【お金の棚卸し】40歳独身・年収350万円でも老後の不安がない理由

日々の暮らし

今回のタイトル、実は僕のことです。

同世代男性の平均年収が420万円から440万円だそうですから、かなり低いですよね。

年収のことは正直突っ込まれたくないのですが、僕は今の環境がかなり気に入っています。

嘘でも言い訳でもなく、今が人生で1番楽しいですよ。


毎日楽しいのは結構だけど、この先のことに不安はないのか?とか、もっと年収増やそうとか努力しないの?と思う方もいらっしゃると思います。

心配ご無用。不安になることもないですし、年収は増えれば嬉しいですが、現状で満足です。

…というより、今の仕事の環境的に、これ以上の年収アップは転職しないと無理ですね。


今回はお金の棚卸しをすることで、現状のまま老後を向けえることに不安がない理由を書いていこうと思います。

少しでもご参考になれば嬉しいです。

40歳独身・年収350万円でも老後に不安がない理由


40歳独身・Aさんのお金プロフィール

繰り返しになりますが、Aさんとは僕のことです。

簡単に僕の現状のお金プロフィールを書いてみますね。

年齢40歳
家族構成独身(ひとり暮らし)
年収350万円
雇用形態正社員(エリア社員)
年間貯金額75万円
現在の貯金額650万円

ざっとこんな感じですね。貯金も独身にしては少ない気がしないでもないですが…

ここ5年で自分の車を購入したこと&親の車を購入した(恐らく生涯最後の車になるのでプレゼントしました)のでちょっと貯金を使いまして、、、

若い頃は結構無駄使いしてたし(この辺りのことも後々書いていきたいと思います)

ちなみに僕は地方都市に住んでいます。

車がないと生活できませんが、都市部に比べると物価は低いことが年収350万円でも生活できる理由の1つなのかもしれません。


さて、では具体的に不安にならない根拠を書いていこうと思います。


老後20年間で必要なお金は約1600万円(独身の場合)

実際には個人差があると思いますが、単身世帯が老後20年間で必要なお金は約1600万円

1ヶ月におよそ『161000円』の生活費が必要になるのだそうです。

この金額(16.1万円)は、持ち家の方を対象としている試算です。僕のようなアパート住まいだと生活費に違いが出てくると思いますが、僕の場合はほぼモデルケース通りで良さそうなんですよね。

…というのも、現在僕の1ヶ月の生活費は約15.6万円(1ヶ月の生活費の話も追々していきたいと思います)しかも、もう少し節約可能な状態です。

幸運なことに僕は持病があったり風邪も殆どひかないので医療費は現状ゼロに近いです。

とは言え、老後も健康体とはいかないと思いますので、1ヶ月の医療費が確実に増えます。今の生活費を少し節約して医療費分を計上すると、ほぼモデルケースと同じ生活費になります。

また、両親が亡くなった後に実家に住むようになると、それはそれでモデルケースと同じ状況になると思います。


2018年の総務省が発表した調査報告によると、60歳以上の高齢単身無職世帯の1ヶ月の実収入が123000円ということですから、月に38000円不足する計算になります。

この金額を元に、老後20年間の生活費不足分を計算すると

38000円×12ヶ月×20年=9280800円

およそ930万円になりますが、この金額に介護費用と葬儀費用が加わります。

葬儀費用に100万円、介護費用は500万円は必要と言われていますので、全て加えると

15280800円(約1530万円)


介護費用は500万円で済まない場合もありますし、もっと少なくていいかもしれません。

入退院を繰り返せば、もっと費用は必要かもしれません。

そう考えると、1600万円くらいは必要ですよとなるんですよね。

スポンサーリンク

40歳・年収350万円のままで大丈夫なのか?

では、Aさんは本当に1600万円をクリアすることができるのでしょうか?

現在、Aさんの会社は60歳で定年、希望者は65歳まで再雇用で働くことができます。

近い将来、70歳定年制になると言われており、実際政府は21年4月から70歳定年の努力義務を企業に課す決定をしています。

こうしたことから、今後は65歳で再雇用・70歳定年になると思われます。


これを踏まえて計算してみましょう。

現在の年間貯金額75万円×25年=1875万円

現在の貯金額650万円+1875万円=2525万円

再雇用の5年間は年収も下がることが予想されますので、貯金は年間12万円(月に1万円)程度と計算。5年で60万円ですので、トータル2585万円になります。

楽勝じゃないか!!

と思いますが、こんなに貯まるはずはありません。


なぜなら、車の買い替えや親の介護費用・葬儀費用が必要だからです。

車は恐らくあと3台は買い替えが必要ですし、介護費用や葬儀費用の負担分(両親が全額負担は無理)を差し引くと、1000万円は下がって1585万円が実際に老後を迎えた時に貯まっている金額という計算になります。


1600万円には15万円足りませんが、20年間で15万円ですから、1ヶ月で考えると625円程度。充分節約可能です。

以上が、40歳・年収350万円でも老後が心配ない理由になります。


贅沢よりもまずは毎日の生活が大事

『老後資金 独身』で検索すると様々な情報が出てきます。

先程、独身は老後20年で1600万円が必要と書きました。ですが、1200万円程度と結論づけている情報も有れば、夫婦よりも独身の方がお金が必要と書かれたものまで様々。

中には4000万円以上などと書いてある情報もあります。


色んなサイトやブログなどの情報を総合すると、1600万円というのは毎日の生活のために必要なお金であって、旅行に行ったり老後を楽しむためにはもっとたくさんの貯金が必要だという論調が多いかなと思います。


もちろん、貯金は多ければ多いほど良いに越したことはないです。

ですが、2000万円以上とか3000万円とか言わるとちょっと無理だと思ってしまいませんか?

1000万単位の退職金が見込める方でない限りは難しいと思います。(言い方を変えれば、退職金があれば怖くないかも)


ところで、、、

2000万以上とか3000万円以上必要と書いてある情報を最後までよ〜く読むと、iDeCoとかNISAなどの投資の話に繋がっている情報が多いです。あとは、100歳まで生きる計算(老後35年計算)をしているのもたまに見かけますね。

ですので、僕は夫婦世帯が老後に必要な金額と言われている2200万円を超える金額の情報はあまり気にしなくていいと思います。

現在40歳の僕が老後を迎えるまでに平均寿命が100歳の時代が来るとも思えないです。(現在平均寿命が89歳の女性はもしかしたらと思いますが、現在平均寿命が81歳の男性は精々90歳くらいまでなのではないかと思っています)


楽しい老後を過ごしたいのはみなさん同じです。

ですが、楽しい老後も毎日の生活があってこそ!

それに、独身でも毎日の生活が楽しいって素敵じゃないですか!!

僕は毎日の生活ができる金額の貯金があれば十分だと思っています。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました