【ポエム&セクシー】小泉進次郎環境相に批判相次ぐ

スポンサーリンク

今回の内閣改造の1番の目玉と言っていいいかもしれません。

小泉進次郎環境大臣

就任後、早速福島を訪問したり国連の環境関連の会合に出席するなど勢力的に動いています。

メディアも連日の進次郎報道で、ちょっとしたブームになっていますね。


ところが、期待も大きいこともあるのかここのところ批判が相次いでいます。

発言の意味がよく分からないのが主な理由です。

新聞や雑誌などの色々なメディアの記事をよく読むと、そこまで大きく批判されるような話でもなさそうなのですが、言い方を変えると詳しい解説付きでないと意味が理解できないということになります。

一国の大臣の発言ですので慎重に発言しないといけないことは確かなのですが、庶民にも分かりやすい言葉で説明してもらわないと困ってしまします。


特に批判というか資質に懐疑的な声が聞かれているのが、福島の汚染水処理に関しての

30年後の云々…

という発言。ポエムと揶揄されている発言ですね。

そこまで批判されるようなことでもないと思いますが、はっきり申し上げまして…

ダサいな

の一言です。質問に対してカッコよく発言しようとしてしまったのではないでしょうか?

別にカッコいい発言する必要など全くないんですけど、自分をよく見せようとしすぎです。


30年後も政治家をやっているかどうかは分からないけど、30年後も福島で生活される方は確実にいらっしゃる。未来のために真摯に取り組んでいきたい

とかなんとか言えばよかったと思うんですけどね。

結果を出そうと、空回りしちゃってる感じですね。


そして先日の、

環境問題は明るく楽しくセクシーに

発言。

はっきり申し上げまして、全く意味が分からない…

特にセクシーって何?ということで、この言葉がかなりクローズアップされてますけど、何やらセクシーという表現はビジネスの世界でも使うそうです。

どうも、ベターとかそれいいね!みたいな感じで使うのかな?(そのように僕は理解しました)

この発言、恐らく

明るく(明るい未来を想像して!)

楽しく(前向きに!)

セクシーに(皆でより良い方法を考えよう!)

と言ってるのだと…想像してみました…


なんだかすごく回りくどい言い方で面倒だと感じる小泉環境相。

ここ数日で一気に支持が落ちた気もしますが、挽回できるチャンスは存分にあると思いますので、ここから…かな…


WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました