【プロ野球日本シリーズ】あっという間に終わってしまった…

スポンサーリンク

先週末から始まった、

プロ野球・日本シリーズ

セ・リーグの覇者・読売ジャイアンツと、パ・リーグ2位の福岡ソフトバンクホークスの対決。

第1戦からソフトバンクの強さが際立ち、4連勝であっという間に終わってしまいました。


巨人はミスもあったとは言え、ほぼ無抵抗でやられてしまったという印象です。

ソフトバンクが強いのか、巨人が弱いのか、その両方なのか…

日本シリーズを振り返ってみたいと思います。


プロ野球・日本シリーズ2019を振り返る


圧倒的な戦力の差

投手陣も野手陣も、両チームには圧倒的に戦力の差があったと思います。

それが顕著に現れたのが第3戦です。

巨人は先発の高橋優貴投手が早々に降板すると、その後3番手で出てきたのが戸郷翔征投手。

戸郷投手は高卒ルーキー。レギュラーシーズンの優勝が決定する試合で先発して好投しました。


負ければ後がなくなる試合の、しかも流れが相手に傾きかけている状況で高卒ルーキーに託すしかなかった巨人の投手陣は本当に手薄なのだと感じました。

一方のソフトバンクは、石川柊太投手が6回のマウンドへ。

今シーズンは怪我で殆ど投げることができなかったとは言え、セットアッパーでもおかしくない投手を中盤で送り出すことができる層の厚さ。


野手陣に関しては、投手陣以上に顕著でした。

左キラーの川島慶三選手を右ピッチャーに変わったら即座に交代。代打で起用された長谷川勇也選手がきっちり犠牲フライで得点を奪う。

川島選手が下がっても牧原大成選手がいて、さらに経験豊富な明石健志選手が控える。

一方の巨人は、阿部慎之助選手をスタメンで使ってしまうと代打すらいない状況。


巨人も補強にはお金をかけているはずなのですが、これだけ選手層に差があると勝負にならないのではないでしょうか?


競争のソフトバンクと補強の巨人

両チームの違いは、

補強で選手層を厚くするタイプの巨人と、育成で選手層を厚くするソフトバンク

なのかなと思います。


巨人は、ここまで選手層の薄いチームではないはずなんですよね。

ただ、今シーズンの補強選手で活躍したのは丸佳浩選手くらい。ここ数年をみても、補強した選手で継続して戦力になっている選手は殆どいないのではないかと思います。

マシソン投手くらいでしょうか。そのマシソン投手も今シーズンは怪我なでの影響もあり活躍できず…

岡本和真選手のように育てた選手も何人かいますが、基本的には補強メインのチームですので、補強選手の活躍度がチーム力を左右してしまいます。


一方のソフトバンクは、毎年のように新しい選手が出てきます。

今シーズンで言うと牧原選手、投手陣では高橋純平投手が主力として活躍しました。

1軍から3軍までの全ての選手に競争意識が高いのだと思います。

サボったら試合に出れなくなる

結果を出せば1軍で使ってくれる

この2つの意識が日本シリーズ3連覇という結果に繋がっているのではないかと思います。


この3年間、レギュラー陣はあまり変わっていない上に高齢な選手が多いのですが、それでもレギュラーで出続けることができるのは、危機感を持って練習に取り組んでいるからではないでしょうか。


セ・リーグ球団は勝てるのか

交流戦を見ていても毎年思うのですが、

セ・リーグの球団はパ・リーグの球団に勝てるのでしょうか?

両リーグの実力差に開きがありすぎるように思います。


イメージ的に、

熾烈な争いを展開しているのがパ・リーグ

攻守に1番無難なチームが優勝するのがセ・リーグ

という感じです。


ある程度の戦力で勝ててしまうからなのか、どうもセ・リーグの球団は興行収入の方に目がいき過ぎているような気がします。

今のままだと、日本シリーズの価値が益々なくなっていってしまうように感じます。

セ・リーグ頑張れ!

何はともあれ、福岡ソフトバンクホークス・日本一おめでとうございます!


ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。


にほんブログ村 ニュースブログ スポーツニュースへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました