【岐阜県飛騨地方で群発地震】1日で30回も揺れる。高山市では震度4も!

スポンサーリンク

ここ1ヶ月近く全国各地で地震が相次いでいますね。

関東でも東北でも揺れ、和歌山辺りでも揺れたことがあったような…

僕もアパートにいて2回ほど揺れを感じたことがありました。


最も揺れた回数が多いのが長野県ではないでしょうか?群発地震が発生し、一日に何回も細かい揺れが続く日もあったと記憶しています。

長野県同様に最近揺れが多いのが岐阜県飛騨地方。長野県との県境あたりを中心に上高地などで揺れが多いですね。

そして昨日、1日で30回も揺れを観測しました。


ここ数年、地震が起こるたびに『南海トラフ沖地震がいよいよくるぞ!』という人も多いですけど、もう少し落ち着いてほしいですよね。

地震の予知は今のところ不可能ですし、専門家でもわからないことを僕達素人がわかるわけがありません。

僕達にできることは地震に対する備えのみです。


飛騨地方で群発地震発生!!


飛騨山脈が隆起する過程で揺れた?

昨日、高山市で震度4を計測するなど1日で30回の地震が飛騨地方を中心に発生しました。

専門家の話によれば、長野県で発生していた群発地震が飛騨地方に移ってきたのではないかということです。


今のところの見解で多く見られるのが、

飛騨山脈が隆起する際に起こる群発地震ではないか

という意見です。


飛騨山脈とは岐阜県や長野県・富山県・新潟県に跨る山脈で、通称『北アルプス』と呼ばれています。乗鞍岳とか槍ヶ岳とか有名な山がたくさんあります(白馬岳も)

山脈が隆起するってことは、山が高くなるってことなのかな?そもそも、山脈が動くなんてことがあるんですね!


地震が焼岳という活火山の周りで頻繁に起きているので、火山性の地震も疑われていますが、名古屋大学の教授によりますと、火山活動と今回の地震は無関係とのことです。

この地方で記憶に新しいのが御嶽山の噴火ですよね。登山者も大勢いる中で起こった地震ということで、当時は大きく報道されました。


コロナ禍で災害。避難はどうする?

地震も気になりますが、大雨などの災害が発生しやすい季節になります。

コロナウイルスの影響がある中で災害が起こるなど考えたくもないですが、起こってしまった時に避難を躊躇してしまう方もいるかと思います。


ちなみに、飛騨市では新型コロナウイルス対応期の災害対策を示しています。

・マスク、消毒、石鹸、体温計などを携行

・避難所の細分化

・間隔1m、頭を逆に背向で座る

・体調不良者は別部屋、動線区分

・3密をつくらない、手洗いうがい、換気、ドアノブ等消毒

ひだラボから引用(飛騨市防災)

水害や台風であれば予め準備できるのですが、地震の時に石鹸や消毒を持って避難できるのかな…避難袋に入れておくしかないですかねぇ。


避難しないという選択肢もないことはないのですが、地震や水害で家が倒壊する危険性がある場合(倒壊した場合)は避難せざるを得ないですよね。

災害とコロナウイルスのどちらが恐ろしいかを天秤にかけることになるかもしれません。

僕だったら、災害よりはコロナウイルスに感染する方をとるかも…


雪崩も発生していた

今回の群発地震で、雪崩も発生していたとのこと。

昨日の地震で、奥穂高岳では雪崩が4カ所で発生していたそうです。

山小屋の管理人さんの話では、強い揺れを感じて山小屋付近まで雪の塊が迫ってきたのだとか。

ご本人に怪我がなくてよかったですね。


ちなみに、本来であればこの時期は登山者も多いらしいのですが、今年はコロナウイルスの影響で登山者が少なく、雪崩が発生した辺りで登山者はいないのではないかということで、こちらも安心ですね。


準備ができない地震は水害や台風に比べて数段怖いと思っています。

僕は震度4以上の地震を経験したことがありませんので、建物が倒壊するほどの地震の凄まじさはTVでしか見たことがありません。

避難袋の再確認と、石鹸に体温計・マスクは袋の中に早速入れました。

皆さんも備えあれば憂いなしです。いつどこで災害が起こるかわかりませんので、是非今のうちに避難袋の確認と避難場所の確認をすることをお勧めします。



※ランキングに参加しています。バナーをクリックしていただけると励みになります

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 東海情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました