【岡江久美子さん死去】何故多くの有名人が新型コロナウイルスに感染するのか?

スポンサーリンク

昨日、女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルスによりお亡くなりになりました。

志村けんさんに続き、芸能人2人目の新型コロナウイルスによる訃報になりました。


報道によると岡江さんは今年の1月末から2月半ばにかけて放射線治療を行なっていたとのことで、免疫力が低下していたのが原因ではないかということです。

事前の報道が何もなかったので本当に驚きました。

今月3日に発熱、6日に容体が急変して緊急入院ということで、志村けんさんと似たような経緯です。

新型コロナウイルスは、それまで平気でも急に病状が悪化するとのことですから本当に恐ろしいウイルスです。

今回の報道を受けて、自分だけは大丈夫とパチンコ店などに足を運んでいる人達にウイルスの恐ろしさが届くことを願います。


亡くなった志村さんや岡江さんだけでなく、新型コロナウイルスに感染する有名人が本当に多いなという印象です。

昨日は、フリーアナウンサーの住吉美紀さんも陽性が判明。数日前にも、フリーアナウンサーの赤江珠緒さん(旦那さんが既に感染されていました)の感染も発表されました。

石田純一さんや宮藤官九郎さん、スポーツ界でも阪神の藤浪晋太郎選手やヴィッセル神戸の酒井高徳選手など、本当に数多くの有名人の感染が発表されています。


有名人だからこそ大きく報道されるわけですが、何故有名人の感染がこんなにも多いのでしょうか?思いつく原因を考えてみました。



1)TV局が三密になっている

先日のTV朝日の富永悠太アナウンサーが感染した時に書いた記事でも同じことを書きました。

『スタジオ』という密閉空間にスタッフや出演者という大人数が集まり、トークをすることで飛沫が大量に飛ぶ

最近、BSのTV番組をみていると、コメンテーターや司会者の間にアクリル板のようなもので衝立を作って飛沫が飛んでいかないように工夫しています。

そこまでするならスタジオにゲストを呼ばなくてもいいのではないかと思いますが、予算がありますし全員がテレワーク出演ともいかないのでしょう。

TV局のスタジオより狭いラジオ局のスタジオは三密がより濃い空間になっています。その中でお仕事をされている有名人の方達は、感染のリスクが高い職場で働いているということでしょう。



2)不規則な生活が免疫力の低下を生んでいる

芸能人やアナウンサー、TV局で働いている方達不規則な生活を送っている方が多いと思います。

早朝から収録だったり、夜中まで働いたり。

サラリーマンのように規則正しい生活が送れることなどありません。特に朝の情報番組や夜のニュースに出演されている方は、その上で他の仕事があったりすると寝る間も殆どないと思います。


生活が不規則になると、食生活も乱れます。外食や中食・お弁当が多くなりますので栄養もバランス良く取ることができません。

このような生活習慣が免疫力の低下を生み、コロナウイルスに感染しやすくなっているのではないでしょうか?


3)移動が多い

緊急事態宣言が出てからはテレワーク出演者が増えたと感じますが、有名人の方達は東京だけで仕事をしているわけではありません。

大阪や名古屋などで仕事を持っている方も多いですし、ロケや公演で全国を飛び回る方も多いです。


移動が多いということは、それだけ感染リスクも高くなりますよね。

プロ野球やJリーグが開幕や再開できない理由は、観客を入れて試合ができないことだけではありません。

移動することで、選手やスタッフが感染するリスクが高くなることも大きな理由の1つです。


石田純一さんが仕事のため沖縄に行ったことが話題になりましたが、仕事であれば県間移動もしなければいけません。

ですが、サラリーマンのように基本は家からオフィスに移動するのではなく、毎日のように違う現場に移動しなければいけないのが有名人の方達です。

移動の多さも有名人の感染が多い理由だと思います。


TVで見ている有名人がコロナウイルスで亡くなったり、コロナウイルスに感染したというニュースは本当に悲しいです。

現在、テレビドラマの撮影がコロナウイルスの影響で中断しているそうですが、バラエティ番組なども一時的に休止してもいいのではないかと思います。


TVに携わる人達は厳しい環境で働いてる人達が多いと思いますし、そのような労働環境がウイルスに感染しやすくなっているのではないかと思います。

TVが報道番組ばかりでもつまんないですけど、悲しいニュースが続くのであれば、1週間くらい再放送ばかりの週があってもいいかなと個人的には思います。


スポンサーリンク


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました