【自民党総裁選】菅首相退陣で混戦模様に!?


先月末くらいまではコロナ報道がトップニュースだった毎日ですけど…

今月に入ったら急に自民党総裁選がメインニュースに変わってきましたね〜

自民党総裁=総理大臣になるので注目度が上がるのはわかりますが(野党の代表選は盛り上がらない)、ここまでガラッと報道姿勢が変わるってのもなんだかなぁ。。。

やっぱりマスコミは『今一番受けが良い情報』がメインなんですよね。

コロナよりも総裁選の方が受けが良いと思えばコロナそっちのけで報道するのでしょう。


さて、そんなこんなで盛り上がりを見せております自民党総裁選。

次の総理大臣は一体誰になるのでしょうかねぇ。



スポンサーリンク

自民党総裁選の仕組み

自民党総裁選とは『自民党の代表選』の事を指します。党代表の選挙ですね。

与党第1党の自民党の総裁がそのまま総理大臣になります。

国政選挙ではないので、国民に選挙権はありません。

投票権を持っているのは

・自民党の国会議員

・全国の党員

この2パターンに該当する人のみです。

現在、自民党の国会議員は388人いまして、1人1票を投じることができます。

党員とは、去年までの2年間党費を納めた党員のことを指しますが、今回は特例で、去年1年分の党費を納めた党員にも権利があるようです。党員票は全国の党員や党友の投票で配分が決定され、383票を持っています。

合計771票で争われ、過半数を獲得した候補者が自民党総裁になります。

過半数に届く候補者がいない場合は、上位の候補者で決戦投票が行われます。

今回の自民党総裁選は9月17日に告示・29日に投開票というスケジュールになっています。

尚、総裁選に立候補するには推薦人が20人必要になります。


菅首相退陣により候補者乱立も?

菅義偉首相が自民党総裁選には立候補しない考えを示して退陣を表明しました。

これにより、新しい総理大臣が誕生することは確実になります。

また、首相が総裁選に立候補しないことで立候補しやすくなった雰囲気があり、推薦人さえ集まれば誰でも立候補しやすくなったのではないかと思います。


今のところ立候補を正式に表明しているのが岸田文雄氏。外務大臣や防衛大臣などを務めた経験のある方です。

正式に表明しているのは岸田氏のみですが、推薦人が集まれば立候補するだろうと言われているのが高市早苗氏です。

高市氏の場合は推薦人の目処は立っているのではないかと言われていますね。

その他、首相が退陣したことにより総裁選に立候補の意欲を示している河野太郎ワクチン担当大臣と石破茂氏に野田聖子氏も立候補するのではないかと言われています。

状況次第ではもしかしたら新たな候補者が出てくるかもしれません。

数日前までは首相vs岸田氏の構図だったのですが、一気に情勢が変わってきましたね〜


スポンサーリンク

今後の展開はどうなるの?

今後の展開はついては、はっきり言って全く読めないと思います。

と言うのも、総裁選直後に任期満了に伴う衆議院選挙が控えています。

首相退陣により、自民党は衆議院選挙を『新しい顔』戦うことが決定しましたので、『誰を総裁にすれば選挙に勝てるのか?』が1番の焦点だと思うんですよね。

コロナ対策等でマスコミに必要以上に叩かれるなど苦境に立っている自民党。

このまま衆議院選挙を戦うと大幅に議席を減らしてしまう可能性もあります。

この状況を打破するためには誰が相応しいのか?

個人的に考えてみました。


上記に記載した候補予定者の中で、野田聖子氏に関しては残念ながら立候補できないと思います。

過去、3回に渡り立候補に意欲を示すも推薦人が集まらず断念していますから。

失礼ながら、総裁選の恒例行事のようなものです。


次に、石破氏。石破氏も総裁選に立候補しながら、立候補のたびに獲得票数が落ちているイメージです。

地方やメディアには人気がありますが、離党したり復党したり派閥を抜けたり…自民党にいながら野党っぽい考え方を持っている方というイメージですね〜

河野氏が立候補となると人気者同士で票を奪い合う形になると思いますので、過半数獲得は難しいのではないかと思います。

親中派と言われていますので、同じ親中派の二階氏が派閥として石破氏を推すようなことが有ればワンチャンあるかもって感じですが、国民のイメージが最悪状態の二階氏の後押しを受けて衆議院選挙に勝てるかと言われると難しいと思います。


3人目、河野氏。

人気も高く、はっきりした物言いが好感持てますよね。個人的にも好きな政治家です。Twitterも面白いし。。。

河野氏は麻生太郎氏率いる麻生派に所属しています。立候補については麻生氏からOKが出たようですが、麻生派として河野氏を推すかどうかは不透明のようです。

加えて、現政権で大臣をやっていたことが衆議院選挙ではマイナスに働くのではないかと考える人も多いのではないかと思うんですよね〜

菅首相が河野氏を推すという憶測記事も出ちゃったし…

今回の総裁選は劣勢のように思いますが、50代という(日本の政治家にしては)若い部類に入るので『若さ=世代交代』をアピールして衆議院選挙を乗り切ろうという人が多ければワンチャンあるかも。。。


4人目は高市早苗氏。

女性初の総理大臣が誕生するかもしれないのにメディアが静かなのが不自然ですよね。

早くから立候補に意欲を示していたのですが、安倍晋三元首相が高市氏を支援する見込みとなってからようやくメディアに登場してきたイメージです。

一部ではメディア露出が少ないのは高市氏が保守的な思想が強いことと、総務大臣時代にメディア改革に乗り出そうとしていたのが理由ではないかと言われています。

安倍氏が所属する自民党最大派閥の細田派は96人もの議員が所属しています。

もし、派閥全体で高市氏を推すことになれば、総裁選で一気に有利に立つのではないかと思います。

ただし、前述のようにメディアへの露出が少ないのが衆議院選挙を戦う上で気がかりな点ですね。

何らかの理由によりメディア側が高市氏を敬遠しているのであれば、総裁選に勝った後にメディア側から必要以上にバッシングを受ける可能性もあります(現政権のように)

そうなってしまうと、女性初の総理大臣というインパクトよりもバッシングの方が上回ってしまい、衆議院選挙でも思った程の成果が見込めないと考える人も多くなるかもしれませんね。


最後は岸田氏。

ここまでは完全に岸田文雄総理大臣が誕生する流れになっていると思います。

メディアを上手く利用しているイメージですね〜

絶対的な権力者・二階氏にNOを突きつけて、コロナ対策の4本柱をメディアを使って上手く発表するなど戦略は完璧です。

菅首相退陣とモリカケ問題を今更蒸し返そうとしている発言をしてしまったことで少し流れが変わりつつあるような気もしますが(ちょっと調子に乗りすぎた?)、自身が率いる岸田派には45人の議員が所属しており基盤は一番持っています。

特に二階氏にNOを突きつけたことは国民にかなりのインパクトを与えていると思いますので、残り半月で逆風が吹かない限りは岸田氏の可能が一番高いのではないかと思います。

ただし、岸田氏は増税派とも言われていますし、外務大臣の時に大きな成果が残せなかったことから外交面で不安もあります。

モリカケを本当に蒸し返し始めたら党内でも反発があるでしょうし。。。

そう考えると、岸田氏が総裁になったとしても、あくまでも今回の選挙を有利に進める以外には理由がないのかなとも思いますね。


長々と書きましたが、今の流れだと岸田氏が圧倒的に有利で、高市氏がどれだけ追い上げるか。また、高市氏の頑張り次第で岸田氏有利が崩れてしまうのかどうかだと思います。

個人的には高市氏に頑張ってほしいですが、保守思想が強いので現政権のように何をやってもバッシング状態にならなければいいのですが…

岸田氏は『良い人』のイメージがとても強いので、誰に対しても強く出ることはできないのではないかと思います。

気がついたら『わたしには腹案がある』とか『最低でも県外』と似たような発言をしちゃわないか心配ですね。

鳩ぽっぽと言われているあの方も、良い人すぎるから結果的に最悪の状況になったのではないかと思っていますので。。。


相変わらずのメディア

最後に、総裁選とは関係ないかもしれませんが、相変わらずメディアはどうなってるのと思うところがあるので…

菅首相退陣に至るまでも、解散総選挙を前倒しで行うとか党人事を刷新するとか毎日のようにコロコロと色んなことを言ってくれました。

そういった動きもあったことは間違いないのでしょうが、先走ってスクープ報道しようとするから振り回される人も出てくるわけです。

びっくりしたのは、菅首相退陣の1日前だったか、首相と二階氏が会談したとのことで、その日の夕方に正反対の報道が行われていたことですね〜


ニュースで話していたその時にYahooニュースで速報が飛んできてビックリしました。

こうなってくると何を信じていいのかわからなくなります。


首相が退陣を表明したら『放り投げた』とか『最後まで権力にしがみつこうとした』とか醜いこと言ってますし。

ワクチン接種とか携帯料金値下げとか恩恵だけ受けといて、続けてもやめると言ってもバッシング。街角インタビューで答えている人を見ても残念な受け答えしてる人もチラホラいますね。

野党が投げ出したって言うのはまだわかるんですよ。総裁が変わってしまったら選挙で躍進できる芽が詰まれてしまうので。。。

本当に報道の仕方は何とかしてほしいですね。

退陣を表明した直後に出た『首相が河野氏支持を表明』的な記事とか、麻生氏と党人事刷新を巡って大喧嘩したとか、あれって妄想記事に近いと思うんですよね。

某東スポ(あ、言っちゃった)によく出てくる球団関係者の話と似たような話が多すぎて勘弁してほしいです。

そのうち『なんだ、東スポか』が『なんだ、マスコミか』と言われる日も遠くない気がします。

新聞記事やニュースの情報が全ての人もまだまだ多いので、マスコミは本当にしっかりしてほしいですね。



さて、確実に総理大臣が変わることになる今回の自民党総裁選。

第100代の日本国総理大臣になるのは一体誰なのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました