【広島カープ】菊池残留で今オフの選手流出を全て阻止

スポンサーリンク

今シーズン、セ・リーグ4連覇を阻まれた広島カープ

特に今シーズンは序盤からチームが波に乗れず、途中で11連敗というどん底も味わいました。

昨シーズンまでにはなかった広島カープの失速ぶり。

結局、Aクラスに入ることもできず、クラマックスシリーズに進むこともなくシーズン終了。

緒方孝一監督に代わり、来シーズンからは佐々岡真司新監督で再スタートを切ることが決まっています。


昨シーズンのオフには丸佳浩選手がFAで巨人に移籍。

今オフは複数選手の流出が噂されていましたが、菊池涼介選手が残留を表明したことで、今オフ流出の可能性があった選手全員の残留が決定しました。

大きな戦力ダウンもなく来シーズンの巻き返しに向けた準備ができそうですね。


広島カープ・選手の流出危機を回避


移籍濃厚と言われていた3選手

今シーズンオフにFA宣言で他チームに移籍するのではないかと言われていたのが

野村祐輔投手

會澤翼捕手

の2人。特に會澤選手に関しては昨シーズンオフ辺りから『来年は會澤がFA宣言する』とか言われていました。

で、例によって巨人が来年は會澤選手を獲得するのだとかって噂だったように思います。


また、菊池涼介選手はポスティングでメジャーリーグに挑戦すると昨年の契約更改終了後の記者会見で話したことで、高確率でメジャーに移籍するだろうと言われていましたね。


昨シーズンオフに丸選手がFAで抜けた広島カープ。流出ではありませんが、新井貴浩さんや黒田博樹さんの現役引退が続き、戦力だけでなく精神的な支柱も失った状況で戦った今シーズン。

更なる主力選手流出はチーム崩壊にも繋がりかねない状況だっただけに、この3人の残留は本当に大きな意味があるのではlないでしょうか?


地道な努力が結んだ結果の残留

残留後の記者会見を聞いてると、FA組の2人に関しては広島愛のようなものが残留した大きな要因になっているのではないでしょうか?

會澤選手は、球団本部長から何度も連絡をもらって『お前の力が必要だ!』と言われたことが嬉しかったと仰っていますし、カープには感謝しかないとも仰っています。

野村投手も、『カープが好きでカープでもう一度優勝したいという思いが決め手になった』と仰っています。

選手を大事にする広島カープの姿勢や、カープファンの存在も大きいのかなと思います。


菊池選手が『メジャーリーグのFA市場の動きが遅く、このまま待つのは得策ではないと思った』と会見で話しているように、国内のFA市場も思ったほどは活発に動く様子もなかったというタイミングのようなものも一因だとは思いますが、広島カープという球団だからこそ残留を決めてくれたような気がしますね。


もう1つは、球団の経済力がアップしたこともあるのではないでしょうか?

會澤選手は3年で6億円、野村投手も2年で3億円ということで、これまでのカープのイメージからすると、かなり破格の契約かと思います。

會澤選手は9200万円の年俸から一気に2億円までアップですからね!

誠意だけでなく、金額もしっかりと提示できるようになったのは球団の経営努力の成果なのかなと思います。


反攻に向けて再びチームが一丸になれるか?

3連覇していた頃から選手流出の危険性や、ほぼ固定化されているレギュラー陣が一気に衰えたら…というような心配は常に報道されていたように思います。

実際に、引退したりFA移籍したり、1シーズン活躍した選手が翌シーズンには不調に陥ったり…

内部の人間にしかわからないことが思った以上にあったのではないかと想像します。


特に、昨シーズンオフは丸選手が移籍して菊池選手がメジャー挑戦を表明するなど、流出が本格化してきたような感じを受けましたし、何となくですがそろそろ広島の時代も終わるのかなという印象がありました。


しかし、今オフの選手流出を阻止できたことや、残留の要因の1つがカープ愛だったことで、再びチームが1つに纏まるきっかけになるのではないかと思います。

ここ数年、団子状態が続いているセ・リーグ。

来シーズンもこれまでと同様に団子状態が続く可能性も結構高いと思っていて、もちろん広島カープが優勝する可能性も多いにあります


今回の選手流出阻止が、広島カープ黄金時代・第2章へ向かう要因になるような、そんな印象を受けますね。


NURO光新規申込みキャンペーン実施中!


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました