【愛知県・大村秀章知事】県は月末まで緊急事態宣言継続!?県立高は1週間前倒し再開?

スポンサーリンク

昨日、39県で緊急事態宣言が解除されました。

その39県の中の1つが愛知県です。特定警戒都道府県に指定されていましたが、基準を満たしているということで宣言解除。

最近は感染者数ゼロの日も増えてきている愛知県。

僕の地元・東海地区の県なので、毎日のようにニュースで名古屋駅や中心部の栄の映像を見るのですが、本当に人通りが少なくて『あれが名古屋か?』と思うくらいでした。


そんな愛知県ですが、一昨日でしたか、大村秀章知事が緊急事態宣言が解除される見込みについて懐疑的というか、こんなにも早く解除されるとは思っていなかったというコメントをしていました。

これは何かありそうだぞと思っていたのですが…

やっぱり何かがありました。


愛知県は緊急事態宣言継続?でも学校は前倒し再開??


月末まで宣言継続で徹底的に押さえ込む

実は一昨日、大村知事は

国が宣言を解除しようが愛知県は独自で判断

という主旨の発言をしていました。


休業要請をしたり緩和したりするのは知事の権限と西村大臣が仰ってましたが、それは緊急事態宣言下の話ではないのでしょうか。

もちろん、県知事は都道府県の首長ですので県政の責任者です。緊急事態宣言があろうとなかろうと、県独自の政策はあっていいと思います。

ですが、国が愛知県の緊急事態宣言を解除したけれど、県としてはそんなの関係ないみたいな態度は県民を混乱に陥れるだけではないかと思います。


群馬県の山本一太知事が西村大臣に群馬県は宣言解除しないで欲しいとお願いしたことが話題になりましたが、大村知事も同じことすれば良かったんですよね。

例えば、そういった国へのお願いをしたけれど解除になったのであれば知事の言い分も分かるのですが、何もせずに愛知県は月末まで緊急事態宣言継続と言われても…


大村知事は『第2波、第3波に備えて今回は徹底的に抑えでこんでいただきたい』と仰っていました。

…ということは、愛知県は独自で強い自粛が続くのでしょうか?休業要請はどうするのでしょうか?

何だかよく分からないですね。


学校は1週間前倒しで再開!?

徹底的に抑えんでいただきたいという大村知事。

ところが、県立の学校は6月1日再開予定を1週間前倒して5月25日からスタートさせるのだそうです。

これに伴って、登校準備期間も5月21日から18日に前倒し。5月中は分散登校で、午前授業になるのだそうです。

愛知県は各自治体にも同様の措置を検討するように指示したとのこと。


『徹底的』に押さえ込むはどこにいったのかな?

学校は再開しても徹底的に抑え込める理由を教えてほしいですね。感染拡大リスクを考えて今まで休校にしていた筈なのですが…

大村知事は『子ども達の学習、学校生活を早く取り戻したい』と仰っているそうですが、たった1週間でそこまで大きく違うのかな…


現場の先生達は6月1日再開でスケジュールを組んでいた筈です。親も同様です。

たった1週間とはいえ、現場はまた練り直しですよね。

感染拡大で休校が延長になったとか、宣言の解除が1ヶ月以上早まったというのであれば変更も止むなしですけど、半月の前倒しです。

焦らなくてもいいと思うのですが…


スポンサーリンク

名古屋市は予定通り6月再開

昨日、名古屋市が予定通り6月から学校を再開する事を発表生活しました。

名古屋市は愛知県の感染者数の中からでも突出して多いですから、この決定には納得です。

名古屋市の河村たかし市長と大村知事は愛知トリエンナーレの件以来不仲だとか言われていて、今回の決定にも不仲が影響しているとか言ってる人がいますけど、不仲とか全然関係ないと思いますよ。


そもそも、小中学校や市立高校の管轄は市町村ですから、各市町村が感染状況などを考えて判断すればいいのです。

県も、各自治体に県立の学校に合わせろとは言っていません。県立の学校に合わせられるか検討して下さいと言ってるだけです。

6月スタートの方がいいと判断すれば県立高に合わせる必要はないのですが…忖度しちゃいますかねぇ…


一番困るのが、愛知県立の学校に通っている子と名古屋市立の学校に通っている子を持つ親ですね。

片や18日から学校再開、もう片方は18日以降もとりあえず家にいる状況になりますから、本当に大変です。

愛知県によると5月中は半日授業とのことなので、お昼ご飯の準備はしなければいけないのかなとは思いますが、細かい部分は決まっているのかな?タイムリミットは今日なのだけれど…


独自の宣言継続にどこまでの効果が見込めるのか?

月末までは県独自の緊急事態宣言を継続する愛知県。

宣言が解除されると法的な拘束力がなくなりますし、国の後ろ盾もなくなります。

その状態での知事のお願いにどれ程の拘束力があるのかは疑問です。

群馬県の山本知事が危惧しているのが正にこの部分なんですよね。


例えば休業要請を県がしたとしても、国の緊急事態宣言が解除されている事を理由に断る店舗や企業が出てこないか心配ですし、国か県のどちらに従えばいいのか分からないですよね。

普段の生活の中でも、緩和なのか強い自粛の継続なのか?県民間の見解の違いが自粛警察を生み出しかねません。


特に愛知県の場合、徹底的に押さえ込むと言ってる割に学校は前倒し再開するなど、徹底していないように感じるので余計に心配です。

結局は県民の頑張り次第になってしまうのでしょうか。

大村知事の言動を聞いている限り、愛知県は緊急事態宣言継続の方が良かったのではないかと思ってしまいますが、杞憂である事を願います。


エックスサーバー

※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 東海情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました