【新型コロナウイルス】デマ情報でトイレットペーパーが売場から消えた

スポンサーリンク

政府の要請により、3月2日から全国的に公立学校が春休みを前倒しする事態まで発展した新型コロナウイルス

政府が初動に失敗したとか、満員電車を規制しなければ意味がないとか色々批判されていますが、感染拡大しないようにする為に何かしらの対策は打たなければいけないと思います。

正しいかどうかは分かりませんが、学校で感染者が出てからでは遅いということなのかなと思いました。

インフルエンザ患者が学校で出ると学級閉鎖するように、今回は発症のリスクを考えた上での学級閉鎖だと思って下さい的な報道を見て、個人的には今回の措置には納得です。


急な決定なので、子を持つ親への対応をどうするのか?という混乱が起こるような報道もありますが、それは企業側の問題だと思いますよ。

毎年、子ども達は夏休みという長期休みがあるわけで、各企業が子ども達の夏休み中にしている対策をそのまま当て嵌めればいいはずなのですが…

普段、各企業が何もしていないから今回だけ何故か子を持つ親に対する補償問題が出てくるんですよね。

本来は、学校関連の会社や従業員に対しての補償だけでいいはずなのですが…


さて、話は変わりますが、またしてもコロナウイルス関連のデマが発生してしまいました。

悪質なデマには怒りしか湧きませんが、受け取る側も冷静に判断しなければいけませんね。


デマ情報でトイレットペーパーが売場から消えた…


何故トイレットペーパーがなくなったのか?

今回のデマ情報は、マスクに続いてトイレットペーパーやティッシュペーパーが不足するというもの。

理由は、トイレットペーパーやティッシュペーパーは中国で作られているため輸入されてこなくなるからだそうです。

※実際はほぼ100%国内製造なので、なくなることはありません

普段、トイレットペーパーやティッシュペーパーがどこで作られているかなんて知ってる人は少ないですからね。そのような情報が出回ったところで、本当か嘘かを瞬時に見抜ける人は少ないと思います。


でも、焦って買う前に確かめることはできるかなと思うんです。

例えば、店員さんに「今後、紙類は入荷してこないの?」とか聞けば良いんです。もし本当に入荷未定になる可能性があれば、各店舗には本社から連絡が既にきている筈ですし、1人1個までとか規制されてる筈なので…


その後、業界からの広報やニュースなどでもデマ情報なので安心して下さいという声が聞こえてきて一安心と思いきや、今回はその後も購入する人達が後を経たない状況です。


デマ情報と分かっても購入者が後を経たない理由

それにしても、今回はデマ情報と報道された後も購入者が減らない理由は何故なのでしょうか?

ちなみに、昨日も今日もマスクだけではなくトイレットペーパーを求めてドラッグストアには開店前に人が並んでいた店舗も多かったようです。

考えられる理由は、いくつかありますが

・平日の仕事帰りに買いにきても在庫があるか分からない

のが大きな理由かと思います。


店舗側が月曜日には入荷するからと言ったところで、夕方まで残っているか保証がない。だから休みのうちに買っておこうということだと思います。

マスクで懲りてる方も多いと思いますので、トイレットペーパーではマスクと同じ失敗はしないぞ!というところかと…

また、入荷すると言っても、どのくらいの量が入荷するかも分からない。いざ必要な時に買えないのは困るので、現在の在庫がなくなる前にとりあえず買っておこうと考える方も多いかと思います。


トイレットペーパーは絶対に使うものですので、家に在庫を抱えていても問題ないんですよね。だからこそ安心して買い溜めができるのでしょう。

デマとはっきり分かるまでは仕方ないかもしれませんが、デマと分かった上にすぐに供給できますと業界が言ってる訳ですから、もっと冷静になりましょう。


今回のデマ情報を見ている限り、PCR検査の拡大は危険だと感じる

今回のデマを受けて、恐らくは来週の半ばくらいまではトイレットペーパー争奪戦が続くのではないかと思っています。

週明けからは週末に買えなかった人が買い溜めに走るような気がするので…


このような状況を見ていると、盛んに言われているPCR検査の範囲や量の拡大もやらない方がいいような気がします。

現在は保健所を通してしかPCR検査がされないために、新型コロナウイルスかどうかを調べる機会自体が少ないことが批判されています。

民間での検査を可能にすることで検査数が増えて、新型コロナウイルスに感染してるかどうかの判断をしやすくなるとか、正しい患者数を把握できるとか言われていますね。


でも、デマ情報と分かった後も沢山の人がトイレットペーパーを買い溜めする様子を見ていると、検査にしても本当に必要な人を遥かに超える人数の「とりあえず検査して下さい」という人で病院がごった返すことが容易に想像できます。

咳が酷いから検査してくれとか、前に検査してもらった時より体調が少し悪くなった気がするから再検査してくれとか、、、

その前に、健康体だけど検査してくれって人が次々に病院を訪れるでしょうね…

病院や医師が検査を拒否しようものなら病院内に怒号が響いたりするんじゃないのかな…


今回のデマ情報もそうですが、この1ヶ月間の情報流通や人の動き、街中インタビューなどを見ていて思うことは、得た情報を鵜呑みにせずに自分自身でしっかりと精査することの重要性を再認識しますね。


格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました