【ガソリン値上がり中】ガソリンの支払い方法とエコドライブでガソリン代を抑えよう

日々の暮らし

コロナ禍が関係あったのかよくわかりませんが、昨年1年間はガソリン価格が安かったですよね〜

僕は岐阜に住んでるのですが、いつも給油するセルフスタンドのガソリン価格はずっと120円台でした。

昨年年末くらいから少しずつ上がり、今では現金価格で137円/ℓまで上がってしまいました。

どうやらまだまだ上がりそうな感じです。

再びリッター150円くらいまで上がってしまったら…

そんなこと考えたくないんですけど、ありそうで怖い気もする。


今日は、車の燃費というか、ガソリン価格が上がっても上手く対応するにはどうしたらいいのか考えてみたいと思います。

   この記事が参考になる人

  ・毎月のガソリン代を節約したい人

  ・車を初めて購入する人


ガソリン価格はなぜ上下するの?


そもそも、ガソリン価格が上下する理由ってなんでしょう?

ガソリンは原油を精製して作られます。

そしてご存知の通り、原油は日本では手に入りませんので輸入しなければいけません。

この原油価格の変動がガソリン価格に影響するわけです。


原油価格は色んな要素が絡み合って決まっています。

1)産油国生産量増減

中東の産油国が原油生産を減らしたりすると、価格が上昇します。OPEC(石油輸出国機構)って言葉がよく出てきますよね。

2)中東情勢の変化

中東は世界的にも複雑な地域の1つです。現地の治安が悪くなったり紛争が起こったりすると原油価格にも影響します。

3) 原油先物価格の変動

原油って投資の対象なんですよね。株などと同じように取引されています。

投資の対象ってことは、価格変動は当然のように起きるわけです。

4)円相場

原油は輸入品。円高なら安くなるし、円安なら高くなります。


大きな理由は上記4つです。

価格の変動は仕方ないにしても、ガソリンは二重課税されているわけですから税金部分をコントロールしてほしいと思いますけど…

ま、官僚ははそんな面倒なことはしないですよね〜


二重課税とは?

読んで字のごとく、二重に税金がかかっていること。ガソリンの場合は、ガソリン税+消費税の二重課税となっています。


ガソリン代をお得に払う方法


ガソリンの支払い方法には大きく分けて3つあります。

1)クレジットカード支払い

2)プリペイドカード支払い

3)現金支払い


支払い方法によってガソリン代が値引きされます。

もう少し、具体的に見てみましょう。

クレジットカード支払い

一口にクレジットカードと言っても、

・販売元のクレジットカード

・それ以外のクレジットカード

では値引き額が違うんですよね。


最も値引き額が大きいのが、販売元のクレジットカードです。

出光カードやエネオスカードのような、ガソリンスタンドを経営している会社のクレジットカードです。

クレジットカードでも、販売元のカードではないものだと、少し値引き額が下がる傾向があります。

【値引き額】

販売元クレジットカード:リッターあたり5円〜7円引き

販売元以外のカード:リッターあたり3円〜5円引き



プリペイドカード支払い

予めプリペイドカードを購入し、プリカを使ってガソリンを入れる方法です。

一時期はプリカが流行りましたが、今は『Enekey』のような決済システムもあってプリカよりはクレジットを選ぶ人が多いと思います。

プリカには欠点があって、

・一度に2万円以上は買わなければいけない

・プリカを買ったスタンドでしか利用できない場合も多い

つまり、クレジットカードに比べると不便なんですよね。

プリカを買ったスタンド以外では絶対に給油しない人以外にはあまりおすすめしないです。

【値引き額】

プリカ購入:リッターあたり5円引き程度


割引クーポンやセールと併用してお得に支払い

スタンドによっては、現金支払いでも使える割引クーポンや割引券を発行してくれるところや、毎週末や月に数回程度セールの日を設けているスタンドがあります。

割引クーポンとセールの日を上手く利用すると、現金支払いの人でも通常価格よりリッターあたり5円〜6円程度安くガソリンを入れることができますよ。

もちろん、クレジットカードやプリカを使えば更にお得です!


特に現金でお金の管理をしたい人にとっては、割引クーポンのゲットや、セールの日を把握しておくことがお得にガソリンを入れる必須条件になるかもしれないですね。


ちなみに僕はイオンカードでガソリンを入れています。

イオンやイオン系スーパーの敷地内にあるスタンドで給油する場合、イオンカードやWAONカードで給油すると、リッターあたり3円〜5円引きです。

現金価格も少しだけお安いですので、イオンカードを持ってる人は参考にしてみてください。


もう1つ、普段からTポイントを貯めている人がいらっしゃいましたら、Tポイントでガソリン支払いができるスタンドもありますので、お近くのスタンドをチェックしてみてください。


エコドライブでガソリンの消費を控えよう


車自体の燃費に頼るだけではなく、エコドライブを心がけることでガソリン消費を抑えることはできます。

急発進や急ブレーキをしないような運転を心がけたり、アイドリングストップ機能がある車の場合は、停まっている時に少しでも長くアイドリングストップの時間を作るなどしてみましょう。

乱暴な運転は車の故障原因にも繋がりますので優しく車を扱いたいですね。


運転の仕方もさることながら、無駄にガソリンを消費しない1番の方法は

無駄に車を走らせないこと

ドライブするにしても、目的地を決めずにダラダラ走るのと、予め目的地を決めて走るのとではガソリン消費量が違ってきます。

普段の生活の中でも、きちんと目的地を定めた上で運転するように心がけたり、家から歩きや自転車で行ける距離のコンビニやスーパーには車を使わないなどに工夫をすることでガソリン消費量が変わってきますよ。(足や膝などが悪い人は無理しないでください)


また、車のメンテナンスもまめにすることで燃費にも影響してきます。

特にエンジンオイルやエレメントはしっかりと交換した方がいいです。

エンジンオイルは3000キロ〜5000キロに1回、エレメントは10000キロで交換が目安と言われています。

オイル交換を怠ると、最悪の場合エンジンが故障してしまう可能性もあるので要注意です。



特に地方都市に住んでいると、車なしでは生活できません。

ガソリン価格が上がると生活にも影響が出てきてしまいますが、お得に給油することで少しでも生活への影響を下げる工夫をしていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました