【働き方改革】残業好きな人への対応?について

スポンサーリンク

今日のヤフーニュースで面白い記事を読みました。

残業好きもいる 改革への疑問

ということで、仕事が趣味みたいになっていて残業してでも長時間働きたいと思っている人や、中途半端な状態で終わらせたくないのでどうしても残業が必要な人に対して時間外労働をなくすという施策はいかがなものかという内容でした。

価値観が違うとか云々…


はっきり言って、時間外労働に対して賃金が発生する以上は『残業好き』という物の考え方自体がアウトなんですよね。

価値観云々の話ではないと思います。


時間外労働を減らそうというのは、何がなんでも残業ゼロと言ってるわけではないと思いますよ。

その日のうちに終わらせなければいけない仕事は残業してでもしなければいけませんが、次の日でもいい仕事のためにわざわざ残業してまで働くのはやめましょうという話だと思います。

例えば、『今日中にキリがいいところまで終わらせよう』というのは、どちらかといえば『しなければならない仕事』に分類されると思います。キリの良いところまで終わらせることでミスも減りますし、次の日は別の案件がこなせますから好影響です。


ですが、『プラスαでする仕事』とか『だらだら働くのが好き』で残業するのはNGだと思います。

プラスαで仕事をすることは会社にとって利益を生むかもしれません。ですが、そのために時間外労働をするのが良い時代ではなくなっているのが現状だと思います。

プラスαがしたければ、通常の業務を早めに終わらせた上で業務時間内に行うようにする。その上で、プラスαの部分が会社の利益になるのであれば、ボーナスを増やすという形で社員に還元する。

個人的に思うのですが、時間外でプラスαの仕事をするって実は誰でもできることだと思うんですよね。やるかやらないかだけの話であって…

仕事が好きなのは素晴らしいことだと思いますが、だからと言って時間外労働を認めて下さいってのは違うと思います。むしろ、仕事が好きだからこそ『時間内』で周りの人達より結果を出して下さいと言いたいです。


ダラダラ働くのが好きというのは論外で、正にそのような働き方はやめましょうというのが働き方改革の発端な筈です。


記事内に『残業代はいらないから残業させてほしい』という意見もあるとか書いてありましたが(本当にそんな意見があるのか疑問ですが)、そういう人には個別の契約内容に『残業しても残業代は一切いただきません』という条項を追加すればいいのでは?

どこかで絶対に揉めると思いますけどね…


記事には、残業好きな人は社内でも少数派的なことも書かれています。

冒頭でも書きましたが、時間外労働賃金が発生する以上は価値観云々の話ではないと思います。

残業好きという考え方を変えていくことが働き方改革だと思いますよ!


格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります※

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました