【ミスタードラゴンズ】高木守道さん死去

スポンサーリンク

5日前にラジオに出演していたということでしたし、以前から持病があったというような話も聞かなかったですから本当に急だったのだなと…

僕は高木さんの現役時代を知りませんが、グラブトスは芸術だったとか名二塁手だったとかの評判を聞く限りは素晴らしい選手だったのだと想像できますね。

何せあの『アライバ』のプレーを見ても普通ですよと解説していて、それを聞いてる周りから嫌味や批判めいたことを言われないのですから、高木守道さんの守備も相当凄かったのだということが分かりますよね。


ミスタードラゴンズと言われ、中日ドラゴンズの背番号1を背負ってプレーした名選手が天国へと旅立ちました。


ミスタードラゴンズ・高木守道さん死去


サンデードラゴンズのおじさん

僕がプロ野球に興味持ったのが小学校低学年の時です。

父親が野球好きだったこともあり、地元の中日ドラゴンズのファンになりました。

当時は故・星野仙一さんが監督をしていて4番バッターは落合博満氏でした。

中日が優勝したこともあり一気に野球への興味が高まったのですが、当時からやっていた地元TV局のドラゴンズ応援番組『サンデードラゴンズ』に出演していたのが高木守道さん。


特徴的だったのが、反応が遅い

キャスターの方が高木さんに質問や言葉を投げかけても必ず一呼吸置いてからしか返答が返ってこないんですよね。しかも、口数が少ない。

『まぁ…これくらいはできて当たり前なんじゃないですか?』的なことをいつも言ってるイメージでした。

30年以上前の話で、高木さんが78歳ですから当時はまだ40代だったんですねぇ。話し方はおじいちゃんって感じでしたけど。。。

僕にとって高木守道さんは『サンデードラゴンズのおじさん』です


10・8 決戦の中日指揮官

プロ野球ファンに語り継がれている10・8 決戦。

優勝をかけて中日ドラゴンズと読売ジャイアンツが名古屋球場で対戦。

勝った方が優勝だったのですが、この試合が始まる前の両チームは勝敗も勝率も全く同じだったんですよね。

中日がシーズン中盤以降にも猛烈な追い上げを見せてたどり着いた決戦の舞台でした。


この試合の映像は何度も見るのですが、落合氏がHRを打ったシーンや立浪和義氏がヘッドスライディングで脱臼したシーン・桑田真澄氏が投げるシーンが大体使われるんですよね。あと、当時巨人の監督だった長嶋茂雄氏も。。。

実はこの時の中日の監督は高木守道さんだったんですよ。

巨人よりに作られている編集が多いので、どうしても中日側の映像は立浪氏と最後に三振した小森哲也氏しか映らないのが悔しいですよね。


僕もテレビであの試合は見ていました。

先発の今中慎二氏がHRを3本も打たれてしまって『これはダメかも…』と思ったのと、元中日の落合氏が巨人の選手として試合に出ているのに凄く違和感を感じていたことは覚えています。


監督になる時はいつも大変な時期

高木守道さんは、中日ドラゴンズの監督に2回就任しました。

1度目は星野仙一さんの後を受けて90年代に。2度目は落合博満氏の後を受けて2012年から。

今だから思うのですが、高木さんが監督をする時はいつもチーム状態が難しい時期というか過渡期に入る時だったように思います。


星野さんで優勝して人気も上がったのですが、その後は優勝することもなく退任。

地元ファンから絶大な人気があった青年監督の後を受けた寡黙な職人タイプの監督ということで、やりにくかったと思いますよ。

就任初年度は最下位に低迷するも、翌年2位になり、その翌年もチーム状態はそこそこよかったのですが、なぜかその年限りで解任されるという報道が出ました。

チームはそこから頑張って10・8決戦にたどり着くのですが、ミスタードラゴンズと言われていたOBの割にはひどい扱いだなと思いますよね。


2度目はもっと難しくて、8年連続Aクラスだった監督を人気や営業収入の面で解任。ところが、その後を受けたのが人気面では決して適役ではないであろう高木さん。

『ジョイナス』というスローガンを掲げ(掲げさせられた?)当時の主力選手の多くが過渡期に入り始めた状況での現場運営でした。

ファンからも、ジョイナス・ジョイナスと揶揄されて本当に大変だったと思います。


今から思うと、2回とも監督の引き受け手がいなくて高木さんにお願いするしかなかったのかもしれません。

中日愛があったからこそ、難しい状況でも監督を引き受けてくださったのかなと思います。


僕と同郷の方ということでも親近感が湧いていた高木守道さん。

ご冥福をお祈りいたします。


【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります※

にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました