【ミズノのマスク2万枚完売】スポーツメーカーの相次ぐマスク販売

スポンサーリンク

アベノマスクが今週末から配達スタートした東海地区。愛知県と岐阜県での配達が始まったとのことですが、僕のと所には今のところマスクは届いていません。

岐阜県は岐阜市で感染者数が多かったですから、まずは岐阜市からということかもしれませね。

ニュースで郵便局の方が『待ちに待ったマスク』と仰ってましたけど、正直言って待ってないです…


ドラッグストアにも50枚入りマスクが並びはじめ、昨日コンビニのミニストップにも5枚入りのマスクが大量陳列されていました(岐阜県)

2月の終わりから4月の終わりくらいまで本当に手に入りづらかったマスクですが、もう大丈夫そうですね。


各企業が様々なマスクを販売していて、最近では冷えたマスクが話題になりました。

夏に向けて蒸れないマスクが求められているのですが、ここにきてスポーツメーカーが相次いでマスクを販売しています。


ミズノが水着素材を利用したマスクを販売。他社も追随

スポーツメーカーのミズノが水着素材を利用したマスクを今月15日から1人最大10枚までという制限付きでネット予約を開始。

すると、2万枚が完売したとのことです。


水着素材ということで、付け心地を追求したとのこと。不織布マスクだと、くしゃみをすれば多少は濡れてしまいますし、長時間つけてると蒸れてしまいます。

その点、水着素材であればそういった心配はないと思います。

手洗い可能ですし、1枚税込935円は洗うことが可能なマスクとしては値ごろな価格なのではないでしょうか?

不織布マスクは1枚50円から60円が今の相場ですし、今後も需要増から高値が予想されます。手洗い可能なことを考えると、ミズノのマスクは買いだと思った人が多いのではないでしょうか?


スポーツメーカーは、アンダーアーマーやニューバランス、ナイキなどもマスクやフェイスシールドなどを販売しています。

スポーツメーカー内で『マスク』のシェア争いがし烈になっていく模様ですね。


ランニング&ウォーキング需要に対応

コロナ時代の新たな生活様式として、運動面で注目されているというか推奨されているのがランニングやウォーキングですね。

また、遊ぶなら屋内より屋外でという指針も示されています。


京都大学の山中伸弥教授が『ランニング時にもマスクを着用した方がいい』との見解を示して以降、新しいランニングエチケットとして

マスクをして走る

という姿が一般的になりつつあります。


最初に注目されたのが、スペインのメーカーが作っている

BUFF(バフ)

と呼ばれているものです(僕も知らなかったのですが、バフって会社名らしいですよ)


アウトドア:【BUFF】バフ <409799,421548,421555,421579>ORIGINAL オリジナルJAPAN COLLECTION ランニングマスク/ネックチューブ/日焼け/UVカット/ランニング/アウトドア/登山/ウォーキング/おみやげ/マスク/マスク素材に

価格:2,970円
(2020/5/17 22:58時点)
感想(7件)

バフに似たようなものでネックゲイターも人気になりました。

通気性がよく、マスクのように息苦しくならないのが特徴ですが、飛沫を飛ばすことは防ぐことができるそうでうす。


海外メーカーが作った商品に負けるなということで、国内のスポーツメーカーもマスク開発に力を注いだのではないかと思います。


用途によってマスクの使い分けが必要

ミズノのマスク、見た目はとてもおしゃれです。

このマスクを着用してランニングしたりウォーキングしたりするのはとてもオシャレだと思います。(ランニングは無理かも…)

今後も恐らくは様々なメーカーがマスク市場に参入しいてくるのではないでしょうか。売れるかどうかのポイントはオシャレかどうかだと思います。

ところで、機能面はどうでしょうか?


例えば、ミズノのマスクは『飛沫を防ぐエチケット的なマスク』とはっきり謳っています。

不織布マスクのように、花粉やPM2.5やウイルスを通さないような作りにはなっていないんですよね。


ですので、使い分けは必要になるのではないかと思います。

夏場のようにウイルスが増殖しないと言われている時期は飛沫を防ぐのみのマスクでも大丈夫ですが、秋以降になりウイルスが繁殖しやすい時期は不織布マスクで飛沫+口への侵入を防ぐ必要があります。

また、今後は病院や施設にお見舞いや訪問に行けるようになると思うのですが、その際は不織布マスクを着用することが必須になると思います。


オシャレマスクが売られるようになると、機能面より見た目重視になり、マスクを着用することが目的になりかねません。

何のためにマスクを着用するのか?マスクをすることで何を防ぐのか?そこを理解していないと、手段が目的化してしまいます。


洗えるオシャレなマスクが手に入ったからもうマスクを買わなくていいではなくて不織布マスクも確保しておきましょう。



※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました