毎日新聞世論調査で内閣支持率が27%に急落!それでも政権に影響はない!?

スポンサーリンク

先日、朝日新聞だったかの世論調査が33%(だったと思う)でしたが、昨日の毎日新聞の世論調査では27%にまで落ちてしまった安倍内閣の支持率。(前回は43%)


とは言え、昔は支持率が30%を切ると、そろそろ内閣も危ないかなと思っっていたのですが今は世論調査の結果を聞いても

ふ〜ん

くらいにか思わないんですよね。


関心がなくなったというか、新聞などの報道機関に信頼性が薄れているというか。。。

今回の調査も、黒川検事長の賭け麻雀の件があった直後ですから当然支持率は急落しますよね。

安倍政権はモリカケ問題の時も20%台まで支持率が落ちていたと記憶していますが、未だに歴代最長内閣として続いています。


多少の影響はあるかもしれないですが、政権交代が起こるまでには至らないでしょう。最悪でも、首相の交代があるくらいではないでしょうか。

それも、このまま支持率の低飛行が続けばの話ですけどね。


世論調査って本当にやってるの??

世論調査、生まれてから一度も電話がかかってきたことはありません。

今回は、固定電話だけでなく携帯電話でも調査が行われたそうですが、

誰が答えてるの?

本当に調査してるの?

と感じるくらい、身の回りで世論調査に協力したという話は聞かないです。

選挙の出口調査なら回答を求められたことがありますが…


世論調査は現在電話で行われるわけですが、厚労省のアンケートみたいに今後はLINEを使ってみては?

厚労省のコロナウイルスアンケートは1000万人単位の回答があったはずですので、世論調査もLINEを使えばより正確な数字が出ると思いますよ。


新聞社はそれぞれの会社の色があるというか特徴があると思いますので、イマイチ数字が信用できないです。

電話をかける時の電番は無作為抽出なので特定の人に電話をかけているわけではないと言ってますけど、本当の無作為ではなく、調査をした新聞社の新聞購読者から無作為抽出してるのではないかと思っています。


与党が強すぎて調査があまり意味をなさない

『安倍一強』とかよく言われますけど、与党の力が強すぎることが世論調査に意味がなくなってきている要因だと思います。


例えば、コロナウイルス対策で政府はかなり批判されていますよね。

そこに加えて、検察庁法改正案への反対の流れから、黒川検事長が賭け麻雀をしていたことが発覚したにも関わらず訓告処分にしたことに対しても相当な批判があります。


昔だったら『これはもう首相交代かな』と感じるくらいの流れなのですが、今はそんなこと全く感じません。

それくらい他に候補がいないということも言えるのですが、野党の力が弱すぎて、与党に対して全然プレッシャーが掛からないんですよね。

そもそも、今の国会で純粋に野党と呼べるのは立憲民主党と共産党くらいだと思います。

他の党は、意見が一致すれば与党に与する的なポジションに見えますので(国民民主党や維新の会)野党は多勢に無勢状態なんですよね。

おまけに、今の野党は評論家のように批判することしかしないので…

政策も打ち出しているのかもしれませんが、政権批判のみが野党のお仕事に見えてしまっていて非常に残念です。


ワイドショーや芸能人の政治的発言増も世論に影響

コロナウイルスが国内で蔓延し始めて以降、毎日のようにワイドショーはコロナばっかり…

芸能界が動いていなので仕方ない面もあるのですが、はっきり言ってもうウンザリです。

専門家の話はともかく、コメンテーターや芸能人がああだこうだと毎日毎日…

職場とか友達としているような話をTV画面を通して毎日見せられても…

でも、TVの力は大きくて、有名人が批判めいたことを言ってると、それが正解のように感じてしまうんですよね。


また、検察庁法改正案くらいから有名人の政治的ツイートも増えてきました。

もちろん、しっかりと勉強した上で発言されている方もいらっしゃると思います。

ですが、仕事がなくなってしまったので、政治的発言をすることが芸能界での新たな仕事の需要になってきているように感じてしまいます。

有名人が呟けば、一般大衆には少なからず影響します。

批判されるとツイートを消す方もいらっしゃるようですし、最近の煽動するような流れは少し怖いというか異常に感じます。


今や、数字が出たところで大した影響力を持つこともなくなったように感じる世論調査。

Yahooのトップ画面からも早々に記事が消え、昨日のトレンドワードにも世論調査や内閣支持率という言葉は上位には入っていません。(昨日は、テラスハウス一色だったみたい)

個別の政策に関する調査は続けてもいいと思いますが、内閣を支持するかどうかの調査は最早必要ないのではないでしょうか。





にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました