【またまたお騒がせ進次郎さん】今度は政治資金問題と女性問題が発覚

スポンサーリンク

閣僚になる前はかなり期待されていたんですけどね、この方…

閣僚になったら仮面の下の素顔がバレてしまったという感じでしょうか。

週刊文春が報じただけですので事実かどうかは分かりませんが、政治資金の話はともかく女性問題の方は認めたようなものじゃないかと…


安倍晋三首相の後継者候補のうちの1人と言われていますが、当分総理の椅子はまわってこないと思います。

もし、政治資金問題がアウトなら一旦議員も辞職かな…


小泉進次郎環境相に政治資金と女性問題が浮上?


小泉氏に文春砲が炸裂!

問題を報じたのは週刊文春

文春砲と言われているこの雑誌の、恐らくは今年最後の発行のものに大々的にスキャンダルとして報じられてしましました。

内容は、小泉氏が不倫女性と遭うために利用したホテルの代金支払いに政治資金を使ったのではないかという疑惑があるとのことでした。

政治活動用のポスターの発注経費が相場より高いという報道もありましたが、この件の関しては、恐らく政治家の多くは似たようなことやってるのではないでしょうか。


結婚する時は、わざわざ首相官邸まで夫婦で挨拶に行った小泉進次郎氏。

まさか不倫していたとは…しかもホテル代を政治資金で払っていたとか…

もちろん、文春の記事が誤報の可能性はありますが、過去の文春砲から考えると全くの誤報とは考えにくいんですよね。


当然のことながら小泉進次郎氏は否定していますが、ポエムと揶揄された発言やセクシー発言と違って今回はスキャンダルですから、閣僚は辞任ということになっても仕方ないかなとは思います。


政治資金問題は否定している

政治資金問題に関しては事務所が適切に処理していると内容を否定した小泉進次郎氏。

しかし、女性問題については個人のことについては話すことはないと否定も肯定も(肯定したらエラいことになっちゃいますが)しませんでした。


個人的には、政治家というのは大なり小なり黒に近いようなグレーなことをやっていると思っています。

誤解を与えるようなことを言ってしまうかもしれませんが、このようなことをバレずに上手くやってる政治家が政治家として長くやっていけるのかな…と思います。


小泉氏の場合は、お父様が元総理大臣だったことで週刊誌などからもマークされやすかった面があると思いますが、脇が甘かったんでしょうね。

まずは、政治資金問題について、否定ではなくてキチンとした説明が必要かなと思います。

このままやり過ごしても議員は続けられるでしょうけど、政治家としての出世には影響してくると思いますし、小泉氏に対する世間の風当たりも強くなると思います。

ご本人が主要閣僚や総理大臣になりたいと思っていらっしゃるかはわかりませんが、ハッキリした言動が特徴の政治家だけに、自身のスキャンダルについてはハッキリした説明が何もないとなると、政治家としてかなりのダメージになるのではないでしょうか?


女性問題は個人的なことではすまない

先程も書きましたが、政治家は大なり小なりグレーなことをやっていると思っています。残念ながら、女性関係についてもグレーなことはしていると思います。

しかし、政治家たるもの(教師などもそうですが)世間からはクリーンなイメージでなければいけません。

まして、今回は結婚したばかりというタイミングでもあります。


かつて、総理大臣になったばかりの政治家が芸妓に愛人契約を持ちかけたことが報じられ、あっという間に総理を辞職する事態になったことがありました。

今回の報道通りだとすれば関係を持っていた可能性もあります。事実かどうかはわかりませんが『個人のことなので何も話さない』では報道を認めたと受け取られても仕方ありません。


やはり、この件についてもキチンとした説明なり釈明なりする必要があるのではないかと思います。

仮に不倫していたとしても、やり直しは効くはずです。もう少し上手く立ち回れなかったのかなと、残念は気持ちになりました。


踏んだり蹴ったり自民党

この報道が最初にネットでニュースになった日と同じ日に秋元司衆議院議員(自民党には既に離党届けを提出済み)の逮捕があったんですよね。

桜を見る会の問題も未だに続いていますし、この年末は自民党にとって踏んだり蹴ったりな1ヶ月になってしまいました。

全て身から出た錆なんですが…

今回の一連の報道が事実であれ事実でなかれ、謙虚に受け止めて、今後は今まで以上にしっかりとした国の運営をしていただきたいものですね。


このブログ、国内政治の話題は何故か小泉進次郎氏の話ばかりになってしまってますね…


お名前.com


にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました