【FC今治】J3昇格で遂にJの舞台へ!

スポンサーリンク

岡田武史さん

岡ちゃんという愛称で親しまれている方で、サッカーファンは誰もが知っている名前です。

サッカーを知らない人達でも、名前を聞けば思い出すことができるのではないでしょうか?

サッカーにあまり興味のない方は、

そういえば最近名前聞かないな

などと思うかもしれませんね。


稀にNHKでサッカー解説をされていることがありますが、監督としてサッカー界の表舞台に立っていることはないです。

それもそのはずで、岡田氏は既にJリーグや日本代表で監督をするのに必要な指導者S級ライセンスを持っていません。

今現在は、JFLという4部リーグに相当するFC今治というクラブのオーナーをされています。

そして、そのFC今治が来シーズンからJ3に昇格することが決まりました!


FC今治がJ3昇格!


跳ね返された2年間

2014年に代表に就任した岡田武史氏。

当時は地域リーグの所属していたチームは順調にJFLに昇格しました。

このまま順調にJ3に昇格するかと思われましたが、ここでつまづいてしまいます。


4部とはいえ、全国リーグ。

今年の天皇杯サッカーでベスト8に進出したHONDAFCなど、JFLにも競合チームがたくさんあります。

4位以内かつJリーグへの昇格要件を満たしている上位2チームという昇格条件をクリアしたFC今治ですが、今シーズンのここまでの順位は3位。

首位のHONDAとは勝ち点で10の差があります。

やはり全国リーグともなると、勝つのがいかに難しいかがわかりますね。


JFL昇格3年目、過去2年間はJFLの壁に阻まれていたFC今治。

勝負の3年目で悲願のJ3昇格を果たしました。


昇格や降格を伴うようなスポーツクラブの運営はスピード命だと思っています。

上位リーグに上がるためには選手獲得や環境整備などにお金が必要です。

最初は同じ夢を追って出資してくれる会社や市町村もあるでしょう。

しかし、何年経っても上位リーグに上がれない状況が続くと、出資者は減っていきます。

出資者が減り資金が少なくなれば、上位リーグ進出はより困難を極めます。

最悪はクラブ消滅、消滅しなくても下位リーグで細々と続ける状態に落ち着いてしまいます。


サッカークラブの経営は、ある意味では自転車操業と言ってもいいのかもしれません。

ペダルを早く漕ぎ、少しでも早く目標に到達しなければそこで終了してしまう

FC今治も、もし今年昇格できなければ今後の運営にも支障が出ていたかもしれませんね。


リアリストかつロマンチスト・岡田武史氏

外れるのはカズ。三浦カズ

岡田武史氏と言えば、この言葉が1番に浮かんでくる方も多いと思います。

ワールドカップで2回も指揮を執った岡田氏ですが、実は2度目のワールドカップだった南アフリカ大会の時も、キャプテンを長谷部誠選手に変えたり、GKを川島永嗣選手に変えたりなど、本番直前に色々変更しています。

コンサドーレ札幌や横浜Fマリノスで監督をしていたこともあるのですが、監督時代に共通していると思うのが、

勝つために最善の策を打つこと徹底していること

監督だったら当たり前だと思われるかもしれませんが、岡田氏の場合は徹底ぶりが全然違う印象です。


ワールドカップ南アフリカ大会の直前も、勝つための戦術に切り替えて、チームの中心だった中村俊介選手をベンチに置いた采配などは徹底ぶりを現す象徴だと思います。

フランス大会でカズ選手を外したのも、戦術と選手の調子から決めたことです。

多くの日本人監督は、ここまで徹底することができません。選手と心中するタイプの采配をする方が多いのではないでしょうか。

その結果、敗退したとしてもある種言い訳ができるというか、エースの調子が悪くてどうしようもなかった的に終わってしまうんですよね。


岡田氏の場合、現実に沿った采配をするので失敗すれば責任は全て自分にあるという状況になります。

一般的な日本人監督と覚悟が全然違うと思います

一方で、中国のクラブチームの監督を日本人として初めて勤めたり、JFLのクラブの代表になってJリーグに昇格する夢を追うようなところはロマンチストでもあるのかなと思います。

しかし、退路を経つためにS級ライセンスの更新をせず経営者一本で行くという覚悟をみせるあたり、やっぱり覚悟が違うと感じますね。


舞台はJリーグへ

来シーズンからいよいよJリーグの舞台に上がるFC今治。

岡田氏の挑戦も次の段階に上がります。

同県内に既に愛媛FCというクラブがある愛媛県(愛媛FCは現在J2に所属)

人口も決して多くはない、特別商業が盛んという訳でもない愛媛県で、どの程度の資金を集めて運営できるのかは分かりません。


今はまだ、今治=バリイさんというイメージだと思いますが、FC今治の活躍で今治といえばFC今治という日がくるのでしょうか?

岡田武史氏の挑戦はまだまだ続きます。

残念ながら、僕の地元・東海地区のサッカークラブであるFC岐阜がJ3に降格しそうです。

来シーズン、FC今治との対戦が濃厚。この機会に、今治市に行ってみようかな。


ホテルが選べてフライトもJAL!格安国内旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました