【中日ドラゴンズ】開幕時の先発ローテーションを考える

スポンサーリンク

今日、オープン戦の最終戦が行われたプロ野球

中日ドラゴンズも千葉ロッテマリーンズと最終戦を行いました。

オープン戦終盤になり、打順を変えたことで少しずつチームが上向きつつあるのかなと思います。


3月20日の開幕が延期して、今のところ開幕日が決定していない状況ですが(4月10日開幕説がありますが今のところ決定してないです)、しばらくは3月20日開幕の日程に合わせたカードの練習試合を行うのではないかとのこと。

そう遠くないうちに開幕するとは思いますが、今回は中日ドラゴンズの開幕ローテーションを考えてみたいと思います。


中日ドラゴンズ・開幕ローテーションを考える


報道では先発は豊富と言われている

新聞報道などでは、先発投手陣は豊富にいると言われていますが…

その割にはロメロ投手が怪我で離脱して以降は、一気にローテーションピッチャーを6人揃えるのが苦しくなってきてるような気がします。


5イニング以上投げられるピッチャーは何人もいると思いますが、先発ローテーションピッチャーとして勝てるピッチャーが何人かいるかと言われると、少し人材不足なのかなという印象です。


現在決まってるローテーション投手は?

確実に決まっているのが2人。

・大野雄大投手

・柳裕也投手

大野投手は開幕投手を指名されていますから間違いないですよね。

オープン戦ではあまり良い結果が出ていませんが、首脳陣からの評価は変わらないようですから決定。

大野投手同様、柳投手も首脳陣の評価は高そうですよね。オープン戦でも、投げるたびに良くなってきてる印象ですし、2年連続2桁勝利を期待したい投手です。


この2人+ロメロ投手を加えた3人は早い段階で決まっていたと思いますが、ロメロ投手が離脱したことで残り4人もの投手を揃えなくてはいけなくなりました。


残る4人は消去法で決まり?

残る4枠の中で、当確に近いのが

・小笠原慎之介投手

2018年の開幕投手を務めた投手ですし、力はあるはずです。長いイニングを投げる体力もあると思います。


残り3枠を巡る争いですが、争いというよりも残る枠を争える投手が

・山本拓実投手

・吉見一起投手

・岡野祐一郎投手

・梅津晃大投手

この4人しかいないんですよね。強いて言えば、ここに山井大介投手が加わるくらいでしょうか。

3枠を4人で争う上に梅津投手は肘の張りから復帰してきたばかりです。

オープン戦の使われ方から、山本投手と吉見投手も恐らく先発ローテーション決定で、最後の1枠を岡野投手か梅津投手のどちらかが担うことになるのではないかと予想します。


やっぱり、報道されてるよりは層が薄いと感じてしまいますね。


勝てる投手が見当たらない

何とか6人揃いそうな先発ローテーション。

ですが、この中で勝てる投手が何人いるかと言われると…

柳投手くらいかなと思ってしまうんですよね。


大野投手も怪我さえなければ年間を通してローテーションを守ってくれると思いますが、彼の場合は10勝しても10敗する投手ですので、勝てる投手かと言われるとちょっと違うかなと思います。

大野投手は、年間通して安定して長いイニングを投げてくれるのが特徴です。『勝てる投手』というよりは『ローテーションを助けてくれる投手』だと思うんですよね。


残る投手達は投げてみないと分からないので、現状・勝てる投手がいないのが本当に寂しいです。

さらに、大野・柳両投手以外の先発投手陣は長いイニングを投げることができるかも微妙なのも気になります。

小笠原投手は大丈夫だとしても、残る3投手は6イニングくらいが限界なのかな?と思います。

中継ぎ投手陣を酷使しなければいけない状況も懸念されますし、中継ぎにも長いイニングを投げられる投手が必要になると思います。


全体的に悲観的な内容になってしまいましたが、開幕ローテーションの予想です。

下には笠原投手や福谷投手などもいますし、先発投手陣が大活躍してくれるといいですね!!


【DAZN】好きなスポーツを、好きな方法で、好きなだけ


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました