【中日ドラゴンズ】大島洋平がFA宣言!?

スポンサーリンク

今オフのFA市場がいよいよ始まります。

福岡ソフトバンクホークスの福田秀平選手に、千葉ロッテマリーンズの鈴木大地選手や益田直也選手、東京ヤクルトスワローズのバレンティン選手などがFAするのでは?と言われています。


ところが、ここに来て急にある選手のFAが注目されてきました

中日ドラゴンズ・大島洋平選手


今シーズン、最多安打のタイトルを獲得したドラゴンズ不動のセンターです。

今年で3年契約が切れる大島選手。まさかのFA流出はあるのでしょうか?


中日・大島のFAの可能性はあるのか?


球団側は既に2度の交渉を行なっている模様

報道によると、中日球団は既に大島選手と2度の交渉をしているとのこと。

条件提示もしているみたいで、今季1億8000万円の年俸からの増額+3年契約を提示しているようです。


しかし、今のところ大島選手から返事はなく、今度は与田剛監督が直々に交渉のテーブルにつくというような話まで出てきました。


大島選手の特徴は、バットコントロールが上手いヒットメーカーで足も速い。

肩が弱いと指摘されていますが、守備範囲が広い選手です。


一発があるタイプではありませんが、近年は足の速い選手が30代後半になっても走力や守備力を維持できているパターンも多く、今年33歳という年齢がそこまで大きなネックになるわけでもなさそうな気がします。

そういったことからの3年契約だとは思いますが、気になるのが増額の部分ですね。


中日球団はお金がないというのが定説ですし、実際にマネーゲームもしません。

そんな中日球団が増額と言ってもどれだけの金額なのでしょうか…

僕の予想では、2億+3年契約くらいかと。

どれだけ増額しても2億2000万までじゃないかと思います。


金額云々の部分で大島選手が納得しているかどうかは分かりませんが、熟考する理由は他にもあるのかもしれません。


良いタイミング

以前にもFA宣言する可能性が指摘されていた大島選手。

球団の対応とご家族との話し合いで中日残留を決めた過去があります。


前回のことはさて置き、今回はFAできる良いチャンスではないかと思うんですよね。

最多安打のタイトル獲得

打率も3割は残せる実力がある

足が速い

守備範囲が広い

特に、タイトルを獲得したことが大きいですね。


これに加えて

レギュラーの外野手が抜ける球団がある

メジャーリーグに挑戦する秋山翔吾選手と筒香嘉智選手。埼玉西武ライオンズと横浜DeNAベイスターズは確実に外野が1枠空くんですよね。

メジャー挑戦ではないですが、バレンティン選手がFAすれば、ヤクルトも外野が1枠空きます。


中日に福田秀平選手獲得の動きがある

これも、大島選手がFAする良いタイミングになっているかと思います。


中日の外野陣は層が薄いんですよね。

レギュラーは、レフトに外国人・センターに大島選手・ライト平田良介選手で決まっているとして、特にセンターとライトの控えが薄い。


福田選手獲得の動きは選手層を厚くする狙いがあると思いますが、選手達からすると

自分がいるのに何でFAで獲るんだ?

と思っても不思議ではありません。


FAでわざわざ控え選手を獲得することなど通常はありませんので、ポジションが被る可能性がある大島選手からすると、

球団に信用されてないのかな?

と感じる部分もあるのではないでしょうか?


また、今年FA権利を取得した堂上直倫選手が、実は昨年に複数年契約を結んでいた事実が報道されました。


リザーブの選手である堂上選手がFAを見越して昨年に複数年契約を結んでいた事実も、大島選手が悩む要因になっているのかもしれないですね。

今のチームの中で自分の価値がどれくらいなのか?

プロ野球選手としての自分の価値はどれくらいなのか?

そう感じてFA宣言する可能性はあるかもしれません。


FA宣言の可能性は?

球団側の説明や対応に誠意を感じれば宣言はしないと思います。

与田監督が直接交渉する可能性があるとのことで、ここで誠意を見せることができるかどうか。


鍵を握ってるのが、やっぱり福田秀平選手を獲りにいくかどうかではないかと思います。

福田選手がFAすると、中日以外にもヤクルトや西武が獲得に動くのではないかと言われています。

という事は、ヤクルトと西武は外野手が欲しいわけです。


どちらかの球団は福田選手が獲得できない結果になる(中日が獲得すれば両方)ので、大島選手獲得に切り替える可能性もあるのでは?

ヤクルトや西武に現状で年俸1.8億の選手を獲得できる資金があるかは怪しいですが、阪神タイガースも調査しているようですし、巨人あたりもレフトの選手として獲得を目指す可能性はあるのではないでしょうか?


大島選手が努力で勝ち取った権利です、納得のいくまで考えて結論出すのが1番良いのでしょうが、生涯中日でお願います。


沖縄旅行ならJALで行く格安旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました