【鹿島アントラーズ】大量入れ替えの常勝軍団

スポンサーリンク

鹿島アントラーズといえばJリーグの王者と言っても良い存在です。

Jリーグクラブの中でタイトルの獲得数は圧倒的に多く、常勝軍団というイメージが強いです。

だからこそ、今年の天皇杯決勝は僕にとって衝撃的でした。

あの常勝軍団がなすすべもなく敗れてしまった…

ヴィッセル神戸も強かったですが、タイトルがかかった試合で鹿島を弱いと思ったのは初めてのことでした。

昨年は、リーグ戦でも上位争いをしながら終盤にまさかの失速。一時は首位に立ったこともあったのにあっさりとその座を明け渡す…

そんな鹿島アントラーズが、今シーズンは指揮官も新たに大量の選手を入れ替え再出発。

平成から令和に代わっても常勝軍団鹿島アントラーズが変わらずに王者に君臨することができるのでしょうか?


鹿島アントラーズの今シーズンはどうなる?


海外移籍が多発したここ数年

選手の海外志向が強いのと、鹿島の選手にオファーがくるのだから仕方ない面はありますが、ここ数年の鹿島はとにかく選手の海外流出が多いですよね。

柴崎岳選手のスペイン移籍に始まり、昌子源選手や植田直通選手といった主力が相次いで海外移籍。

昨年は、鈴木優麿選手・安部裕葵選手・安西幸輝選手の3選手が同時期に海外に移籍しました。

ディフェンス陣のリーダー格をほぼ同時に失い、主力として期待されたエース候補に背番号10を失い、補強したSBもすぐに海外へ。


大岩剛前監督の手腕が疑問視されていましたが、これだけ移籍されたら誰が監督やっても結果は大きく変わらないのではないでしょうか?

主力クラスが次々に移籍していったこと自体も鹿島にとっては厳しかったですが、生え抜きの主力は移籍したことで『ジーコイズム』と表現されている鹿島アントラーズのクラブとしての風土も色が薄くなってしまったのかもしれません。

特に、小笠原満男選手が現役を引退してしまった昨シーズン・主力選手の中で鹿島イズムが体に染み付いていた選手は土居聖真選手くらいだったのではないでしょうか。

思い返すと、スタメン選手が生え抜きより移籍組が多い鹿島アントラーズってあまり記憶にないんですよね。

あまりの移籍ラッシュに、クラブの風土も失われつつあったのかなと感じます。


大量の入れ替えでショック療法なるか?

殆どオフがなく昨日から新シーズンがスタートした鹿島ですが、今シーズンは13人の選手が新入団。

監督もブラジル人のザーゴ氏に変わり、選手も入れ替え。

何かを変えなればいけないとクラブが感じたのだと思います。

特にディフェンス陣を中心に補強。SBに永戸勝也選手・広瀬陸斗選手・杉岡大輝選手を、CBに奈良竜樹選手を獲得。

これにより、昨シーズンはチーム事情からSBでプレーしていた永木亮太選手が本来のボランチでのプレーが可能になります。


また、中盤には和泉竜司選手を、新外国人はMFに1人・FWに1人。ここに特別指定選手だった上田綺世選手。

過去のJリーグ各クラブのパターンだと、大量の選手入れ替えは上手くいかないことの方が多いです。

特に今シーズンの鹿島はオフが全くないといっても良い状況なだけに、公式戦をこなしながらチーム作りをしていかなければいけません。

夏場にオリンピックの中断期間がありますが、それまでの間、どのようにチームを作っていくのか?ザーゴ新監督の手腕が期待されますね。


逆境は続くがピンチはチャンス

殆ど準備する間もなく迎えた昨日のACLプレーオフ。

鹿島はJリーグクラブとして初めてのプレーオフ敗退という屈辱を味わうことになってしまいました。

その数日前にはセルジーニョ選手の中国2部リーグ移籍が発表され、ザーゴ新監督も前所属クラブと契約に関する揉め事を抱えている状態…

鹿島にとって次から次へとネガティブな話題が続きます。


しかし、個人的にはACL本戦に進まなくて良かったのではないかと思います。

四冠の可能性は消滅しましたが、ACLがなくなった変わり(とう表現は良くないかも?)にルヴァン杯を予選から戦うことになります。

移動も少なく、国内のチームと戦う機会が増える事はメリットの方が大きいのではないでしょうか?

ザーゴ新監督も相手のJリーグの他クラブのやり方がわかるし、国内でしか移動もないのでコンディションもACLと並行するよりは整いやすいです。

ルヴァン杯の予選で色んな選手を試すこともできるでしょうし、考え方によってはラッキーなのかもしれません。


常勝軍団的にはプライドが許さないかもしれませんが、令和の時代も常勝軍団でい続ける為の準備期間と捉えて、このピンチをチャンスに変えていければ良いと思います。

逆境を跳ね返せるだけの哲学は持っているクラブだと思いますので。


気になるのは、昨シーズン途中から経営権を取得したメルカリがどれだけ我慢できるのかというところ。

メルカリに変わったらアントラーズは弱くなった

この一言だけは絶対に言われたくないと思うんですよね。

ですが、普通に考えて、少なくとも今シーズンの序盤から中盤くらいまでは上手くいかないことの方が多いと思います。

この期間をメルカリが我慢できるか?我慢できずにチーム強化にも口を出すようになっていくのか?という部分にもちょっと注目しています。


憎たらしいくらいに強かった鹿島を取り戻すことができるのか?鹿島アントラーズの2020年シーズンが始りました。


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります※

にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました