【東北楽天ゴールデンイーグルス】嶋基宏捕手が退団決定的

スポンサーリンク

スポーツの世界では、毎年のようにチームを象徴する選手が引退したり退団したりします。

そのこと自体は決して珍しいことではありません。


今シーズンのプロ野球もCSが始まり、いよいよ佳境に入って来ましたね。


昨日、福岡ソフトバンクホークスに敗れ、今シーズンが終了した

東北楽天ゴールデンイーグルス

チームの象徴であり、侍ジャパンでプレーした経験もある

嶋基宏捕手

の退団が決定的になったという報道がありました。


楽天=嶋選手というイメージが強いだけに残念なニュースでした。

出場機会を求めての移籍ということで、今後も動向が注目されます。


楽天・嶋基宏捕手が退団決定的


チーム方針と合わず

今シーズンは怪我の影響もあり、57試合の出場に留まった嶋選手。

入団後、ずっと正捕手として君臨し続けていた嶋選手ですので、こんなにも試合に出ることができなかったシーズンは初めてのことだと思います。


今シーズン、楽天は正捕手として100試合以上マスクを被った選手はいませんが、嶋選手と同じかそれ以上の出場試合数の選手もいて、球団側は来シーズン以降は積極的に若手を使って次の正捕手を育てていく方針のようです。

一方の嶋選手はレギュラーとして試合に出たいという考え。

ここまで試合に出なかったのは初めての経験で、コンディションさえ元に戻ればまだまだできると思っているのかなと想像します。


球団としては抑え捕手だったり若手の手本として来季も楽天のユニフォームを着て戦ってほしかったのではないかと思いますが、一方で控えキャッチャーに高い年俸は払えないといったところでしょうか。

現状の年俸1億円から大幅な減俸提示もあったようです。


減俸は仕方ないでしょうが、控え扱いされることには納得がいかなかったのだと思います。

両者の折り合いは付かずに退団することになりそうとのこと。


CSでも嶋選手はベンチに入ることがなかったので、CS前には退団が決まっていて、シーズン終了直後に発表という流れになったのだと思います。


ビジネスライクな楽天

正直なところ、楽天に嶋選手ほ放出できるような余裕はないと思うのですが…

若手を育てるためにもお手本になるようなベテランの存在は必要だと思います。


ですが、チーム方針に従うことができない以上は放出ということなのでしょう。

冷たいというか、随分とビジネスライクな対応だと感じました。

ある意味では正しいのかもしれませんが、日本的なやり方ではないように感じて、あまり好きにはなれないですね。


今後は、このような対応をする球団が増えてくるのかなぁ…

時代の流れと言われればそうなのかもしれませんが…


さて、これで楽天にはベテラン捕手が1人必要な気がします。

広島の會澤翼選手がFA宣言したら、獲得に動くかもしれませんね。

もしくは、トレードで獲得するとか。


出場機会を求めてどこに行く?

レギュラーで出場できるチームへ移籍希望の嶋選手。

では、どのチームに行くのか?と言われると、現状ではレギュラーが確約されるようなチームはないと思います。

まぁ本人も、レギュラー確約での移籍とかは難しいと分かっていると思いますので、現実的には楽天同様に若手育成に力を入れているチームではないチームへの移籍が高いと思います。


可能性が高そうなのが

東京ヤクルトスワローズ

横浜DeNAベイスターズ

オリックス・バファローズ

の3チームかなと思います。


まず、東京ヤクルトスワローズ。

レギュラーの中村悠平捕手がイマイチの評価に感じるんですよね。年齢も30歳ですから中村捕手自身もまだまだ伸びる可能性はあると思います。

若手の底上げで中村捕手にプレッシャーをかけることもできますが、嶋選手を獲得して競わせることでヤクルトの捕手の層も厚くなるのではないでしょうか。

若手の選手にもいいお手本になりますし、嶋選手自身も1番レギュラーを獲得できる可能性が高いのがヤクルトだと思います。


続いて残りの2チーム。

DeNAは伊藤光捕手に続く第2捕手の信頼度がイマイチ。嶋選手獲得で、正捕手争いを含めた1軍捕手争い激化を狙う可能性もあるかも。


オリックスは、シーズン途中に獲得した松井雅人捕手への評価次第では獲得の可能性アリと思います。


後は、會澤選手がFA移籍した場合は広島カープの可能性があるくらいでしょうか。

第2捕手としてなら、阪神タイガース辺りも手を挙げると思いますが…


捕手というポジションは1つしかありません。

投手と信頼関係もあり、それ故にスタメンの座を獲得するのは難しく、一度レギュラーが決まってしまうと中々ポジションを奪取できません。


ドラフト候補にも魅力ある捕手が沢山いますし、嶋選手の移籍先に注目したいと思います。


お名前.com


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました