【愛知県・岐阜県が非常事態宣言】気になる国と地方の温度差

スポンサーリンク

緊急事態宣言が発令されて初めての週末を迎えます。

ここ数日、東京都と国の休業要請に関する調整が話題になっています。緊急事態とか国難と言ってる割には何を揉めてるのかという印象です。

そもそも、時間をかけて専門家の意見を参考にしながら決定したはずの緊急事態宣言ですが、事前に都道府県には何も通達していなかったように見えます。

『緊急』ですから事前通知などするわけないのかもしれませんが、県によっては今のところ特に何も動いていない地域もありますし、危機意識の差が緊急事態宣言対象地域によっても随分違うと思います。


違うと言えば、国と地方の温度差が随分違うと思いませんか?

危機感を持っている地方に対して、国はもの凄く慎重に動いてるように見えますよね。

この差は一体何なのでしょうか?


新型コロナウイルス対策・地方と国の温度差

愛知や京都は緊急事態の地域ではないと評価

国に緊急事態宣言の地域に入れてもらうよう要請したのが

愛知県京都府


愛知県は再び感染者数の増加ペースが増えてきているのと、『コロナ疎開』で東京や大阪から名古屋に人が流れてくる可能性があります。

京都も大阪の隣ですし、観光地でもあり学生の街でもあります。

京産大の飲み会クラスターが発生するなど、特に若い人達に向けて危険を認識してもらうためには、国に緊急事態対象地域に含めて貰うのが得策と考えたのかもしれません。


地方都市では、岐阜県も独自の非常事態宣言を発令。三重県も東海地域で足並みを揃えるために独自の宣言をしました。


ところが、国は愛知や京都は現時点で緊急事態宣言の対象地域ではないと説明しています。

『評価に値しない』という表現はいかがなものかと思いますが、どうやら専門家の意見を参考にした結果、地域に含めるほどの感染拡大ではないとの判断のようです。


宣言後、1週間も経っていないのに地域を拡げることはできないことはよく分かります。

ですが、地域が緊急事態と判断して、国にSOSを出して欲しいと頼んでいるわけです。

地域独自の宣言でも効果はありますが、国が宣言地域に加えることで一層の自粛効果は生まれると思うんですけどね。


補償が伴う宣言ならともかく、現時点で国は補償はしないと言ってるわけですから、宣言地域に加えるくらいはいいのではないでしょうか?

国民も、いきなり地域を増やしたところでバッシングする人は殆どいないと思いますよ。


国の本音は『地方がある程度独自でやってほしい』では?

西村経済再生大臣は、各地域が独自で宣言などの取組をしてくれることを肯定的に捉えるような発言をしていましたが、そもそも国が何もしてくれないから独自に取り組んでるんですよね。


昨日も、山梨県の富士吉田市が全市民に1万円支給することを決めたという報道がありました。

東京都も休業要請に対する協力金を支給するようですし、静岡県御殿場市も具体的な補償の話が出ています。


岐阜県は昨日の非常事態宣言により、今後は学童保育や保育園などにも休業要請をしていく方向で動くみたいですし、休業要請に関しても国が緩やかなのに対して地方は厳しめになっているような気がします。


財務大臣が『東京はカネがあるから』と言ってみたり、複雑な30万円給付金制度を作ろうとしてみたり…

『すみやかに』という言葉を連発しいている割には、マスク2枚以外は一向に決まらない国の政策。

地域によって感染格差がある以上は全国一律は難しいもかもしれませんが、だったら『都道府県知事に任せる』と一言言えばいいのではないかなと思います。


国に比べれば地方の方が小回りが効くのは間違いないので、もっと地方に任せてしまって、国は必要な額の補助金のみ出すような形にしてもいいと思います。


国も本音は『各地方で独自に取組んで下さい』って感じなのではないでしょうか。

国難と言ってる割には、2月末の全国一斉休校以来は特に大きな政策はないように感じます。


地方が主役になるチャンス!!

個人的に、今回のコロナウイルスは地方自治が国内政治の主役になるチャンスというか分岐点なのではないかと思います。


全国のことを考えて一部地域のみの要請には答えられない国に対して、地方は各々の地域のことだけを考えればいいので、地域に沿った対策をスピーディーに立てられます。

それが今回はとても顕著に現れているように感じています。


昨日も同じ表現をしましたが、今後は国が地方の後方支援に回る形をとって、各地方がこれまで以上に独自に様々な取組をしやすい環境になったほうがいいのではないかと感じています。

国には大枠だけを決めてもらって、細かいところは地方が決める。

これまで以上に地方に権限を与えたほうが、国も国がしなければならないことに集中できるのではないでしょうか?


もしかすると、令和の時代は地方が本当の主役になる時代になるのかもしれませんね。




※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました