、他のチームが不安定戦い方を続ける中、セ・リーグで唯一の安定した戦いぶりをみせていた巨人。

前半戦の貯金が後半戦に失速しても首位の座を明け渡さずに済んだ結果の優勝かなと思います。


正直言って、投手陣はかなり苦しい台所事情だったと思いますが、それでも優勝できたのは戦力の厚さとやり繰りの上手さだったと思いますね。

今シーズンの巨人、何が良かったのかを考えてみたいと思います。


巨人、5年振りのリーグ優勝!


投手陣

他のチームとの違いは、

7イニング以上投げることができる先発が何人かいたこと

両リーグとも状況が似ているのですが、今年はローテーションをしっかり守っていて、且つ長いイニングを投げた上で貯金を作っている先発投手ってあまりいないんですよね。


巨人の凄いところは、山口俊投手1人で11個も貯金を作っているところ(現在15勝4敗)

今年はエースの菅野智之投手がイマイチ調子が上がってこない上に腰の状態が悪く2軍落ちも経験しました。

プロ入り後、菅野投手がこれほどまでに簡単に打たれることは殆ど無かったのですが、山口投手がその穴をしっかり埋めていたと思います。


ただし、菅野投手にしては調子が悪いというだけのことであって、菅野投手自身も11勝挙げていて貯金を5つ作ってくれているので、印象の割にはしっかりと勝ち星を重ねているところも見逃せないですね。


そしてもう1人、第3の先発として活躍したのが櫻井俊貴投手。

特に後半戦は、櫻井投手がローテーション投手としてしっかりと役割を果たしてくれたのも大きいです。

巨人は中継ぎ投手陣が最後まで決まらなかった印象ですが、この3人が7イニング以上投げてくれるので、層の薄い中継ぎでも勝つことができたのだと思います。


中継ぎ以降では、中川皓太投手。

不安定な中継ぎ以降の投手陣の中で、唯一と言っていいくらい安定していた中川投手が抑えにいてくれたことも大きいですね。

9回が決まっているので、8回さえ(或いは7回・8回)何とか凌げば勝てるという算段がついていてのは本当に助かったと思います。

7回や8回は澤村拓一投手や田口麗斗投手あたりの経験がある投手達が意地で抑えていた印象ですが、これも中川投手が台頭したことの効果だったように思います。


野手陣

丸佳浩選手の補強は大きかった!

よく考えてみたら、オフの補強で獲得した選手の中で活躍したのって丸選手くらいなんですよね。炭谷選手も活躍したと言えるかもしれませんが、印象は薄いかな…

FAで巨人に移籍してきた選手の中で、ここまでチームに溶け込んでいてファンにも受け入れられている選手って初めてなのではないでしょうか?

何年も前から巨人にいるような、本当に去年まで広島カープの選手だったのかな?と思ってしまうくらい馴染んでいた印象です。

ホームラン打った後にマルのポーズするとか、今までの巨人では考えられなかったような気がします。

丸選手の努力はもちろん、チームメイトの環境作りも良かったのかなと想像します。


もう1人、亀井善行選手を1番に固定できたのも大きかったです。

これにより、1番から3番を固定できました。一時期、坂本勇人選手が4番とか打ったりして打順入れ替えたりしてましたけど、2番坂本で固定するようになってからは安定してきたと思います。


以前、このブログで5番亀井選手・1番坂本選手の方がいいのではとか言ってしまってごめんなさい。


原監督のやり繰り上手

選手を乗せるのが上手いんでしょうか?

原辰徳氏が監督やってる時の巨人の選手って生き生きしているように見えるんですよね。

ベテランや実績にあまり拘らずに選手起用するイメージがあるので、選手の中でも

原監督はちゃんと見ていてくれる

という安心感があるのかもしれないですね。


今シーズンも、若林晃弘選手の起用や育成から支配下に上がった山下航太選手の起用、優勝がかかった試合でルーキーの戸郷翔征投手を登板させるなど積極的に若手を起用してました。

外国籍選手も、特にゲレーロ選手の使い方は上手いなぁと思います。

まだまだ、原監督は巨人に必要な人材なのだということがよく分かる一年だったと思います。


この後のポストシーズン、巨人がどのような戦い方をして日本シリーズに進むのか注目していきたいと思います。


【最短翌日配送】スポーツデポの公式オンラインストア


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました