【第41回皇后杯決勝】日テレベレーザが3連覇達成!

スポンサーリンク

昨日、女子サッカーのカップ戦皇后杯の決勝が行われました。

1万人を超える観客が集まった決勝戦!

遂に日本の女子サッカーも人気スポーツの仲間入りかと思うくらいの盛り上がりでした(これに関しては本文でも少し触れてみたいと思います)


準決勝延長の末何とか決勝に進んだ日テレベレーザ

2年連続の国内三冠(リーグ戦・リーグカップ・皇后杯)を目指します。今年はアジアの女子サッカー選手権も制覇して四冠達成なるでしょうか?

対戦相手は浦和レッズレディース

今シーズンはあと一歩でリーグ制覇なりませんでした。リーグ戦ではベレーザに勝利していることもあるレッズ。5年ぶりの決勝進出です。


皇后杯決勝・浦和レッズレディースvs日テレベレーザ


試合結果

浦和レッズレディース 01 日テレベレーザ

【得点者】

7分:田中美南(日テレ)


あっという間の先制点

立ち上がりからベレーザのプレスが凄かったですね。

準決勝の時とはベレーザの選手達の動きが全く違いました。

中6日で迎えた決勝戦。コンディションが整えばこんなにも違うチームになるのかと驚きました。


立ち上がりの良い流れから掴んだCK。

高さではレッズが有利かと思われましたが、籾木結花選手がニアサイドに蹴ったボールに田中選手がダイレクトボレー

田中選手のゴラッソでベレーザが先制します!

試合後の籾木選手の話だと、最初のCKはショートコーナーにする予定だったみたいですが、相手のポジション取りをみて直接蹴ることに変えたのだとか。

レッズはニアサイドがポカッと空いていて、ニアサイドに直接蹴るプレーも予めデザインされていたプレーなのかなと思いました。


先制して勢いに乗ったベレーザは、先制直後にもビッグチャンス!

ゴール前まで侵入した右SB・清水梨沙選手選手のシュートがポストに当たり、こぼれ玉を田中選手がシュートしますが、このピンチはレッズGK池田咲紀子選手のビッグセーブでピンチを防ぎます。


レッズは2トップの菅澤優衣香選手と高橋はな選手に早めにボールを集めてゴールを目指しますが、上手くボールが運べません。

ベレーザのプレスが早く、ボールが蹴れなかったですね。

準決勝で見せた南萌華選手からのロングフィードで右SBの清家貴子選手を生かすプレーもあまり機能することがありませんでした。


流動的なポジションチェンジでレッズディフェンスが混乱

ベレーザの凄いところは、とにかくポジションに拘らずに自由に動いても誰かがしっかりポジションを埋めているんですよね。

特に中盤の選手達が自由に動くのですが、例えばアンカーの三浦成美選手が前に出れば長谷川唯選手が少し下がるとか。場合によってはCBの選手がポジションを上げることで埋めるとか。。。

当たり前のことなのかもしれませんが、それをサボらずにできるのが女王たる所以なのかなと思います。


ベレーザの流動的な動きに対し、特にレッズのボランチ2人は翻弄されていました。中盤でベレーザの選手達捕まえることが殆どできなくて、特に前半の中盤以降はレッズは殆ど攻めることができませんでした。

ベレーザは選手間の距離も絶妙で、フォローも早いので絶えず主導権を握ることができました。

両ワイドにボールが渡ると少し遅れてる場面もありましたが、両SBが全速力で駆け上がってきてマークを引きつける動きを厭わないんですよね。凄い運動量が要求されるのですが、90分間やり続けるのは本当に素晴らしいと思います。


レッズのペースになるもシュートが打てない

後半、レッズは安藤梢選手を投入。

FWの高橋選手を左SBに置き、サイドからも崩すことができるような布陣に変えます。

ベレーザも後半から田中選手と小林里歌子選手の2トップに変更。

このポジション変更とベレーザの選手達の運動量が落ちてきたこともあり、後半はレッズペースで試合が進みます。


ボールを持つ時間が長くなりゴール前までは運べるものの、シュートが打てません。

解説の永里さんとゲストの熊谷さんも仰ってましたが、ボールを受けてパスを捌く選手ばかりの構成になっていたレッズ。

パスは繋ぐのですが、決定的なパスがなく、1トップの菅澤選手がいい形でボール持つことが全くと言っていいくらいありませんでした。


終わってみれば、ベレーザが危ないシーンもあまり作られることもなく勝利。

皇后杯3連覇と2年連続国内三冠を達成しました!


1万人超えの観客

この日のNACK5スタジアムは1万人を超える観客が集まりました。

BSの放送が始まってビックリ!

浦和レッズサポーターの大きな声が聞こえてきました。埼玉スタジアムに響渡るいつものチャントです。

スタジアムがさいたま市にあることも要因でしょうが、サポーターのレッズ愛は凄いと思いました。

スタジアムの所々が赤一色になっていて、クラブチーム同士の女子サッカーの試合であそこまでスタジアムがチームの色に染まっているのをみたのは初めてのような気がします。


このくらいの観客が入ればプロ化しても大丈夫…と思いきや

この試合の観戦料は無料

これが一番大きな要因だったと思います。理由はよくわかりませんが、皇后杯の観戦は全試合無料で観戦できたんですよね。

無料でも、準決勝の時は同じスタジアムでも観客がかなり少なかったです。

しかし、決勝戦は1万人を超える方が見にきてくれたわけですからポテンシャルはあるのだと思います。

プロモーション次第では、有料でも私たちが思っている以上の観客数が入るくらい女子サッカーの人気や知名度は上がってきていることの証明になったかもしれませんね。


BIG1等最高6億円!楽天totoならポイントがたまる♪


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました