【いよいよプロ野開幕か?】試合時間短縮や9回で終了案も検討されている!?

スポンサーリンク

今日、首都圏と北海道で緊急事態宣言が解除されて全国すべての都道府県が緊急宣言下ではなくなる予定の日本列島。

東京や北海道で昨日の感染者数が2桁を記録してしまい、宣言が解除されても油断ができない状況が続きます。


夏の甲子園の中止が発表され、プロ野球会でも高校生を対象としたプロテストを実施する動きも出ているようですが、その前に今シーズンの開幕が待ち遠しいですよね。

報道では、6月19日開幕に向けて調整が進んでいるとのことですが、全体練習もまともにできて良いない状況で開幕して大丈夫なのかな?と個人的には思います。

6月30日とか7月3日開幕くらいが妥当な気もします(宣言解除後、1ヶ月の準備期間があるので)


最初は無観客で行うことが濃厚と思われるプロ野球界ですが、試合時間やイニングなどについても制限を行う方向で調整が進んでいるとのことです。

僕は、いい案ではないかと思うのですよ。


試合時間を3時間30分にする

1つ目の案が

試合時間を3時間30分にする

というもの。


試合が終わった後、ホテルや次の遠征先に移動しなければいけないため、遅い時間まで試合を行うのは得策ではないという考え方のようです。

また、選手やスタッフが長時間戦うことで疲労により感染リスクが高くならないようにする意図もあるようですね。


この案に対しては、リードしているチームが時間稼ぎをしてしまうのではないかとの懸念があります。

ですが、僕は試合時間=プレイタイムにしてしまえば問題ないと思います。

投手交代や攻守交代、タイムの時間などはプレイタイムに含めず、審判が『プレイコール』をした時から時間が進む。

タイムや攻守交代の時は時計が止まり、プレイコールで再び時計の針が動くよううにすれば問題ないと思いますよ。


但し、この方法で3時間30分だと試合終了までの時間が長くなるので、プレイタイムで3時間とか2時間30分くらいに設定するのがいいと思います。

そうすれば、時間稼ぎはなくなると思いますよ。


延長戦をやらない

2つ目の案は、

9イニングで試合終了

というもの。言い方をかえると、延長戦を行わないということです。


9イニング戦う案の方が時間短縮よりも賛成意見が多いのですが、乱打戦になった時に試合時間が伸びるんですよね。

こまめな継投をする試合展開になった時も試合時間が伸びます。

移動時間にしろ疲労にしろ、試合時間が長くなることで起こるリスクだと思いますので、僕は9イニングよりも試合時間をプレイタイムで区切る方がいいような気がします。

イニングで制限するのであれば、ソフトボールと同じように7イニング制にして、8回以降はタイブレークにするという方法もあると思います。(延長戦は12回まであり)

8回からタイブレークだと、終盤の面白みが欠けてしまうかもしれませんが…

色々考えると、やっぱり試合時間制限の方がいいかな。


順位の決め方が難しくなる?

時間制限にしろイニング制限にしろ、困るのが

引き分けが多くなること


現在のプロ野球は勝率で順位を決めています。

仮に引き分け試合が多くなると、勝利数が少ないチームでも、勝率で上回ることで順位が上になることが起こりえます。


『負けないチーム』が上位に位置することに対し、一見不公平感はないように感じます。

ですうが、プロ野球はサッカーと違って年間の試合数が100試合を優に超えますので、やっぱり勝利数が多いチーム順になる方が納得感があるかなと思いますね。

仮に勝ち点制を採用するのであれば、引き分けは『1』ではなくて『0.5』にするとかでしょうか。

勝ち点制の話は今のところ全く出てきてきてないので、採用されることはないと思います。


どんな形で落ち着くにせよ、日常にプロ野球が戻ってくることは本当に嬉しいですよね。

焦る必要はないと思いますので、専門家の意見も参考にしながら開幕日やレギュレーションの決定をしてほしいです。

プロ野球開幕の足音が聞こえてきている事だけは間違いないですね!



【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました