【ドラゴン桜】人気ドラマの続編が決定!

スポンサーリンク

三田紀房さん原作の漫画

ドラゴン桜

元暴走族の弁護士・桜木健二が偏差値36という落ちこぼれ高校生と一緒に東大を目指す物語で、ドラマ化もされて大ヒットしましたね。

そんなドラゴン桜ですが、現在・週刊モーニングにてドラゴン桜2が連載されています。


三田紀房先生といえば、映画化されたアルキメデスの大戦も週刊ヤングマガジンで連載中。

過去にも砂の器やインベスターZなど沢山のヒット漫画を世に送り出しています。

凄いと思うのが、複数の連載をほぼ毎週休みなく連載し続けるところと、次から次へと新作を生み出していくところですね!

一体、いつ取材していつ漫画を書いているのでしょうか?

子供が読んでも楽しめますが、大人が読むともっと楽しめる漫画を描いていらっしゃる方というイメージですね。


さて、2005年に阿部寛さん主演でドラマ化されたドラゴン桜ですが、来年の7月に再びドラマ化される事が決定しました!

TBS系列の日曜9時枠になるという事。

日曜9時枠といえば、近年だと半沢直樹陸王といった大ヒットドラマが放送されていた枠です。局側も気合入ってますね。

詳細は発表されていないようですが、恐らくは漫画のドラゴン桜2になぞった舞台になるかと思います。


ドラゴン桜2のざっくりとした設定は以下の通り。

桜木健二が理事となった龍山高校。年々東大合格者が減ってしまい、遂に合格者が0人になってしまいました。

この事態を重く見た桜木理事が再び東大合格者を増やすために立ち上がるという話です。

前作で登場した人物も多く出てきますし、何よりも前作で東大に合格した生徒が桜木理事の右腕になっているのが面白いところ(ちなみに、前作のドラマで長澤まさみさんが演じていた女の子です)

今回は、学校を売ろうと画策している理事長との戦いも見どころです。


僕もドラゴン桜2は毎週楽しみに読んでいるのですが、この漫画の好きなところは

東大に行けば人生が変わる

のではなく、

東大に行けば人生が変わる権利を得ることができる

と言ってるところなんですよね。

これは本当にその通りで、東大に入学したから人生安泰なんてことはないんですよね。

でも、東大はやっぱり東大です!東大は権威があるんです!

ですから、人生を変える権利が手に入るというのは納得いく理屈だと思います。

結局は東大で何をするかということなのですが、他の大学よりは東大という時点で恵まれているのかなと思います。


もう1つ好きなところは、

今の子のことをよくわかってる

と感じるところです。漫画を読んでいても、あるあると感じたりすることが多いんですよね。

三田先生はどこで学んでいるのでしょう?こち亀の秋本治先生もそうですが、勉強熱心なのだなと尊敬します。


ドラマはまだ半年先ですが、今から楽しみです!


【あす楽/即出荷可】【新品】ドラゴン桜 (1-21巻 全巻) 全巻セット

価格:12,085円
(2019/12/24 22:43時点)
感想(16件)


にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました