【緊急事態宣言延長濃厚】全国一斉延長の可能性高まる

スポンサーリンク

昨日から本格的にGWに入りました。

今日明日は営業日ですが、コロナウイルスの影響もありお休みになった方も多いのではないかと思います。

東京は来月6日まで『ステイホーム週間』と定めて自粛を頑張っています(自粛を頑張るって、よ〜く考えたらおかしな言葉のような気もするけど)

大阪府を皮切りに全国的に休業要請に応じないパチンコ店の名前を公表するような動きも広まっていたり、新幹線の入り口で検温がされていたりなど、今年のGWはいつもと景色が完全に違っています。


4月7日に7都府県に発令され、10日後には全国に範囲が拡大された緊急事態宣言。予定では1週間後までが期限となっていますが、やはり期限は延長される見通しのようです。


緊急事態宣言の延長濃厚。一律か限定的か?期間は?


首相も専門家も宣言解除は厳しいという見解

昨日の衆議院予算委委員会で、安倍首相は6日までが期限となっている緊急事態宣言の解除は厳しい状況だとの認識を示しました。

専門家の意見も踏まえて最終決定するとのこと。5月1日に専門家会議が開かれますので、その後すぐに延長決定となるのかどうかは分かりません。

今日の話では学校の休校期間についてはその日のうちに首相が会見を開いて話をするような段取りで進んでいるようですが、緊急事態宣言そのものについては、今のところ5月5日までに決定する予定とのこと。


首相が厳しいと言っている以上は延長濃厚なのでしょうが、延長するにせよ終了するにせよ、GW後半戦に気の緩みや自粛疲れから人が移動してしまわないように気を配らなければいけません。そう考えると、宣言自体をどうするかという最終判断はギリギリにならざるを得ないのかなと思います。

だったら、最初から5月10日までにしておけばよかったと思いますが…


首相は厳しいという表現を使っていますが、専門家である日本医師会の横倉義武会長は『一斉解除はできないと思う』とはっきり仰っています。

東京や大阪、福岡などで感染者が増えているのが理由だそうで、

・新たな感染者が減っていく

・1人の患者さんから伝染する数が少なくなっていく

のが解除の条件という見解を示しました。

また、専門家会議の釜萢理事も、個人的な見解とした上で『宣言解除は難しい』との判断。目標である人との接触8割削減が達成できていないのが理由の1つということで、全国で延長が必要なのではないかとのこと。


政府も専門家も難しいと言っているので、残念ながら延長は間違いないと思います。


全国で延長なのか、限定的な延長なのか?

昨日の全国知事会では、全国一律の緊急事態宣言延長の政府への要請は延期となったようです。

理由はやはり、地域によって感染者数や医療現場の逼迫などの状況が違うためでしょう。

未だに感染者0人の岩手県や、感染者数がずっと少ない都道府県からすると感染者数が多い地域と同様に自粛のお願いをし続けることに疑問を持ってもおかしくはないと思います。


報道によると、延長は地域限定案もありますが全国的に延長案の方が大きいような感じですね。

全国一律で緊急事態宣言を出した理由の1つが『県間の人の流れを止める』だったと思いますので、地域限定にしてしまうと結局は宣言地域内の人達が地域外に移動してしまい、そこで感染爆発が起こる可能性があります。

北海道が再び感染者数が増えた理由に東京から北海道に遊びに行った人もいるという話もあるのだとか…

全国的に自粛要請していても『店が開いているから』という理由でパチンコ店に行ったり、『予約してしまったから』という理由で沖縄にいく人達がいる現状です。

残念ながら人の流れを止めるためには全国一律でないとダメかと思います。


スポンサーリンク

いつまで延長するのか?

PCR検査をした結果の感染者数は減ってきているので、自粛の効果は出てきていると思うのですが、病院の入院者数はそれ程大きく変わっていないのが現状です。

また、退院するためにはPCR検査で2回続けて陰性という結果がでなければいけないため、入院患者が受けるPCR検査もあって中々新規の患者に対してPCR検査が適用できないことも増えてきているそうです。

そう考えると、自宅やホテルで待機している患者が結構いることが予想されますので、僕達が日々目にしている今日の新規感染者数って何なのでしょうか?


未だに検査体制の強化と言っている状況では(そもそも簡単に強化などできるのかな?)宣言期間延長もやむなしと思いますが、期間はどれくらいになるのでしょうか?

今のところ、5月末や6月の第1週という案が出ているようです。1週間程度という案もありましたが、昨夜くらいからこの案は聞かれなくなってきています。

GWの自粛効果が出るのが2週間後ですので、5月末までが良いのではないかと思いますがどうでしょうか?

上の項の横倉会長の述べたという解除条件、特に1人あたりの伝染する数が1人を切るをクリアしていることと、医療現場や検査体制の強化や入院患者数が減少されてこればという条件付きになるかもしれませんが…

6月に入っても自粛や休業要請が続けば、経済を持ち直すこともかなり難しくなってくるのではないかと思います。


延長するならキチンとした説明を

延長することは確実で、あとは期間をいつまでにするのかということでしょうけど、その際の説明はキチンとわかりやすくしてほしいですね。


なぜ延長なのか?

何を根拠に延長期間を決めたのか?

この先、どのようになれば再々延長もなく宣言解除されるのか?

ということを、具体的な数字も交えて説明してほしいです。そうでないと、段々と自粛が続くことに納得できない人達もでてくると思います。

『少しずつ自粛効果は出てきているので、もう少し頑張りましょう』みたいな抽象的な話や『全然目標達成できてないです』というような否定的な話だけするのはやめてほしいですね。


自粛生活はGWが明けても続く可能性が高そうです。

心身の健康に留意しながら、毎日の生活をしていくしかないですね。


ABEMA


※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました