【巨人・原辰徳監督が再び物申す】FA制度に疑問

スポンサーリンク

よほどソフトバンクに負けたのが悔しかったんでしょうね。

手も足も出ず完敗だったこともあると思いますが…


今オフのFA補強で巨人が獲得を目指すのが、

鈴木大地選手(千葉ロッテマリーンズ)

美馬学投手(東北楽天ゴールデンイーグルス)

今のところの報道だと、恐らく鈴木選手は獲得濃厚のような気がしています。


FAしたら獲りに行くのがジャイアンツ

という名言なのか迷言なのかよく分からないことを言っていた原辰徳監督ですが、今度は人的保障制度や、それに伴うプロテクト枠が28人しかないことに疑問を投げかけました。

急にどうしちゃったんでしょう?


巨人・原監督がFA制度に物申す


人的保障制度とプロテクト枠

FA資格を有する選手がFA宣言すると、ランクに分けられます。

ランクの分け方の方法は、所属球団の日本人選手の年俸が高い順番です。


FA選手の年俸が、上位3位までの高年俸選手がAランク。4位から10位がBランク。以下がCランクになります。

Bランク以上の選手は一度に2人以上を獲得することができないのと、前所属の球団がFA先の選手を1人、人的保障制度で獲得することができます。(金銭を選ぶこともできます)


但し、誰でも獲得できるわけではなく、FA先の球団によって予め作られた28人のプロテクト枠外の選手に限ります。

FAが終わると新戦力獲得が難しい時期になることや、戦力の均衡という観点から作られた制度です。


原監督の主張

今回の原監督の主張、要約すると

FA制度を盛り上げるために巨人はFA選手獲得に乗り出している一面もある。それなのに、自軍の選手を1人獲られるという制度は納得いかない

プロテクト枠が28人は少なすぎる。故に、場合によってはベテラン選手をプロテクト外にせざるを得ないケースもあり、その行為が批判を受けることもある

この2点かなと思います。


ちょっと何言ってるのかわからないんですけど…

まず、巨人がFA市場に乗り出す理由が、FAを盛り上げる為というのが既に意味がわかんないんですよね。


ウィークポイントを補強するためではないの?と思ってしまいます。

みなさんよく言われるのが、巨人は他チームの戦力を削ぐためにFAで獲得しているのでは?というもの。

個人的には、戦略として正しいと思ってるのであれば、批判されようが自由にやればいいと思うんですよね。


今オフのFAでも、失礼ながら美馬投手を巨人が獲得する必要がどこにあるのかわかりません。

東京ヤクルトが狙ってるみたいですので、ヤクルトに獲られて活躍されるくらいなら獲ってしまえという考え方であるならば、それは全然オッケーだと思いますよ。


しかし、支配下選手には70人という枠があるので、貴重な1枠をそのような使い方でいいのかな?とは思いますが…


今のFA制度ってとても良くできた制度だと思うんですよ!

・選手は、自分の権利を行使するかしないかの選択ができる上に、今以上の高待遇で次のシーズンを戦うことができる

・FA元は、FA先の選手を1人獲得することでウィークポイントの補強ができる

・FA先は、ウィークポイントを補強できる。プロテクト枠を上手く使うことで人的保障で1人失っても戦力の上積みができる

・元の年俸が低い選手のFA移籍にまで人的保障は適用しない

誰も損をしないどころか、全ての球団や選手が得をする制度だと思います。

制度が悪いのではなく、巨人が制度を上手く使えないだけなのではないでしょうか。


人的保障がなくなればFAは活発になる?

原監督は、人的保障が活発なFAを妨げているというようなことも仰っているみたいですが、ホントに何言ってるのかわかんないですね…

FAした選手に対して、何球団で獲得競争になるかは単純にFA選手の年俸です。

どれだけ獲得したくても、無い袖はふれません。


例えば今回、ソフトバンクの福田秀平選手が獲得競争になっている理由は元の年俸が安いからです。

人的保障がないからではありません。


巨人以上に資金力があると言われている福岡ソフトバンクホークスがFA市場に積極的ではない理由は、自前で育てられる自信があるからでしょう。そして、活躍度に応じてしっかりと年俸を支払う。


また、FA選手からしても、分厚い選手層のソフトバンクに移籍しても出場機会が減ってしまう可能性も大きく、お金以外にソフトバンクに移籍するメリットがないんですよね。


巨人は人的保障で他チームに移籍した選手が活躍するパターンも多く、悔しいのはわかりますが、この発言はかなりズレてるように感じました。


原石を磨くのか宝石を買うのか

プロ野球には12球団しかありませんが、その12球団の間の資金力は結構差があるように思います。

サッカーの世界でもそうですが、資金力のないチームは原石を育てて磨き、宝石となったところで資金力のあるチームが獲得するという流れは仕方のないことです。


巨人の戦略が、宝石を獲得することで戦力の上積みを図る方法であるのなら、原石や色あせてきた宝石を手放すことはそこまで大きなダメージにならない筈です。


制度に問題があるのではなく、巨人に移籍した宝石が、今以上に輝きを放つことができるのかどうかをしっかり調査した上で獲得することが大事なのではないでしょうか?


GMOとくとくBBのドコモ光 お得なキャンペーン実施中!


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました