【なでしこジャパン】シービリーブスカップは3戦全敗

スポンサーリンク

ここ最近、少しづつ声高に叫ばれるようになった

東京オリンピック延期

WHOがパンデミックを宣言し(今更感満載な上に、だからどうせよって感じですが)、国内でも海外でも増え続ける新型コロナウイルス感染者。

状況的に約半年後のオリンピックが開催されるのか、少しづつ不安になってきつつありますね。


東京オリンピックに出場が決定している女子サッカー・なでしこジャパン

アメリカで行われているシービリーブスカップに参加しました。

世界の強豪と戦い、オリンピック本番前の貴重な公式戦の場でしたが、結果は3戦全敗。

公式戦ですので、負けてしまう事自体も残念ですが、それ以上に内容がない試合だったというべきか…

本番半年前とは思えないチーム状況に、不安が大きくなるばかりですね。


なでしこジャパン・シービリーブスカップ全敗


今回の試合結果

日本 13 スペイン

日本 01 イングランド

日本 13 アメリカ

3試合で2得点7失点は寂しい限りですね。


世界との差は集中力だけ?

今大会を終えての高倉麻子監督のコメントを聞いてびっくりしました。

大会を通して集中力が欠けている部分があった。集中力さえ戻ってこれば戦える

というようなことを仰っておりました…


まず、公式戦にも関わらず集中力を欠くってどういうことなのでしょう?

それって『選手としてどうなのか』ってレベルの話ですよね…自分で選んだはずの代表選手達のレベルがその程度ってこと?

そうであれば、選手選考から間違っているのでは?

恐らくは、シーズン前なのでコンディションが充分ではなかったということを仰っているのでしょうが、それにしてもこの発言はファンとしてはがっかりです。


コンディションが問題だったとしても、この3戦は

相手にプレッシャーをかけられる→余裕がなくなり自陣でミス→失点

という場面が本当に多かったです。

ここに関しては、コンディションとか集中力とかの問題ではなくて、基本的な戦術の問題なのだと思いますよ。

相手にプレッシャーをかけられた時のボールの動かし方や動き方の約束事がないのでしょう。個人の判断に委ねられているように見えるので、全体的にバタついてしまってるように見えました。

チーム戦術がないはずなどないと思うのですが…第2戦終了後の記事を見ると、本当に選手任せなのかと思ってしまいます。


最終ラインの設定は選手で考えてる?

第2戦、イングランド戦でCBコンビを組んだのが三宅史織選手と土光真代選手。

試合終了後のインタビュー記事(Webスポルティーバ)で

・自分達は前からいきたかった

・細かいラインコントロールをやればこれだけできるんだと見せたかった

・自分達は繋ぐのが持ち味なので

ここで言う『自分達』がチーム全体のことを言ってるのか、CBコンビ2人のことを言ってるのかは分かりませんが、文面から察すると『私達2人』という意味かと思いました。

つまり、少なくともこの試合においては最終ラインの高さをどうするかはCB2人の判断に委ねられたことになります。


『最終ラインをどの位置に設定するのか』という戦術の基本的な部分の取り決めがチームとしてされていないことの象徴だと思いました。

CBコンビによって最終ラインが高くなったり低くなったりすれば、その度に守備のスタート位置も変わってきますし、守り方や奪った後の攻撃方法も変わってきます。

そんなチームなど見た事がありません。即席チームならまだしも、同じ監督が4年近く率いているチームとはとても思えないんですよね。

で、負けたら自分達のミスで負けてしまったとか、やってはいけないミスをしてしまったとか監督に言われてもね…ミスはあったけど自分達で考えてチャレンジしたことは良かったって言われるならともかく…


本当にチームで話し合われているのか

高倉監督就任後、僕はずっと思ってるのですが…

この監督さん、選手達には唯一、自主性だけを求めてるのではないでしょうか?

どうしたら勝てるのか?自分達の強みはどこで弱みはどこなのか?自分達に足りないものは何なのか?という事を絶えず考えて練習しなさいって言ってるだけなのかなと想像します。

育成年代で結果を残してきた監督さんですから、らしいといえばらしいんですけど…A代表の監督がそれでは困ります。


チームとして話し合おうにも、ベースとなる戦術の形が全く見えてこないので(強いて言うなら後ろから繋ぐこと)何を話し合えばいいのか分からないと思います。

葉や花の部分は選手達の自主性だとしても、幹や枝の部分は監督が決めないと…そうでなければ『監督』ではなく『引率者』になってしまいます。


選手達も毎度のように『世界との差を痛感した』とお決まりのセリフを言ってるのも気になります。

正直言って、チームとしての体をなしていないような気がします。

オリンピックまで約半年、チームが既に内部崩壊していなければ良いのですが。。。


子供たちの「心に体力を。」リベルタサッカースクール


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました