【自民党・河合参議院議員】公職選挙法違反の疑い

スポンサーリンク

旦那さんが元法務大臣なんだから知名度は抜群だったでしょ。

普通に選挙すれば当選したと思うんですけどね。そもそも、旦那さんの地盤があるんだから…

にも関わらず疑われるようなことをしたってことは当選できるかどうか不安だったということなのでしょうか?

それとも、力があることを見せたかっただけなのでしょうか?

公職選挙法違反って、初歩的なミスというか誰が考えてもダメなことを簡単にバレるように行っていたというイメージんなんですよね。

誤解のないように言っておきますが、バレなきゃやっていいってことじゃないですよ。


自民党・河合案里参議院議員が公職選挙法違反の疑い


どのような疑いがかけられているのか

昨年の参議院議員選挙の際に、ウグイス嬢13人に法定金額を上回る報酬を支払った疑いがあるとのことです。

最初に報じられたのが昨年の10月のことですから、かれこれ3ヶ月も疑惑が疑惑のままになっている状況が続いています。

ちなみに最初に報じたのが文春砲でお馴染みの週刊文春です。


報道があった後、当時法務大臣だった夫である河合克行氏は法相を辞任しました。

妻である案里議員の疑惑が報じられたことで責任を取った(取らされた)形での辞任だと考えられています。


時間がかかっているのはなぜか

現職の議員の疑惑ですし、選挙区のある広島県の検察が慎重になっているのかなという印象ですが、それにしても進展があるような無いようなはっきりしない状況が続いていますね。

ここに来て、領収書が2種類あることが報じられています(真偽は不確かです)。1枚は提出用で、もう1枚が法定金額を上回る金額が書かれた領収書ではないかということです。


疑惑が報じられた後、夫婦揃ってずっと国会を欠席している状態でした。公の場から姿を消したことで報道陣も話を聞くことができない状態でした。

河井参議院議員が適応障害で療養を要する状態だったことは発表されましたが、旦那さんが休む理由は??

本当に療養が必要な状況であれば、妻の案里議員に給料が支払われるのはやむなしにしても(一般企業でも給料の何割かは支払われるはず)、夫の克行氏にも給料が支払われているのは納得いかないかなと思います。


初期報道があった後、かなり時間がたった今年の1月半ばにようやく会見というか報道陣の前に姿を表した河井夫妻。

事務所が家宅捜索を受けたため、これ以上は黙り通すことはできないと思ったのでしょう。

但し、肝心なことは何も話すことはありませんでした。

ご迷惑とご心配をおかけして申し訳ありませんということと、調査には協力しますとのこと。


捜査に妨げになるようなことは言えない?

ここのところよく聞かれる言葉ですね。

疑惑に関して、事実なのか事実ではないのかを言うことが一体どのような妨げになるというのでしょうか?

事実ではないと言うことで検察が捜査しにくくなる…どういう理屈なのか考えてみたところ、

・検察に対して話すことを検察より先に報道陣には話せない

・世論によって検察の捜査に影響が出るかも?

考えられるのがこんなところかなと思います。


でもこれって検索側が報道陣にお願いすることじゃないかなと思うのですが…

まぁ検察がいくらお願いしたところで、知る権利とか言ってマスコミは聞きまくるでしょうけどね…

よくよく考えるとこの発言に関しては分からなくもないかなと思いますが、せめて『自分は違反はなかったと確信していますが』という枕詞くらいは付けてもいいのではないでしょうか?

下手に言葉を付け加えると、調べた結果が黒だった時に自分が負うダメージも大きいということなのかな?


議員は続ける模様

現時点では疑惑ですから、当然議員は続けると言いますよね。

続ける発言に対して非難する方は多いですが、進退に関しては問題に決着がついた時に考えればいい話だと思います。


それよりも、疑惑が解明されない限りは今後の国会や委員会・勉強会などにも参加しないつもりなのかどうなのかを突っ込んで聞いたらいいのに。(特に旦那さんには)

適応障害のための療養がこの先も続くのかどうかは分かりませんが、日本を変えたいので議員は続けると仰っている方が、肝心の議員活動ができないのではどうしようもありません。

志は素晴らしいですが、有権者としては疑惑云々の前に体調面で議員を続けられるのかどうかをちゃんと判断してほしいですね。


疑惑がどのような結論になるのかはわかりませんが、議員さんの疑惑や事件はここ数年本当に多くなったと思います。


発行部数九州NO.1西日本新聞社(1週間試し購読申込プロモーション)


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります※

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました