【2020年の東海地区】気になる施設が続々誕生!

スポンサーリンク

昨日は2020年、国内&国外の気になる行事を紹介しました。



2020年は、東海地区でも気になる行事がいっぱいあります。

特に今年は大型施設が1年間で2つ(もしかすると3つ)できるかもしれないってご存知でしたか?

今日は、2020年に誕生予定の東海地区の大型施設の紹介をしたい思います。


1)コストコ(名古屋市守山区)

東海地区3店舗目となるコストコ。

名古屋市守山区中志段味に、2020年12月オープン予定と発表がありました。

元々はユニー系列の複合施設がオープンする予定でしたがユニーが撤退。

後を継いだコストコも一時期はオープン見送りという噂もあったみたいですが、今年の12月オープン予定とアナウンスがあり、東海地区のコストコユーザーやコストコファンの皆さまも楽しみなのではないでしょうか?


新店も楽しみですが、名古屋市内にオープンする事で既存の2店舗(中部空港倉庫と岐阜羽島倉庫)の近くに住んでいる方は渋滞が減ることに安堵しているかもしれませんね。

新店も東名高速の守山ICを出てすぐのところにできるのだとか(スマートICなのでETCではない方は利用できないかと思います)

年末に名古屋市内でコストコがオープン。コストコ渋滞がどれくらいの規模になるのか心配です。場合によっては年末年始の帰省にも影響が出るかも?


名古屋市内から車で30分程度の長久手市にはIKEAが既にあります。

名古屋市や長久手市・瀬戸市や尾張旭市に住んでいる方達はコストコにもIKEAにも簡単に行くことができる状況になって嬉しいですね!


2)アクアイグニス多気(三重県多気郡多気町)

アクアイグニスは既に食と癒しをテーマにした施設が三重県内にも菰野町というところにありますね。

温泉施設や宿泊施設・飲食施設などがある総合リゾート施設が、今度は多気町にも2020年秋頃にオープン予定です。

当初は2月にオープンする予定でしたが、オープン時期がずれ込み秋頃にオープンする予定とのこと。


多気町は伊勢市に近いこともあり、アクアイグニスを拠点にして周辺を観光することもできるかもしれません。

三重県の故郷創設プロジェクトの一環としての事業で、アクアイグニス・イオンタウン・ロート製薬などがタッグを組んで作る総合リゾート施設です。

当初のアクアイグニス多気という名前からVISON(ヴィソン)という施設名に変更になりました。

宿泊施設や温泉施設に加え、飲食関係のエリアや三重県の産直市場なども作られる予定で、こちらの施設もスマートICからすぐに入っていけるようになるようです。

これからは『高速出たらすぐ目的地』というのが当たり前になるのでしょう。

普段は高速道路を全く使わないのでETCを車に設置していない方、今後、ちょっと思い立って遠出することがあった場合にETCがないと困るかも知れませんよ!


3)キッザニア名古屋(名古屋市港区)

2018年にオープンしたららぽーと名古屋みなとアクルス。

その西側の土地に、日本で3番目のキッザニアがオープン予定です。

こちらの施設は2020年度にオープン予定とのことですので、もしかすると2021年の1月から3月の間にオープンになるかもしれません。

また、ららぽーとに併設する形になるのか、別施設という形になるのかも今のところ不明です。


キッザニアと言えば、子供が職業体験をできる施設として大人気です。メキシコ発祥のテーマパークで世界19カ国に展開しています。

パーク内では子供が職業体験をすることで専用の通貨をお給料として貰い、施設内のデパートで買い物ができます。

レゴランドに続く子供向けの施設が名古屋市内に誕生予定です。


岐阜市歴史博物館の2階にもにも、来年の大河ドラマ『麒麟がくる』の大河ドラマ館ができますし、今年の東海地区も面白くなりそうです!


ムームードメイン


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 東海情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました