【新型コロナウイルス】体調不良の時は休むことが当たり前の社会へ

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染者数、勢いが落ちないどころかどんどん増えて言ってる印象ですね。

安倍首相の会見では、感染者の8割が軽症とのことで高齢者や何かしらの疾患を抱えていなければ、ある程度は大丈夫なのかなと思います。

後は、1日でも早くワクチンや薬が開発されてくれる事を祈るばかりですね。


ここ数日の感染者報道で気になるのが

発熱や咳などの症状が出ていたにもかかわらず出社していた

という人が多いことです。

NTTドコモのコールセンターで5人の方が感染したという報道がありましたね。

コールセンター内でクラスターが発生していたのか、それとも別に原因があるのかは分かりませんが、確実に言えることは体調不良だけれど出社していたということです。


これだけ注意を呼びかけているのに、なぜ体調不良でも出社してしまうのでしょうか?

1日でも休んでしまったら会社が回らない?

1日休んだらクビになってしまう?

休むことで他の人に迷惑をかけてしまう?

色々理由があるとは思いますが、結局は『体調不良ごとき』で休む事を良しとしない社会に問題があるんです。


生活してれば誰だって風邪をひくことはありますよね。風邪をひかない人の方が希なんです。

風邪をひくのは普通のことなんですが、その『普通のこと』であるが故に風邪ひいて休むことができなくなってるように思います。

誰だって体調不良になることがあるんだから、それくらいで休むなよ

みなさんの会社にも、そんな事を言う人がいるのではないでしょうか?持病を抱えていたりして、体調不良を自慢する人とか…


本当におかしな話なのですが、実は『風邪で休むことが悪だ』という風習はどこにもありません。学校にも会社にも、そんな風習はないんですよね。

『体調が悪いのであればキチンと休んで治してください』という会社も結構多いと思います。

にも関わらず休めないのは

出社(登校)するのが当たり前

という考え方が有るからです。

当たり前=普通のことであり、『みんなが出社しているのだから自分も出社しなければ』という日本人特有の概念が体調不良でも出社してしまう1番の要因ではないかと思います。


スポンサーリンク

もう1つは、休むと周りの人に迷惑がかかるというもの。

ですが、実際には迷惑がかかること以上に、周りに何を言われるか分からないという感情があるのではないかと思います。

みなさんの会社に、Aさんが休むと『大丈夫かなぁ』と心配するのに、Bさんが休むと『休みやがって』とか言ってる人達っていませんか?

体調不良で休んだだけの事で陰口叩かれてしまっては、たまったものではありませんよね。

そして、このような場面を見ると

自分が休んだ時も誰かに陰口叩かれるのではないだろうか?

休むことが原因で、会社での業務に支障が出てくるのではないか?

とか要らぬ心配をすることになり、それが体調不良でも出社させる要因になっているような気がします。


それ以外にも、重要な案件を抱えているので休めないとか、特に非正規の方は収入が減ってしまう・クビになってしまうなどの恐怖心から出社せざるを得ないこともあると思います。

ですが、これって全てコミュニケーションで解決できることなんですよね。

上長側から部下に対して日頃から積極的にコミュニケーションをとることによって、部下も色んな事を相談したり話やすくなったりするんです。

その結果、仮に休んでしまっても上長がしっかりフォローしてくれるという安心感が生まれるし、だからこそ体調不良にならないように健康に気をつけようという意識もより芽生えるのではないかと思います。


体調不良でも休むことができないのも、会社のコミュニケーション不足を露呈している証拠なのかなと感じるこの頃です。

今回のコロナウイルスを機に、体調不良であれば休むという当たり前のことができる社会になるといいですね。


エックスサーバー


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました