【カンニング防止】テスト中にトイレに行ったら欠席扱い

スポンサーリンク

滋賀県の高校で、テスト開始後25分以内にトイレに行ったら欠席になるという校則が10年以上前からあることがわかったそうです。

これだけ聞くとめちゃくちゃな話のように聞こえるのですが、理由としてはカンニング防止対策の一環とのこと。

特に昨今はスマホの普及が進んでいますから、トイレに行くと見せかけてスマホでカンニングなんてことが出来かねません。

学校の措置もわかる気がするのですが、だったらせめて再テストとかにすればいいのではないでしょうか?


何故欠席扱いになるのか…

学校側は補習を受けさせることで単位取得への配慮はしているとのことですが、もっと良い方法があるのではないでしょうか?

僕、思うんですけど、スマホをバッグなどに仕舞わせるからカンニングの疑い的な話になるのでないでしょうか?

テスト中はクラス中のスマホを一箇所にまとめて置くとかできないんでしょうかねぇ。(先生の机の上とか教卓の上とか)

それをやろうすると、プライベートだなんだとか言われちゃうのかもしれないですが…


意外に効果があると思うのが、

テスト中は、自分の机の上にスマホをおいておく

という方法。

スマホを隠すさず(隠してるわけじゃないけど)堂々と机の上においておきなさい、と。

スクリーンセイバーがかかるはずなので、スマホの画面は真っ暗な筈。

にも関わらず、スマホの方をチラチラ見る生徒がいれば、怪しいぞ!となるのではないでしょうか?

もちろん、トイレの時はスマホを持ってトイレに行くのは禁止ですよ。


先生から見えなところにスマホがあるから不安になり、そこまでしなくてもって制度に繋がっているように感じます。

だったら、先生が見える範囲内にスマホを置いておけば良いのでは?

その前に、カンニングする人ってそんなにいるの?と思ったりするわけですが


wpX Speed


にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました